インフルエンザウイルスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 感染症 > インフルエンザウイルス > インフルエンザウイルスの意味・解説 

インフルエンザ‐ウイルス【influenza virus】


インフルエンザウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/18 06:38 UTC 版)

インフルエンザウイルス: influenza virus, flu virus)は、ヒト人間)に感染して、感染症であるインフルエンザを引き起こすウイルス


注釈

  1. ^ かつては家禽伝染病予防法(法律第166号)において「家禽ペスト」とされていた[34]

出典

  1. ^ a b トム・ウイン『人類対インフルエンザ』
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 中村喜代人 著「オルトミクソウイルス科」、吉田眞一、柳雄介 編 『戸田新細菌学』(改訂32版2刷)南山堂、東京、2004年、784-802頁。ISBN 4-525-16012-8 
  3. ^ a b c d e f g h i j k 根路銘国昭 『インフルエンザ大流行の謎』日本放送出版協会、2001年。ISBN 978-4140019078 
  4. ^ a b c d e 山本太郎 『新型インフルエンザ - 世界がふるえる日』岩波新書、2006年。ISBN 978-4004310358 
  5. ^ a b c d e f クロード・アヌーン 『インフルエンザとは何か』白水社、1997年。ISBN 978-4560057957 
  6. ^ environment.umn.edu The Big One[リンク切れ]
  7. ^ 感染症情報センター インフルエンザ・パンデミックに関するQ&A
  8. ^ Vijgen, Leen; Keyaerts, Els; Moës, Elien; Thoelen, Inge; Wollants, Elke; Lemey, Philippe; Vandamme, Anne-Mieke; Van Ranst, Marc (2005-02-01). “Complete Genomic Sequence of Human Coronavirus OC43: Molecular Clock Analysis Suggests a Relatively Recent Zoonotic Coronavirus Transmission Event” (英語). Journal of Virology 79 (3): 1595–1604. doi:10.1128/JVI.79.3.1595-1604.2005. ISSN 0022-538X. PMC PMC544107. PMID 15650185. https://jvi.asm.org/content/79/3/1595. 
  9. ^ Our Coronavirus Predicament Isn’t All That New(The Russian flu pandemic of 1889 might have actually been caused by a foe that has become all too familiar.) - Bloomberg Opinion(2020年5月16日)
  10. ^ Yamanouchi, T.; K. Sakakami, K. & Iwashima, S. (1919). “The Infecting Agent in Influenza: an Experimental Research.” The Lancet, Volume 193, Issue 4997, Page 971.
  11. ^ 山内一也「インフルエンザウイルスを最初に発見した日本人科学者」『科学』第81巻 8号、岩波書店、2011年8月、807-813頁。
  12. ^ a b c d e f g h i j k 中島捷久、沢井仁、中島節子 『インフルエンザ - 新型ウイルスはいかに出現するか』PHP新書、1998年。ISBN 978-4569559568 
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 堀本研子、河岡義裕 『インフルエンザ パンデミック』講談社ブルーバックス、2009年。ISBN 978-4062576475 
  14. ^ Wilson et al. Structure of the haemagglutinin membrane glycoprotein of influenza virus at 3 Å resolution, Nature 289, 366 - 373 (1981)
  15. ^ 『毒性別 新型インフルエンザ 対策完全マニュアル』93ページ
  16. ^ 新型インフルエンザ(A/H1N1)の状況と季節性インフルエンザ対策への移行について(PDF:118KB)
  17. ^ コロナ対策でインフル早期終息、来季深刻化の恐れも”. ロイター (2020年4月24日). 2020年4月25日閲覧。
  18. ^ a b c d e f 村上晋, 堀本泰介「新しい―D型―インフルエンザウイルス」『ウイルス』第67巻 2号、日本ウイルス学会、2017年、161-170頁。
  19. ^ 堀本泰介「インフルエンザウイルスの種類を教えてください」『インフルエンザ』第20巻 2号、メディカルレビュー社、2019年、88-89頁。
  20. ^ 『戸田新細菌学』32版
  21. ^ a b c d e 吉田眞一、柳雄介、吉開泰信 編「オルトミクソウイルス科」 『戸田新細菌学』(改訂33版)南山堂、東京、2007年。ISBN 978-4-525-16013-5 
  22. ^ Ron A. M. Fouchier; Vincent Munster, Anders Wallensten, Theo M. Bestebroer, Sander Herfst, Derek Smith, Guus F. Rimmelzwaan, Björn Olsen, Albert D. M. E. Osterhaus (3 2005). “Characterization of a Novel Influenza A Virus Hemagglutinin Subtype (H16) Obtained from Black-Headed Gulls”. Journal of Virology (American Society for Microbiology) 79 (5): 2814-2822. doi:10.1128/JVI.79.5.2814-2822.2005. ISSN 0022-538X. PMC 548452. PMID 15709000. ISSN 1098-5514(Electronic). https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC548452/. 
  23. ^ インフルエンザウイルスについて”. これからの衛生管理. 大幸薬品. 2011年8月14日閲覧。
  24. ^ 東京大学医科学研究所 鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染に重要なアミノ酸変異を発見 参考図2
  25. ^ a b c 本郷誠治 新型インフルエンザ
  26. ^ 大久保聡子ら 三量体Gタンパク質を介する情報伝達における脂質ラフトの役割、薬学雑誌127(1) 27-40 (2007)
  27. ^ 西村尚子 インフルエンザウイルスが細胞内に侵入する新たなしくみを発見!、natureダイジェスト 2011年3月10日付
  28. ^ a b 辻克郎、岩橋潤、今村宜寛、吉本静志、梶原淳睦、石橋哲也、森良一、山田達夫、豊田哲也「A型インフルエンザウイルスに対する塩酸アマンタジン使用の問題点/Emergence of amantadine-resistant influenza A viruses (PDF) 」 『ウイルス』第51巻第2号、日本ウイルス学会、2001年12月、 135-141頁、 doi:10.2222/jsv.51.135ISSN 0042-6857NAID 10007862914PMID 11977753、 ONLINE ISSN 1884-34332011年8月14日閲覧。
  29. ^ a b 君塚隆太, 阿部修, 石原和幸 ほか、「インフルエンザウイルス感染と細菌性プロテアーゼ」 『歯科学報』 2006年 106巻 2号 p.75-80、東京歯科大学学会
  30. ^ 関西空港検疫所 鳥インフルエンザ(H5N1型)の流行状況 (25)、2011年6月14日付
  31. ^ a b 内藤忠相ら インフルエンザウイルスレプリコンと宿主複製・転写因子」 『生化学』2009年 80巻 12号 p.1128-1133、日本生化学会
  32. ^ オセルタミビル耐性に関して良くある質問、2008年1月31日付
  33. ^ 2008/09インフルエンザシーズンにおけるインフルエンザ(A/H1N1)オセルタミビル耐性株(H275Y)の国内発生状況 第2報 (Vol.30 p.101-106: 2009年4月号)
  34. ^ 家禽ペスト呼称の改定について 日本養鶏協会 平成15年6月13日
  35. ^ Influenza B Virus in Seals(Osterhaus, A.D.M.E. et al., Science 288: 1051-1053 (May 12, 2000)。2011年8月14日閲覧
  36. ^ オランダの研究者がアザラシからB型インフルエンザウイルスを発見 by Michael D. O'Neill(BioBEAT) 2011年8月14日閲覧
  37. ^ 海洋哺乳類のインフルエンザウィルス感染のモニタリング カスピ海アザラシにおけるインフルエンザウィルス抗体の検出 -大石 和恵 海洋環境国際共同研究プロジェクト 国際会議「人間と海」〜沿岸環境の保全〜 (平成14年7月8日〜7月12日、東京・盛岡・大槌)2011年8月14日閲覧[リンク切れ]
  38. ^ a b c d 『戸田新細菌学』32版 787, 799-801ページ
  39. ^ a b c d 『戸田新細菌学』33版 782-791
  40. ^ 岡田晴恵 著、田代眞人 監修『毒性別 新型インフルエンザ対策完全マニュアル』ダイヤモンド社 2020年 - 第4章 感染予防対策
  41. ^ 新型インフルエンザ流行時の日常生活におけるマスク使用の考え方(PDF) - 新型インフルエンザ専門家会議2008年9月22日資料
  42. ^ 瀬名秀明『インフルエンザ21世紀』文春新書 2009年
  43. ^ 【日本感染症学会速報】 インフルエンザの迅速診断キット、検体は咽頭より鼻腔から採取を 日経メディカル2002.04.13 2011年8月14日閲覧。
  44. ^ インフルエンザ迅速診断キット(relenza.jpインフルエンザオンライン)
  45. ^ [医療従事者向け インフルエンザQ&A 2008版 2011年8月14日閲覧。
  46. ^ a b c 国立感染症研究所 病原体検出マニュアル[リンク切れ]、平成15年12月9日付
  47. ^ ノバルティスファーマ 新型インフルエンザワクチンに関するお知らせ
  48. ^ 感染症情報センター インフルエンザの検査について[リンク切れ]、2011年3月付
  49. ^ a b c インフルエンザワクチンの作用メカニズムを解明 2010.04.04 大阪大学免疫学フロンティア研究センター
  50. ^ a b 永田恭介, 奥脇暢 編 『目的別で選べるタンパク質発現プロトコール』羊土社、2010年。ISBN 978-4758101752 
  51. ^ Kimple et al Overview of Affinity Tags for Protein Purification[リンク切れ], 2002



インフルエンザウイルス (10 % - 15 %)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 01:25 UTC 版)

風邪」の記事における「インフルエンザウイルス (10 % - 15 %)」の解説

英語では "flu" とされる風邪として扱われないことが多い。

※この「インフルエンザウイルス (10 % - 15 %)」の解説は、「風邪」の解説の一部です。
「インフルエンザウイルス (10 % - 15 %)」を含む「風邪」の記事については、「風邪」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「インフルエンザウイルス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「インフルエンザウイルス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



インフルエンザウイルスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インフルエンザウイルス」の関連用語

インフルエンザウイルスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インフルエンザウイルスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインフルエンザウイルス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの風邪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS