アプサラス (ガンダムシリーズ)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > アプサラス (ガンダムシリーズ)の意味・解説 

アプサラス (ガンダムシリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/21 16:02 UTC 版)

アプサラス (Apsaras) は、「ガンダムシリーズ」のうち、1996年から1999年にかけて発売されたOVA機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場する架空の兵器。有人操縦式の大型機動兵器「モビルアーマー (MA)」のひとつ。




  1. ^ 『第08MS小隊』第4話。パーティー中のギニアスの発言より。
  2. ^ 小説版では、ギニアスの最終目標をジャブロー攻略ではなく「メガ粒子砲の拡散射撃」としている。ギニアスは少年時代に大量の宇宙放射線を被曝し、病身となった。この時ギニアスの網膜に宇宙放射線が「光のシャワー」として焼きつき、ギニアスはこの光景を現実空間に再現するために、拡散メガ粒子砲のプラットフォームとしてアプサラスを開発したという。ジャブロー攻撃計画は、予算と資材を確保するための方便であった。
  3. ^ 機動戦士ガンダム第08MS小隊WEB、「MS-ジオン軍編-アプサラスIII」
  4. ^ ギニアスの背後に写るディスプレイには、ALI Aladdin IV+、AMD-K6 3D+、BSD/863(BSD/386をもじったもの)、Cyrix 6x86MXDDC-1、DDC-2AB、DirectX SDK、Enhanced 46D4、Fast ATA-2、GMSK、?PIB(恐らくGPIB)などが表示されている。


「アプサラス (ガンダムシリーズ)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アプサラス (ガンダムシリーズ)」の関連用語

アプサラス (ガンダムシリーズ)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アプサラス (ガンダムシリーズ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアプサラス (ガンダムシリーズ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS