ぽすとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > ぽすの意味・解説 

POS(ぽす)

コンビニエンス・ストアスーパーマーケットなど、多く小売業採用されている商品管理システムだ。

たとえば、コンビニアイスクリームを買うとき、レジの人は、そのアイスバーコードスキャン読み取る。すると、そのアイスデータコンピュータファイル入力される。10月23日1643、ソーダアイス1個という具合だ。

このデータ利用して商品仕入れなどに役立てる売れ個数がすぐ分かるので、売れた分だけを発注することができる。そうすると商品品切れ在庫過剰を防ぐことができる。

長期的には、経営戦略にも役立てられる。コンビニ本部では、全国加盟店の販売データが集まっている。これを分析して店舗経営商品開発などに生かする。たとえば、あまり売れない商品は店からはずして、売れ筋商品だけを店に並べるようにする。その他、前年度データ分析して、その年売れ具合見通し立てることができる。さらに、「売れそうな商品」を予測して、商品開発することもできるわけだ。

(2000.10.24更新


POS

読み方:ぽす

Position and Orientation Systemの略で、カナダのAPPLANIX社のIMU製品名である。これは航空機GPS慣性計測装置搭載して、航空機姿勢位置常時観測し、地上との位置関係自動的把握するものである航空写真撮影航空レーザー観測時など場合使用し、計測効率化を図ることができる。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ぽす」の関連用語

ぽすのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ぽすのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
かんこうかんこう
2019 (C) KANKO All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS