てふてふとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > てふてふの意味・解説 

てふてふ

蝶々」や「喋々」などの旧仮名遣いによる表記。「ちょうちょう」と読む。蝶々チョウ目属す昆虫のこと。喋々はしきりにおしゃべりするさまなどを意味する表現

てふてふ

作者山本みつる

収載図書てふてふ
出版社ほおずき書籍
刊行年月2000.11


チョウ

(てふてふ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/03 22:39 UTC 版)

チョウ(蝶)は、昆虫綱チョウ目(鱗翅目、ガ目とも)のうち、Rhopalocera に分類される生物の総称である。


[ヘルプ]
  1. ^ アンドレ・デュメリル (1774–1860) 動物学者(父) or オーギュスト・デュメリル (1812–1870) 動物学者(子)
  2. ^ a b 蝶 (2006)、6頁
  3. ^ 蝶 (2006)、9頁
  4. ^ Scoble, Malcom J. (1995), The Lepidoptera: Form, Function and Diversity, Oxford University Press, ISBN 0-19854952-0 
  5. ^ Tree of Life web project: Lepidoptera - Tree of Life Web Project
  6. ^ Wahlberg, Niklas; et al. (2005), “Synergistic effects of combining morphological and molecular data in resolving the phylogeny of butterflies and skippers”, Proc Biol Sci. 272: 1577–1586., http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1560179/ 
  7. ^ a b c 不二龍彦 『迷信・俗信大百科』 学習研究社1996年、44-45頁。ISBN 978-4-05-400630-0
  8. ^ a b 鈴木棠三 『日本俗信辞典 動・植物編』 角川書店1982年、370頁。ISBN 978-4-04-031100-5
  9. ^ 桂井和雄「土佐の山村の「妖物と怪異」」、『旅と伝説』15巻6号(通巻174号)、三元社、1942年6月、 29頁、 NCID AN001397772014年11月28日閲覧。
  10. ^ 山田野理夫東北怪談の旅自由国民社1974年、35-52頁。NCID BA42139725
  11. ^ 『これは重宝漢字に強くなる本』光文書院昭和54年6月15日発行622頁


「チョウ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「てふてふ」の関連用語

てふてふのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



てふてふのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチョウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS