つねとは? わかりやすく解説

つね【常/恒】

読み方:つね

いつでも変わることなく同じであること。永久不変であること。「有為転変の、―のない世」

いつもそうであること。ふだん。平素。「―と変わらぬ笑顔」「朝の散歩を―とする」

特別でないこと。普通。平凡。「―の人」

昔からそのようになるとされていること。当然の道理。ならい。ならわし。「栄枯盛衰世の―」

他の例と同じように、その傾向あること。とかくそうありがちなこと。「子に甘いは親の―」→常に


ツネ

ツネの画像 ツネの画像
芸名ツネ
芸名フリガナつね
性別男性
生年月日1982/10/15
星座てんびん座
干支戌年
血液型B
出身地大阪府
身長178 cm
体重65 kg
URLhttps://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=2721
プロフィール1982年生まれ大阪府出身お笑い芸人八十島2008年お笑いコンビ2700」を結成。趣味は、キッチンカー筋トレ水着早着がえ、人間ポンプ
職種お笑い
趣味・特技キッチンカー/筋トレ/水着早着がえ/人間ポンプ

» タレントデータバンクはこちら

つね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 03:17 UTC 版)

アサギロ 〜浅葱狼〜」の記事における「つね」の解説

近藤勇の妻。無愛想で不器量仏頂面料理上手ではない。

※この「つね」の解説は、「アサギロ 〜浅葱狼〜」の解説の一部です。
「つね」を含む「アサギロ 〜浅葱狼〜」の記事については、「アサギロ 〜浅葱狼〜」の概要を参照ください。


つね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 06:42 UTC 版)

地のはてから」の記事における「つね」の解説

四郎の妻。

※この「つね」の解説は、「地のはてから」の解説の一部です。
「つね」を含む「地のはてから」の記事については、「地のはてから」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「つね」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

つね

出典:『Wiktionary』 (2021/10/10 15:08 UTC 版)

語源

古典日本語「つね」

発音

名詞

つね

  1. いつも通りであること。普段通常
  2. いつも変わらないこと。
  3. 有りがちなこと。普通

関連語

名詞

つね

  1. 普段通常
  2. 普通
  3. わらないこと。永久

形容動詞

つね【常、恒】

  1. 変わらないさま。
基本形 語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用種類
つねなり つね -なら -なり -なり -なる -なれ -なれ ナリ活用
-に

発音

二拍名詞五類(?)

関連語






  • 画数:18
  • 音読み:イ
  • 訓読み:つね






※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「つね」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「つね」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

つねのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



つねのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2022 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアサギロ 〜浅葱狼〜 (改訂履歴)、地のはてから (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのつね (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS