そうかとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > そうかの意味・解説 

相加

読み方:そうか

全ての値を足す」といった意味合いで使われる表現。「相加平均」「相加相乗平均」「相加効果」「相加的」などという具合に使われる。

そう‐か〔サウ‐〕【早歌】

《「そうが」とも》「宴曲(えんきょく)」に同じ。


そう‐か〔サウクワ〕【桑果】

1本の花軸の上多数の花がつき、結実して多肉・多漿(たしょう)の果実集まりになったもの。(くわ)・パイナップルなど。肉質集合果


そう‐か〔‐クワ〕【痩果】

果皮堅い膜質で、熟す乾燥し、一室に1個の種子をもつもの。萼筒(がくとう)または花軸一部果実一部構成する。タンポポキンポウゲなど。

痩果の画像

そうか〔サウカ〕【草加】


そう‐か〔サウ‐〕【窓下】

まどのした。まどのそば。

「—に万巻の書を積み」〈織田訳・花柳春話


そう‐か【宗家】

「そうけ(宗家)」に同じ。

「—の隆替は只此一挙にある事ゆえ」〈染崎延房近世紀聞


そう‐か〔サウクワ〕【草花】

くさばな

此の—にあらず木なり」〈浄・先代萩


そう‐か〔サフクワ〕【挿花】

花を髪などに挿すこと。

花を生けること。生け花


そう‐か〔‐クワ〕【×葱花】

ネギの花。

葱花輦(そうかれん)」の略。


そう‐か〔サウ‐〕【喪家】

不幸のあった家。喪中(もちゅう)の家。


そう‐か〔サウ‐〕【葬歌】

死者とむらうために歌われたり、演奏されたりする楽曲葬送曲


そう‐か【総嫁/×惣嫁】


そう‐か【僧家】

⇒そうけ(僧家)


そう‐か〔サウ‐〕【装荷】

電話回線で、通信電流減衰を防ぐために、回線路の一定間隔ごとにコイル直列挿入すること。「装荷ケーブル

原子炉燃料を入れること。


そう‐か【僧家】

〔名〕 (「か」は「家」の漢音) =そうけ(僧家)


そう‐か サウ‥ 【喪家】

〔名〕

とむらいのある家。喪中(もちゅう)の家。不幸のある家。葬家。

小右記寛和元年985六月二三日「使大炊允致信弔喪家」〔周礼疏天官

② 家をうしなうこと。


そう‐か【奏可】

〔名〕 上奏案文検討許可すること。また、上奏がうけ入れられること。

延喜式(927)一一「凡践祚之初〈略〉大臣勅召神祇官。卜悠紀主基国郡。〈竝封卜之〉。奏可訖即下知」〔漢書武帝紀〕


そう‐か【宗家】

〔名〕

一族一門中心となる家筋総本家本家。そうけ。

高野山文書宝治二年(1248)二月一〇日・高野山目代下知状名手三ケ条事、宗家御教書此」

近世紀聞187581)〈染崎延房〉七「宗家(ソウカ)の隆替は只此一挙にある事ゆゑ」〔漢書韋玄成伝〕

② ⇒そうけ(宗家)


そう‐か ‥クヮ 【層化】

〔名〕

層状をなすこと。

母集団を層に分けること。層別層別化。〔推計学の話(1949)〕

タテ社会人間関係1967)〈中根千枝〉四「社会全体像というものは、カーストとか階級によってできる横断的(ホリゾンタル)な層化ではなく企業別・学校別のような縦断的(バーティカル)な層化である」


そう‐か サフクヮ 【挿花】

〔名〕

① 花を髪などにさすこと。

骨董雑談(1725頃)中(古事類苑遊戯一三)「挿花なるものは女子の頭に挿す所をいふ」〔簡文帝‐答新渝侯和詩書〕

花器花材をいけること。いけばな

骨董雑談(1725頃)中(古事類苑遊戯一三)「いけ花といふを以て挿花といひ」

俳諧乙二七部集附録183044)上「袁氏が挿花のみちをしたひ春の花秋の月にこころをなぐさめ給へしかば」


そう‐か サウ‥ 【早歌】

〔名〕

催馬楽(さいばら)や神楽歌で、ふつうより拍子速いうた。はやうた

神楽歌(9C後)「早歌」

② (「そうが」とも。やや速いテンポで歌われたことに基づく名称という) 中世武家中心に貴族僧侶などの間に流行した宴席のうたいもの。初め扇拍子で歌われ、沙彌明空(しゃみみょうぐう)によって集大成された。現爾也娑婆(げにやさば)。理里有楽(りりうら)。宴曲

梁塵秘抄口伝集(12C後)一〇「我独り雑芸集をひろげて、四季今様法文・早歌に至るまで、書きたる次第を謡ひ尽くす折もありき」

徒然草1331頃)一八八「仏事の後、酒など勧むる事あらんに、法師無下に能なきは、檀那すさまじ思ふべしとて、早歌と云ふことを習ひけり」

[補注]①については一説に「雑歌(ぞうか)」と同じとも、また、本と末をすばやく応答していく歌ともいわれる


そう‐か サウクヮ 【桑果】

〔名〕 果実の一型。花軸多数の花が密集してつき、成熟してあたかも一果のようにみえる肉質・多漿(たしょう)の果実集合果クワパイナップルタコノキなどにみられる。肉質集合果


そう‐か ‥クヮ 【痩果】

〔名〕 果実一つ小形でただ一個種子をもち、果皮は薄い膜質熟しても裂けない。キク・タンポポ・キンポウゲなどの果実で、一見種子のように見える。〔生物学語彙(1884)〕


そう‐か サウ‥ 【窓下】

〔名〕

① 窓のもと。窓の下。

本朝無題詩(1162‐64頃)八・遊長楽寺藤原忠通〉「窓下会同談話客、只憐吟詠交遊

花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉八「窓下に万巻の書を積み」〔王昌齢‐裴六書堂詩〕

手紙などで相手の名の下に記して、卑下する気持表わす。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔後漢書何進伝〕


そう‐か【総嫁・惣嫁】

〔名〕 江戸時代京坂地方で、路上で客を引く最下級売春婦をいう語。夜鷹(よたか)。総右衛門。そうよもん。そうよめ

随筆吉原失墜(1674)「所によりてかへべし、かみがたにてついころび、さうか、惣右衛門

俳諧談林十百韻(1675)上「舟入広きめぐみの守護代り〈正友四面にさうかの哥うたってくる〈臼〉」


そうか サウカ 【草加】

埼玉県南東部地名綾瀬川流域にあり、江戸時代奥州街道千住越谷との間の宿駅として発達せんべい産地として知られ、皮革染色、紙・パルプ工業が盛ん。東武鉄道伊勢崎線通じ住宅都市としても急速に発展昭和三三年(一九五八市制


そう‐か サウクヮ 【草果】

〔名〕 ショウガ科多年草中国南部原産果実芳香健胃消化剤で、慢性胃腸炎マラリアなどに用いられる。

言継卿記天文二一年(1552)九月二一日「瘧病申刻起了、晩天より参飲に加服用了」


そう‐か サウクヮ 【草花】

〔名〕 くさばな。〔日葡辞書(1603‐04)〕

浄瑠璃伽羅先代萩(1785)八「此草花(ソウクヮ)にあらず木なり」〔史記李斯伝〕


そう‐か サウ‥ 【葬歌】

〔名〕 葬式あるいは追悼式などで歌われ、演奏されるための楽曲挽歌


そう‐か ‥クヮ 【葱花】

〔名〕

ネギの花。

三条家装束抄(1200頃か)坤(古事類苑・器用二九)「其体葱花の形を金にて打を、御輿の上に居るなり」〔伏侯古今注〕

② ①の生長吉瑞を寿(ことほ)いで、その形状金属で作って棟の頂上欄干(らんかん)の頂点につけたものぎぼうし

平戸記仁治三年1242八月五日後聞神輿之葱花令云々

③ 「そうかれん葱花輦)」の略。

小右記長和三年1014五月一〇日「又云、鳳輦・葱花等間、前々定。為如何者。予云、節会行幸元三日内行幸用鳳輦

平家13C前)八「駕輿丁なければ、そう花・宝輦はただ名のみききて、主上要輿(ようよ)にめされけり」


そう‐か サウクヮ 【蒼華・蒼花】

〔名〕 毛髪の神の名。転じて、髪の毛のこと。

江吏部集101011頃)中・法音寺言志紅葉深窓暗雨、蒼華〈髪名〉日暮鬢寒

私聚百因縁集(1257)七「蒼花(サウクヮ)を落し御躰(すがた)を改め


そう‐か サウ‥ 【装荷】

〔名〕 通信線路で、電流波形のくずれを防ぐため、回線路の一定間隔ごとに、コイル直列挿入すること。


そう‐か【走舸】

〔名〕 多数水主で漕ぐ、速力速い軍舟はやぶね。〔布令必用新撰字引(1869)〕 〔呉志周瑜伝〕


そう‐か サウ‥ 【霜下】

〔名〕 (しも)の下。の中。

文華秀麗集818)中・奉和重陽節書懐〈仲雄王〉「浦早花霜下発、荷潭寒葉水陰穿」〔斉江夏王鋒・修栢賦〕


そう‐か サウクヮ 【霜華・霜花】

〔名〕

を花にたとえていう語。転じて、白髪

懐風藻751)贈旧識石上乙麻呂〉「霜花逾入鬢、寒気益顰眉」

詩序集(1133頃)琴書雪裏詩序大江匡房〉「生涯急、鬢悴霜華二毛之歳」〔白居易長恨歌

② (秋の霜春の花の意で) 一年間一周年

正法眼蔵123153行持下「航海三載の霜華、その風雪いたましきのみならんや」


総嫁

読み方:そうか

  1. 娼妓。〔第二類 人物風俗
  2. 淫売婦をいふ、京阪地方方言。暗い処に居るが為め、彼れがそうかと明り難い義なり。
  3. 売春婦のことをいふ。辻君夜鷹に同じものである総べての男の嫁になるから。〔情事語〕
  4. 関西地方淫売婦のことをいふ。
  5. 夜鷹、昔の私娼也。
  6. 売春婦のことをいふ。辻君夜鷹に同じものである総べての男の嫁になるから。
  7. 〔俗〕売春婦のこと。辻君夜鷹に同じ。総べての男の嫁になるの意。
  8. 淫売婦のことをいふ。
  9. 娼妓淫売婦。〔関西中国
  10. 中国四国地方でいふ売春婦総ての人に嫁す、即ち誰れの一夜妻にでもなるの意か。
  11. 淫売婦のこと、総べての男の嫁になるの意。
  12. 売春婦方言。〔俗〕
  13. 売春婦。〔関西中国

分類 中国四国地方京阪地方俗語、俗/一般情事語、関西地方関西中国

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

相賀

読み方
相賀そうか



そうかと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「そうか」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||


6
94% |||||

7
74% |||||

8
72% |||||

9
72% |||||

10
56% |||||

そうかのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



そうかのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS