じゅうねんとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > じゅうねんの意味・解説 

じゅう‐ねん〔ジフ‐〕【十年】


じゅう‐ねん〔ジウ‐〕【××捻】

[名](スル)

製茶工程で、茶葉をよくもむこと。

マッサージで、筋肉をこねるようにもむこと。


じゅう‐ねん〔ジフ‐〕【十念】

仏語

仏・法・僧・戒・施・天・休息(ぐそく)・安般(あんぱん)・身非常・死の十について念ずること。十随念。

阿弥陀仏相好10度観想すること。また、南無阿弥陀仏」の名号10度唱えること。

浄土宗で、導師信者に「南無阿弥陀仏」の名号唱え授けて仏縁を得させること。「—を授ける」


じゅうねん

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 00:49 UTC 版)

同音異義語

じゅうねん



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「じゅうねん」の関連用語

じゅうねんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



じゅうねんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのじゅうねん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS