お転婆キキ(1931)とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > お転婆キキ(1931)の意味・解説 

お転婆キキ(1931)

原題:Kiki(1931)
製作国:アメリカ
製作年:1931
配給:ユナイテッド・アーチスツ支社
スタッフ
監督:Sam Taylor サム・テイラー
原作戯曲:Andre Picard アンドレ・ピカール
脚色:Sam Taylor サム・テイラー
台詞:Sam Taylor サム・テイラー
撮影:Karl Struss カール・ストラッス
キャスト(役名
Mary Pickford メアリー・ピックフォード (Kiki
Reginald Denny レジナルド・デニー (Victor Randall
Joseph Cawthorn ジョセフ・カウソーン (Alfred Rapp
Margaret Livingston マーガレット・リヴィングストン (Paulette Vaile
Phil Tead フィル・ティード (Eddie
Fred Walton フレッド・ウォルトン (Bunson
Edwin Maxwell エドウィン・マクスウェル (Dr. Smiley
解説
コケット」「じゃじゃ馬馴らし(1929)以来メアリー・ピックフォード主演する映画で、甞てノーマ・タルマッジ主演映画として作られたものと同じアンドレ・ピカールデイヴィッド・ベラスコ演出舞台劇に基づき、「じゃじゃ馬馴らし(1929)」「悪魔の富籤」のサム・テイラー脚色監督の任に当たった。相手役は「浮気合戦」「忘れじの面影(1930)」のレジナルド・デニー勤め、「陽気な後家さん」「夜の大統領」のマーガレット・リヴィングストン、「じゃじゃ馬馴らし(1929)」のジョセフ・カウソーンフィル・ティード助演している。撮影は「スキピイ」「明暗二人女」のカール・ストラッス担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ブロードウェイレヴュー劇場に、下級コーラス・ガールとして働いているキキにも、近頃滅切と一人ぼっち寂しさ感じ様になった。彼女の意中の人は、ヴィクター・ランダル、この劇団経営者だった。尤も、ランダルの方は、キキなどの存在に目を附ける筈はなく、一座スターポーレットに心を奪われ、彼女との結婚準備余念がなかったのである一方ランダルへの接近考えキキは、偶然の機会から、ポーレット掴み合い喧嘩をした上、開幕中の舞台へ飛び出したが、それが却って観客大喝采を博してしまった。その縁で、ランダルキキを手の附けられない乱暴者で、厄介な少女だとは思い乍らも記憶する様になった。そこに附け込んだキキは、もう一歩積極的にランダル住居乗り込んで、得意の暴力で、彼を散々てこずらし、その癖、帰ろうとしないのである。が、根が無邪気キキ心持次第に、ランダル気持ちを柔げ、遂には彼女に一方ならぬ好意を持つ様になったが、結婚約束をしたポーレット忘れることも出来なかった。彼の気持少女キキに惹かれて行くのに焦ったポーレットは、ランダル住居に訪ねて来たが、居合せキキのために散々の目に合わされそうになり、危うくランダル仲裁ことなきを得た。自分形勢が不利になったのを悟ったキキは、奥の手仮病を使って、一同狼狽させた。医者は、彼女の病態を、稀有硬直眠り病だと断じた。皆んなが去った後でキキランダルしっかと抱いた。この出来事はすべて自分愛すればこそ無邪気芝居だと知ったランダル浮気ポーレットを棄て、キキ結婚する決心をしたのである。(ユナイテッド・アーチスツ支社輸入


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「お転婆キキ(1931)」の関連用語

お転婆キキ(1931)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



お転婆キキ(1931)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2020 Weblio RSS