おすとは?

おす をす [2] 【雄・牡

動物で、精巣を有し、精子作る個体雌雄異体生物で、小配偶子作る個体符号に♂を使う。 ⇔ 雌(めす
植物で、雄花のみをつける

お・す [0] 【押す・圧す】

( 動五[四] )
物に手・指先などを当てがって、前方へ力を加える。 《押》 ⇔ 引く 「 - ・しても引いてもあかない」 「ボタンを-・すとブザー鳴ります」
車両などに後ろから力を加えて前進させる。 《押》 「乳母車を-・す」 「そり)を-・す」
上から力を加える。
重み加える。 「上から-・してつぶす」
(「捺す」とも書く)印や型を上から当てて写す。 「印鑑を-・して下さい」 「記念帳にスタンプを-・す」 「手形を-・す」
箔(はく)を貼り付ける。 《押》 「金箔を-・す」
優位に立って相手圧倒する。 《押・圧》 「気迫に-・される」 「終始-・し気味に試合を進める」 「その場雰囲気に-・されて何も言えない」
強引に自分意志を通そうとする。 《押》
相手に対して働きかける。 「理詰めで-・して来られてはかなわない」 「この条件でもう一押し-・してみよう」
方針を変えずに貫く。やり方などを変えずに進める。 「医学部受験一本槍で-・す」
障害や困難があるのに、無理をする。強いてする。 《押》 「反対を-・して…する」 「病気を-・して会議出席する」 → 押して
(「念を押す」などの形で)確かめる。 《押》 「約束忘れないように念を-・す」
放送などで)時間おしつまる
軍勢などを進める。 「東海東山両道を-・して責め上る太平記 13
光などを、上から一面に及ぼす。 「春日山-・して照らせるこの月は/万葉集 1074
[可能] おせる
慣用駄目を- ・ 横車を- ・ 横に車を-烙印らくいん)を押される

お・す [0] 【推す】

( 動五[四] )
〔「おす(押・圧)」と同源
適当な人・物推薦する。 「委員長に-・す」 「受賞候補としてこの作品を-・す」
ある事から他の事を推測する。 「これまでの発言から-・して、この件には反対らしい」 「これまでに得られた情報から-・すと、彼の当選はほぼ確実だ」
[可能] おせる
[句項目] 推して知るべし

お・す をす 【食す】

( 動四 )
「飲む」「食う」の尊敬語。 「醸()みし大御酒うまらに聞しもち-・せ/古事記
「着る」の尊敬語。 「臣の子の袴を七重-・し/日本書紀 雄略
「治める」の尊敬語。 「天皇すめろき)の-・す国なれば/万葉集 4006

お・す

( 動サ特活 )
近世江戸遊里語現代では京都地方で用いられる〕
「ある」「いる」の丁寧語ございますありますおります。 「おや、ぬしやあ白いほくろが-・すよ/洒落本自惚鏡
補助動詞形容詞連用形助動詞「だ」の連用形「で」に付いて丁寧の意を表す。…(で)ございます。…(で)あります。 「徳さんか、だうりできいたやうな声で-・した/洒落本志羅川夜船」 〔 (1) 連用形「おし」、終止形「おす」の用例みられる。 (2) はじめは吉原妓楼松葉屋の用語として用いられたものという〕

おす [1]

( 感 )
道などで出会った時の挨拶あいさつ)の語。男子学生など若い男性が、仲間内で用いる。おっす。
「おす」に似た言葉
  


おす

  1. おお素的によいの略語。〔情事語〕
  2. おお素的の略。
  3. おお素的の意。
  4. おお素的の略。〔学生語〕
  5. おお素適の略。「あらほんとにオスだわ」など。
  6. 学生語〕おお素的の略。

分類 不良青少年軟派)、学生学生語、情事


読み方:おす

  1. 強盗犯。〔第三類 犯罪行為
  2. 強盗を云ふ。
  3. 強盗のこと。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

オス

(おす から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/02 22:32 UTC 版)

オスおす、雄)




「オス」の続きの解説一覧

おす

出典:『Wiktionary』 (2011/05/17 06:40 UTC 版)

動詞

おすす・す・推す捺す

  1. (まえ)方向ちから(くわ)えたり、(うご)かしたりする。
    ドア押す。」「急いでいても、前の人を押してはいけない。」「押しだし」(相撲決まり手
  2. くっつけるように力を加える。押し付ける圧力が高い状態にする。
  3. 捺す判子を紙に押し付け印字する。
  4. 前に出す。あることがらに対して積極的な態度をみせる。
  5. あることがら無理実行する。押し通す
  6. 推す推薦する。

活用

サ行五段活用
お-す

発音

東京アクセント
お↗す
京阪アクセント
↗おす

翻訳

関連語

  • おさえる

名詞

おすオス

  1. 人間以外の動物で、おとこ性質をもつもの。
  2. ねじやコネクタで、穴に挿して使うほうの部品

発音

東京アクセント
お↗す↘
京阪アクセント
お↘す

翻訳

関連語

名詞:お酢

  1. (す)美化語酸味のある調味料

発音

お↗す

感動詞

おす押忍おっす

  1. 武道取り組む同士かけあう挨拶
  2. 知り合い同士の、気軽な挨拶
  3. 肯定返事

発音

お↘す








※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おす」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

おすのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



おすのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのおす (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS