あめるとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 北海道方言 > あめるの意味・解説 

あめる

あ・饐る[動マ下一] 1. (食品が)腐る。〈中〉 2. 悪くなる変質して機能を果たさなくなる。ねじがばかになる〈中〉

あめる

下北弁 意味 用例 用例の意味・備考
あめる   食物が腐る、食物がいたむ きなのおつゆあめでまった。 昨日のお汁がいたんでしまった。

あめる

方言 意味
あめる 食品が腐る、腐敗変質  (飴を動詞に使った。飴は穀物澱粉麦芽作用糖化させたものであるが、食べ物が変わることに用いた)  


あめる

方言共通語使用例または説明
あめるはげる、つるつるする「あそこの坂、であめてて転んだて」(あそこの坂は、つるつるしているので転んでしまったよ)、踏み固めところを生ゴムなどで強くこすると飴色になって良く滑るようになる。はげ頭はあめ頭と言う、「あめる」は飴の「飴める」から来たものらし

あめる

出典:『Wiktionary』 (2010/09/21 10:13 UTC 版)

動詞

あめる

  1. 方言北海道東北三重)腐る。
  2. 方言新潟)はげる。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あめる」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||


6
94% |||||

7
宇宙 国語辞典
78% |||||

8
森羅万象 国語辞典
78% |||||

9
大宇宙 国語辞典
78% |||||

10
天地 国語辞典
78% |||||

あめるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



あめるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2019 by akaringo. All rights reserved.
下北弁辞典下北弁辞典
Copyright(C)2004-2019 Akemi. All rights reserved.
津軽語辞典津軽語辞典
Copyright (C) 2019. All rights reserved.
新潟県田上町の方言新潟県田上町の方言
Copyright (C) 2019 Akira Hasegawa All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのあめる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS