*齒*とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > > *齒*の意味・解説 

し【歯〔齒〕】

読み方:し

[音](呉)(漢) [訓] よわい

学習漢字3年

[一]〈シ〉

は。「歯科歯牙(しが)・歯齦(しぎん)/義歯犬歯皓歯(こうし)・切歯乳歯抜歯門歯

年齢。よわい。「尚歯年歯

[二]〈は(ば)〉「歯茎歯車奥歯虫歯

名のり]かた・とし


し【歯】

読み方:し

は。

よわい。年齢。とし。


は【歯】

読み方:は

鳥類以外の脊椎動物口の中にあって、食物保持咀嚼(そしゃく)や攻撃・防御関与する硬い器官人間では言語発声にも関与し乳歯生え換わる永久歯が出る。顎骨(がっこつ)に上下2列に並んで生え歯髄象牙質覆い、さらに歯冠エナメル質に、歯根セメント質覆われる歯牙(しが)。「—が抜ける」「白い—を見せて笑う」

器具機械の縁に並ぶ細かい刻み目。「のこぎりの—」「(くし)の—が欠ける」

下駄足駄の台につけて土を踏む板。「下駄の—を入れる」

写真植字で、文字間または行間単位。一歯は一級同じで4分の1ミリ。→級【一】3

[下接語] (ば)後(あと)歯・銀杏(いちょう)歯・一本歯糸切り歯入れ歯・臼(うす)歯・上(うわ)歯・恵比須(えびす)歯・奥歯鬼歯金歯銀歯差し歯下歯・透(す)き歯・添い歯染め歯大黒(だいこく)歯・高歯知恵歯継ぎ歯出歯茄子(なすび)歯・抜け歯・鋸(のこぎり)歯・(ほお)歯・前歯虫歯無駄歯八重歯乱杙(らんぐい)歯(ぱ)反(そ)っ歯出っ歯味噌(みそ)っ歯

歯の画像

よわい〔よはひ〕【齢/歯】

読み方:よわい

生まれてから重ねてきた年数年齢。「—を重ねる」

年配年ごろ

今少し物おぼし知る—にならせ給ひなば」〈源・澪標


は 【歯】


作者夏樹静子

収載図書湖・毒・夢
出版社新潮社
刊行年月1988.5

収載図書湖・毒・夢
出版社新潮社
刊行年月1991.1
シリーズ名新潮文庫

収載図書湖・毒・夢
出版社双葉社
刊行年月2003.4
シリーズ名双葉文庫


作者佐野洋子

収載図書乙女ちゃん―愛と幻想の小さな物語
出版社大和書房
刊行年月1988.5

収載図書乙女ちゃん―愛と幻想の小さな物語
出版社講談社
刊行年月1999.2
シリーズ名講談社文庫


作者吉行淳之介

収載図書吉行淳之介全集 3
出版社新潮社
刊行年月1997.12

収載図書悩ましき土地
出版社講談社
刊行年月1999.5
シリーズ名講談社文芸文庫


作者篠田節子

収載図書おぞけ
出版社祥伝社
刊行年月1999.12
シリーズ名ノン・ポシェット

収載図書怪奇ホラーワールド
出版社リブリオ出版
刊行年月2001.4

収載図書モダン・ホラー
出版社リブリオ出版
刊行年月2001.4
シリーズ名怪奇ホラーワールド 大きな活字読みやすい


作者柳美里

収載図書
出版社メディアファクトリー
刊行年月2000.2


作者シャーリー・ジャクスン

収載図書くじ
出版社早川書房
刊行年月2006.1
シリーズ名異色作家短篇集


作者光田千熙

収載図書百物語 黎明編第一話-第十五話
出版社文芸社
刊行年月2008.4


歯―女・女

作者松田解子

収載図書女性苦
出版社沢田出版
刊行年月2005.8
シリーズ名松田解子自選


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 22:23 UTC 版)

(は、: tooth)は、口腔内にある咀嚼するための一番目の器官


注釈

  1. ^ 下顎の歯の場合。上顎の歯の場合は下端。

出典

  1. ^ 須田 2007, p. 40.
  2. ^ 中塚 2004, p. 68.
  3. ^ 須田 2007, p. 42.
  4. ^ 中塚 2004, p. 72.
  5. ^ a b c 中塚 2004, p. 80.
  6. ^ 中塚 2004, p. 66.
  7. ^ a b 須田 2007, p. 46.
  8. ^ a b c d e f g h i j k l リッケン・C・シャイド、ガブリエラ・ワイス 『ウォールフェルの歯科解剖学図鑑 最新第8版 ペーパーバック普及版』2015年、4頁。 
  9. ^ a b c d リッケン・C・シャイド、ガブリエラ・ワイス 『ウォールフェルの歯科解剖学図鑑 最新第8版 ペーパーバック普及版』2015年、10頁。 
  10. ^ a b リッケン・C・シャイド、ガブリエラ・ワイス 『ウォールフェルの歯科解剖学図鑑 最新第8版 ペーパーバック普及版』2015年、7-10頁。 
  11. ^ 赤井, pp.134-135
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 中塚 2004, p. 64.
  13. ^ 赤井 2000, p. 135.
  14. ^ 赤井 2000, p. 143.
  15. ^ 赤井 2000, pp. 138–140.
  16. ^ a b c 赤井 2000, p. 136.
  17. ^ a b 赤井 2000, p. 137.
  18. ^ 赤井 2000, pp. 136–137.
  19. ^ 赤井 2000, p. 140.
  20. ^ 赤井 2000, pp. 140–141.
  21. ^ 赤井 2000, p. 141.
  22. ^ a b 赤井 2000, p. 142.
  23. ^ 赤井 2000, pp. 142–143.
  24. ^ 赤井 2000, p. 146.
  25. ^ 赤井 2000, p. 133.
  26. ^ 中塚 2004, p. 63.
  27. ^ a b 赤井 2000, p. 134.
  28. ^ 叉状研歯のある縄文時代頭蓋骨
  29. ^ 【海外:南アフリカ】超クール!?前歯の抜歯がアフリカ南部で長きに渡って流行中!! 日刊テラフォー
  30. ^ ワーテルローの戦いからうまれた「入れ歯」 Dental Now!インプラントやホワイトニング等、歯の総合情報サイト
  31. ^ 入れ歯の歴史(若葉歯科医院・調布市仙川)


「歯」の続きの解説一覧

歯(は、英: tooth)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 06:02 UTC 版)

魚類用語」の記事における「歯(は、英: tooth)」の解説

魚類の歯は上下両顎(顎骨)、前鋤骨、舌、口蓋骨咽頭骨、中篩骨などにある。顎骨以外のものは餌を嚙み砕いたり、切り刻んだりするには小さすぎ、口に咥えた餌を逃さないためにあると考えられる摩耗するとすぐその付近から新たな歯が生え始める。

※この「歯(は、英: tooth)」の解説は、「魚類用語」の解説の一部です。
「歯(は、英: tooth)」を含む「魚類用語」の記事については、「魚類用語」の概要を参照ください。


歯(tooth)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 03:12 UTC 版)

歯車」の記事における「歯(tooth)」の解説

歯車突起部分。

※この「歯(tooth)」の解説は、「歯車」の解説の一部です。
「歯(tooth)」を含む「歯車」の記事については、「歯車」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「*齒*」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 02:30 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. 動物口腔内にある咀嚼するための硬い器官
  2. )歯と同様ギザギザを持つ部分

熟語


出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 09:05 UTC 版)

発音(?)

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「 歯」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



*齒*と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



*齒*のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの魚類用語 (改訂履歴)、歯車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS