*體*とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > 有り様 > *體*の意味・解説 

からだ【体/×躰/×躯/身体】

動物の頭・胴・手足などのすべてをまとめていう語。五体しんたい。「―を横たえる

㋑頭・手足を除いた、胴。「―を反らす」「―の線が崩れる」

体格骨格からだつき。「がっしりした―」

健康状態。また、体力。「―を悪くする」「お―に気をつけて」「―の弱い子供

生理的存在としての身体肉体。「―で覚える」「―が糖分欲求している」「―を使う仕事

性的対象としてみた身体肉体。「―を許す」「―の関係がある」

社会的活動を営む主体としてみた身体。身(み)。「今夜は―が明いている」「―がいくつあっても足りない

死体なきがら

「―はどこに捨ててある」〈浄・布引滝


てい【体/態】

【一】[名]

外から見た物事ありさま。ようす。「満足の―」「そしらぬ―」

見せかけ体裁。「―のいい返事

【二】接尾名詞人代名詞などに付いて、そのようなもの、そのようなようすなどの意を表す。「職人―の男」

己等(おのら)―に討たるるならば手柄次第に討て見よ」〈浄・佐々木大鑑


てい【体】

⇒たい


たい【体〔體〕】

[音]タイ(呉) テイ(漢) [訓]からだ

学習漢字2年

[一]タイ

四肢・骨格などで組み立てられたものとしてのからだ。「体育体温体格体質体重体操体力巨体五体死体上体身体人体聖体胴体肉体女体病体裸体老体

各部分を組み立てまとまりのある形や組織。「体系体制詩体字体政体全体団体文体

一定の形や働きをもつ存在。「体積液体機体客体球体実体主体船体天体媒体物体本体

身につける。「体験体得

体言」の略。「連体詞

[二]テイ見かけのようす。「体裁憎体(にくてい)・人体(にんてい)・風体面体

[補説] 「躰」は「體」の俗字

名のり]なり・み・みる・もと

難読為体(ていたらく)


たい【体】

【一】[名]

からだ。身体。「体を預け寄り切る

そのものとしてのかたち。すがた。「論文としての体を整える」

物事本質をなすもの。「名は体を表す

生け花で、天または地の役枝(やくえだ)のこと。

四則算法の可能な集合有理数全体実数全体複素数全体など。しかし自然数全体整数全体などは体ではない。

【二】接尾助数詞神仏の像や死体などを数えるのに用いる。「仏像一体」


たい・そう・ゆう 【体・相・用】

三大

読み方:たい、ちょうけいこつたい
別名:蝶形骨体
【英】:Corpus,Body of sphenoid

蝶形骨体蝶形骨中央部にあり立方体をなしている。上面中央部には鞍状を呈したトルコ鞍があり、その中央横位楕円形の下垂体窩がある。トルコ鞍後方には鞍背という上方突出した骨板があり、その両側外側端の突起後床突起という。鞍背後部台形をなして後頭骨の底部とともに斜台形成する。下垂体窩前には体の前部との境界線である鞍結節とよべる横走する稜があり、その両側端にある中床突起発育弱く明瞭なものは少ない。鞍結節前には細い横走する[視神経交叉溝があり、その両外側視神経管につづく。交叉溝の前部蝶形骨隆起とよばれているが、これは隆起ではなく滑らかな平面である。体の前部小翼後部は大翼と結合している。下錐体窩の外側と大翼の根部との間には、内側頚動脈溝という前後に走る溝があり、外側蝶形骨小舌という突起状の骨板がある。体の下面鼻腔咽頭腔の上壁をなし、中央蝶形骨吻が前下方突出し鋤骨翼にはさまれる。体の前面中央部には蝶形骨稜という上下に走る稜線があり、篩骨の垂直板相接する蝶形骨稜両側でがいおうに蝶形骨甲介認められる。これはバルタン小骨ともよばれ、発生学的には篩骨一部であったものが8~12歳蝶形骨体癒合したものでとくに若年頭蓋著明である。体の内面空洞状をなし蝶形骨洞とよばれ、その正中部には蝶形骨洞中隔があり、洞を左右分けている。その前面には蝶形骨洞口という開口部両側にあり蝶篩陥凹通じている。

作者北村薫

収載図書語り女たち
出版社新潮社
刊行年月2004.4

収載図書語り女たち
出版社新潮社
刊行年月2007.4
シリーズ名新潮文庫


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/14 16:18 UTC 版)

身体、からだ)、身体(しんたい)は、生物学的かつ文化的に規定された、有機体としての人間動物の構造を指す。人間は身体を通じて世界を経験し、世界を構成する。




  1. ^ a b c 波平恵美子『からだの文化人類学: 変貌する日本人の身体観』大修館書店、2005年(平成17年)
  2. ^ Latitudinal variation in light levels drives human visual system size(著:Eiluned Pearce, Robin Dunbar 英国王立協会の会報「Biology Letter」Published:27 July 2011. 参照日:21 June 2018. doi:10.1098/rsbl.2011.0570)


「体」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/03/30 17:05 UTC 版)

発音

名詞

  1. からだ動物の、生命活動の及ぶところの総称。特に、四肢を除いたを主とした部分
  2. からだ健康体力
  3. タイ)(スポーツ武道などにおいて)身体。胴。
  4. タイ物事本質
  5. タイそのようなすがたのもの。接尾辞的にも使用される。
  6. タイ)(数学による除算を除き、加減乗除が自由にできる代数系加法単位元を除く任意に対して乗法における逆元唯一存在するという性質満たす可換環実数有理数全体は体の一例で、実数に対して加減乗除を行う一般的な計算は、体の一種を扱っていることに相当する。
  7. テイ外見見せかけ様子かたち

語源

用法

翻訳

語義6

動詞

体するタイ-す、タイ-する サ変動詞

  1. 心に留める意向指示などをもとに行動する。

接尾辞

  1. タイ遺体仏像等を数え時の助数詞

熟語


出典:『Wiktionary』 (2020/02/22 23:55 UTC 版)

発音

名詞

  1. 参照


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



*體*と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「*體*」の関連用語

*體*のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



*體*のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2021 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS