*肺*とは? わかりやすく解説

はい【肺】

読み方:はい

[音]ハイ(漢)

学習漢字6年

五臓の一。呼吸つかさどる器官。「肺炎肺臓心肺塵肺(じんぱい)」

心。「肺肝肺腑(はいふ)」


はい【肺】

読み方:はい

空気呼吸を行うための器官両生類以上にみられ、胸腔左右一対ある。内部は、無数の肺胞となっている。肺胞取り囲む毛細血管との間で炭酸ガス吸気からの酸素との交換が行われる。肺臓


【仮名】はい
原文lung

胸部にある一対臓器で、身体酸素送り込み身体から二酸化炭素除去する

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/15 09:55 UTC 版)

(はい、: lung)は、脊椎動物器官の1つである。肺臓とも呼ばれる。空気中から得た酸素を体内に取り込んだり、不要物である二酸化炭素を空気中に排出したりする役割(気泡の毛細血管で二酸化炭素の排出や酸素の吸収を行っている。)(呼吸)を持つ。これに対して水中から得た酸素を取り込み、水中に排出する器官が(えら)である。


  1. ^ a b c d e f g h i j k l 佐藤・佐伯(2009)、p.87-47、第4章 呼吸、2.呼吸器系の構造と機能、5)肺lung
  2. ^ a b 佐藤・佐伯(2009)、p.86-87、第4章 呼吸、2.呼吸器系の構造と機能、4)気管tracheaと気管支bronchus
  3. ^ 佐藤・佐伯(2009)、p.83-84、第4章 呼吸、2.呼吸器系の構造と機能、2)咽頭pharynxと喉頭larynx
  4. ^ 参考文献:板沢靖男・羽生功 / 編『魚類生理学』(恒星社厚生閣、1991年平成3年))
    ISBN 4-7699-0706-0
    P.31の表よりデータを抜粋編集
  5. ^ a b Dunlop, Jason A.; Lamsdell, James C. (2017). “Segmentation and tagmosis in Chelicerata” (英語). Arthropod Structure & Development 46 (3): 395. ISSN 1467-8039. https://www.academia.edu/28212892/Segmentation_and_tagmosis_in_Chelicerata. 
  6. ^ a b c Scholtz, Gerhard; Kamenz, Carsten (2006). “The book lungs of Scorpiones and Tetrapulmonata (Chelicerata, Arachnida): evidence for homology and a single terrestrialisation event of a common arachnid ancestor”. Zoology (Jena, Germany) 109 (1): 2–13. doi:10.1016/j.zool.2005.06.003. ISSN 0944-2006. PMID 16386884. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16386884/. 
  7. ^ a b c Lamsdell, James C.; McCoy, Victoria E.; Perron-Feller, Opal A.; Hopkins, Melanie J. (2020-11-02). “Air Breathing in an Exceptionally Preserved 340-Million-Year-Old Sea Scorpion” (English). Current Biology 30 (21): 4316–4321.e2. doi:10.1016/j.cub.2020.08.034. ISSN 0960-9822. PMID 32916114. https://www.cell.com/current-biology/abstract/S0960-9822(20)31188-X. 
  8. ^ Kamenz, Carsten; Dunlop, Jason A; Scholtz, Gerhard; Kerp, Hans; Hass, Hagen (2008-04-23). “Microanatomy of Early Devonian book lungs” (英語). Biology Letters 4 (2): 212–215. doi:10.1098/rsbl.2007.0597. ISSN 1744-9561. PMC PMC2429929. PMID 18198139. https://www.researchgate.net/publication/5653652_Microanatomy_of_Early_Devonian_book_lungs. 


「肺」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 04:31 UTC 版)

五臓六腑」の記事における「肺」の解説

気を主る。 呼吸を主る。 宗気生成し昇降出入り調節する。 宣発(昇発と発散のことで、呼吸により濁気を吐き出したり津液と気を全身散布したり腠理を調節する作用)を主る。 粛降(粛浄と下降のことで、呼吸により清気吸い込んだり、津液を腎・膀胱に下輸したり、気道清潔にしたりする作用)を主る。 通調水道水の上源(脾の働きによってから上部に運ばれ津液全身散布する作用))を主る。 「気の本」「相傅の官」と呼ばれる皮毛司る汗腺調節する。 鼻に開竅している。ここが悪くなる肺の機能が低下するは毛 液は涕 魄を舎す 五行は金、陽中の陰(少陽)に属する。三焦では上焦に属する。 経は手の太陰肺経(てのたいいんはいけい

※この「肺」の解説は、「五臓六腑」の解説の一部です。
「肺」を含む「五臓六腑」の記事については、「五臓六腑」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 04:49 UTC 版)

スターリング方程式」の記事における「肺」の解説

スターリング方程式は、肺毛細血管から肺胞空域への流体の移動記述することができる。

※この「肺」の解説は、「スターリング方程式」の解説の一部です。
「肺」を含む「スターリング方程式」の記事については、「スターリング方程式」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 07:23 UTC 版)

神経内分泌腫瘍」の記事における「肺」の解説

肺については「肺癌」の分類1つとして記載されている2004年分類2015年分類大きな違いは、「肺小細胞癌」と「カルチノイド腫瘍」は別の独立した分類であった物が、「神経内分泌腫瘍」として統合された点にある。 1967 WHO Classification 1981 WHO Classification 1999 WHO Classification 2004 WHO Classification 2015 WHO Classification 2004 WHO Classification2015 WHO ClassificationAdenocarcinoma Squamous cell carcinoma Small cell carcinoma Carcinoid tumors *Typical carcinoid tumor *Atypical carcinoid tumor Large cell carcinoma Adenosquamous carcinoma Sarcomatoid carcinomas etc. Adenocarcinoma Squamous cell carcinoma Neuroendocrine tumors *Small cell carcinoma Combined small cell carcinoma *Large cell neuroendocrine carcinoma Combined large cell neuroendocrine carcinoma *Carcinoid tumors **Typical carcinoid tumor **Atypical carcinoid tumor *Preinvasive lesion Diffuse idiopathic pulmonary neuroendocrine cell hyperplasia Large cell carcinoma Adenosquamous carcinoma Sarcomatoid carcinomas etc.

※この「肺」の解説は、「神経内分泌腫瘍」の解説の一部です。
「肺」を含む「神経内分泌腫瘍」の記事については、「神経内分泌腫瘍」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 07:23 UTC 版)

神経内分泌腫瘍」の記事における「肺」の解説

消化管・膵臓原発と同様外科的切除薬物療法が行われる。 RADIANT-4試験結果に基づいてエベロリムス適応有している。

※この「肺」の解説は、「神経内分泌腫瘍」の解説の一部です。
「肺」を含む「神経内分泌腫瘍」の記事については、「神経内分泌腫瘍」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 07:58 UTC 版)

関節リウマチ」の記事における「肺」の解説

間質性肺炎気道病変胸膜病変リウマチ結節血管病変睡眠時無呼吸症候群顎関節病変輪状披裂関節病変)などを合併することがある。その病型様々であるが、原因としては関節リウマチそのものによる合併症(リウマチ肺と呼ばれる)、感染症(特に肺結核ニューモシスチス肺炎)、治療薬(特にメソトレキセート)による副作用など多岐にわたる

※この「肺」の解説は、「関節リウマチ」の解説の一部です。
「肺」を含む「関節リウマチ」の記事については、「関節リウマチ」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 05:02 UTC 版)

酸素中毒」の記事における「肺」の解説

長時間酸素加圧下の環境呼吸困難と胸痛み発生する

※この「肺」の解説は、「酸素中毒」の解説の一部です。
「肺」を含む「酸素中毒」の記事については、「酸素中毒」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「*肺*」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/06/19 08:37 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. ハイ両生類より進化進んだ脊椎動物空気呼吸行う器官肺臓

関連語

訳語

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「 肺」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



*肺*と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

*肺*のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



*肺*のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの肺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの五臓六腑 (改訂履歴)、スターリング方程式 (改訂履歴)、神経内分泌腫瘍 (改訂履歴)、関節リウマチ (改訂履歴)、酸素中毒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS