*肩とは? わかりやすく解説

かた【肩】

読み方:かた

人の腕が胴体接続する部分の上部、および、そこから首の付け根にかけて部分。「—をもむ」「—を組む」

動物の前肢や翼が胴体接続する部分の上部。

衣服の、1相当する部分。「—にパッド入れる」

物の上部のかどの部分。「—書き」「各句の—に番号を付ける

地形物の形などの、1相当する部分。「道路の—」「壺の—」

山頂から少し下った所にある平らな所。「—の小屋

球などを投げる力。「—が弱い」

物をかつぐ力。「足をくじいた友人に—を貸す」

背負った責任。「乗客の安全は運転士の—にかかっている

10 新聞一面左上端を占め記事多くの場合トップ記事次いで重要とされる。→頭(あたま)

11肩に倶生神(くしょうじん)が宿っていて、運命支配するという俗信から》運。めぐりあわせ

此方等のやうな—の悪い夫婦なれば」〈鳩翁道話・一〉

[下接語] 後(あと)肩・襟肩五十肩先肩四十肩半肩・一(ひと)肩・路肩(がた)怒り肩・地(じ)肩・撫(な)で肩


けん【肩】

読み方:けん

常用漢字] [音]ケン(呉)(漢) [訓]かた

[一]ケン〉かた。「肩章双肩比肩

[二]〈かた〉「肩車肩身路肩

難読肩巾(ひれ)


法の場合は法肩、道路の場合路肩という。


かた 【肩】

肩は「肩で風を切る」「肩を落す」などのようにある意味表現されるとされ、倶生神宿っていて人の運命支配するとの俗信が日本にある。ゲルマン神話では最高神オーディン肩に思考記憶二羽烏がいて、見聞したことを神にささやいたとされ、インドでは貴人敬意を現すとき右肩あらわにした。仏教の偏右肩はこれである。中国では前漢武将周勃呂氏の乱鎮めた時、呂氏味方する者は右肩をぬぎ、劉氏味方する者は左肩をぬげといった故事から、味方する者を左という。また、謝罪のため右肩をぬぐのを肉ともいう。日本の祭に童児肩車にする風があるのは、神聖さを土で汚さないの意味がある。→ 倶生神 偏右肩

作者下畑卓

収載図書少年短編小説少年詩集
出版社三一書房
刊行年月1996.9
シリーズ名少年小説大系


作者柳美里

収載図書
出版社メディアファクトリー
刊行年月2000.2


読み方
かた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 13:57 UTC 版)

(かた、英:shoulder)とは、


  1. ^ a b デジタル大辞泉【肩】
  2. ^ 『学鐙』第76巻、1979、p.63
  3. ^ a b c d e f g h i j k 川島敏生『ぜんぶわかる 筋肉・関節の動きとしくみ事典』成美堂出版、2013、p.10-11


「肩」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/22 06:06 UTC 版)

解剖学における運動の表現」の記事における「肩」の解説

屈曲前方挙上):参考可動域180度基本軸は肩峰を通る床への垂直線立位または座位)。移動軸は上腕骨測定肢位及び注意点前腕中間位とし、体幹動かないよう固定脊柱前後屈ないよう注意する伸展後方挙上):参考可動域50度。基本軸は肩峰を通る床への垂直線立位または座位)。移動軸は上腕骨測定肢位及び注意点前腕中間位とし、体幹動かないよう固定脊柱前後屈ないよう注意する外転側方挙上):参考可動域180度基本軸は肩峰を通る床への垂直線立位または座位)。移動軸は上腕骨測定肢位及び注意点体幹後屈起こらないように90度以上になったら前腕回外することを原則としている。 内転:参考可動域は0度。基本軸は肩峰を通る床への垂直線立位または座位)。移動軸は上腕骨測定肢位及び注意点体幹後屈起こらないように90度以上になったら前腕回外することを原則としている。 外旋:参考可動域60度。基本軸は肘を通る前額面への垂直線移動軸は尺骨測定肢位及び注意点上腕体幹接して肘関節前方90度屈曲した肢位で行い前腕中間位とする。 内旋:参考可動域80度。基本軸は肘を通る前額面への垂直線移動軸は尺骨測定肢位及び注意点上腕体幹接して肘関節前方90度屈曲した肢位で行い前腕中間位とする。 屈曲平内転):参考可動域135度。基本軸は肩峰を通る矢状面への垂直線移動軸は上腕骨測定肢位及び注意点肩関節90度外転位とする。 伸展外転):参考可動域30度。基本軸は肩峰を通る矢状面への垂直線移動軸は上腕骨測定肢位及び注意点肩関節90度外転位とする。

※この「肩」の解説は、「解剖学における運動の表現」の解説の一部です。
「肩」を含む「解剖学における運動の表現」の記事については、「解剖学における運動の表現」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/22 06:06 UTC 版)

解剖学における運動の表現」の記事における「肩」の解説

外旋:参考可動域90度基本軸は肘を通る前額面への垂直線移動軸は尺骨測定肢位及び注意点前腕中間位とする。肩関節90度外転し、かつ肘関節90度屈曲した肢位で行う。 内旋:参考可動域70度。基本軸は肘を通る前額面への垂直線移動軸は尺骨測定肢位及び注意点前腕中間位とする。肩関節90度外転し、かつ肘関節90度屈曲した肢位で行う。 内転:参考可動域75度。基本軸は肩峰を通る床への垂直線移動軸は上腕骨測定肢位及び注意点20度または45度肩関節屈曲位行い立位で行う。

※この「肩」の解説は、「解剖学における運動の表現」の解説の一部です。
「肩」を含む「解剖学における運動の表現」の記事については、「解剖学における運動の表現」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 06:12 UTC 版)

投手」の記事における「肩」の解説

上腕骨近位骨端線離開 肩甲上腕関節構成する上腕骨骨端線離れてしまうもの。10歳から15歳の成長期投手多く生じ症状でリトルリーグショルダー(リトルリーガーズショルダー)ともいう。 肩峰下インピンジメント症候群 肩峰下面腱板の上腕骨を軸とする回転運動の際の衝突インピンジメント)によって生じ症状悪化する炎症腱板炎)や断裂腱板断裂)などを引き起こすもの。

※この「肩」の解説は、「投手」の解説の一部です。
「肩」を含む「投手」の記事については、「投手」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「*肩」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/29 03:21 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. かた)うでの胴体に付く関節の上箇所

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「 肩」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

*肩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



*肩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
山と高原地図山と高原地図
CopyrightcShobunsha Publications, Inc. All rights reserved.
山と高原地図
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの肩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの解剖学における運動の表現 (改訂履歴)、投手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS