*嵌とは?

かん【×嵌】

[音]カン(漢) [訓]はめる はまる

はめこむ。「嵌合嵌入象嵌(ぞうがん)」


はまり【填・嵌】

〔名〕 (動詞「はまる(填)」の連用形名詞化

① はまること。嵌入(かんにゅう)。

ぴったり合うこと。あてはまること。また、そのあてはまりかた

医師高間一氏1941)〈田畑修一郎〉四「そのまま彼は今云ったやうな姿勢とぼんやりした考へに落ちこむのである。それは何かはまりのいいところがあるらしかった」

女色などにおぼれたり熱中したりすること。また、そのための失敗

評判記・もえくゐ(1677)「およそこのみちを、すこしにてもしり初し人、はまりのしなはかはるとも」

策略おちいること。だまされること。

仮名草子都風俗鑑(1681)三「女の身として芝居元をするとておほき成はまりにあひて」

(5) 考えちがい。まちがいあてはずれ

浄瑠璃日本西王母(1699頃)一「大抵の梅桜同じ事に思(おぼ)するさうなが、それは大きなおはまり

(6) 鷹狩で、追い落とすこと。また、そのや、その落ちた場所。〔藻塩草(1513頃)〕


はま・る【填・嵌】

〔自ラ五(四)

① ぴったりと合ってはいる。ちょうどうまくはいる。〔観智院本名義抄(1241)〕

青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「指環の箝(ハマ)った指でビイルの罎を弾きながら」

② うまく条件に合う。適当する。あてはまる。

評判記色道大鏡(1678)四「此風によくはまりたる傾城は」

*女ひと(1955)〈室生犀星明治暮雪彼は不如帰川島武夫とか〈略〉上流の子弟とかの扮装がよくはまってゐて」

心をうちこむ。意気ごむ熱中する。

政談1727頃)三「殊の外かたじけなき物なる故、是よりして役儀にはまる心出来る者也」

深み落ちこむ。陥る。川など水のあるところにいうことが多い。

玉塵抄(1563)一五「さきゑもあとゑも谷ゑはまった者はさしひきならぬぞ」

(5) 何かにかかわりあってそれから脱け出せなくなる。夢中になる。また、特に異性魅力におぼれる。

日葡辞書(1603‐04)「アクニ famaru(ハマル)」

多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「女に溺(ハマ)って訳もなく家蔵潰したり」

(6) ある事柄に関係したり仲間に加わったりする。

歌舞伎霊験曾我籬(1809)九幕「素直に出るは、こりゃアコレ長兵衛一枚はまってゐる故だと思やれ」

(7) 策略にひっかかる。いっぱいくわされるだまされる

咄本軽口露がはなし(1691)五「そちは大き成うそをつき、おれをはまらした」


は・む【填・嵌】

〔他マ下二〕 ⇒はめる(填)


は・める【填・嵌】

〔他マ下一〕 [文]は・む 〔他マ下二

落としこむ。投げ入れるまた、身を投げる

万葉(8C後)一七・三九四一「鳴くくら谷打ち波米(ハメ)て焼けは死ぬとも君をし待たむ」

日本橋(1914)〈泉鏡花五七ひょいと抱上げて、ドブンと川に溺(ハ)める」

物の内側に、あるいは表面にぴったりと合うように入れる。さし入れる。さしこむ。うめる。「(おけ)に箍(たが)をはめる」 〔名語記(1275)〕

*それから(1909)〈夏目漱石〉四「白い手手套を穿(ハ)めない━を角燈照らした」

条件合わせてうまく入れる。

咄本軽口大黒柱(1773)四「どうぞあんばいよい所へ、はめたい物じゃと」

第三者(1903)〈国木田独歩〉一「妙な役廻にはめられる者だ」

とりつけるつがえる

御伽草子袋の草子室町時代物語大成所収)(室町末)「さあらば、ゆみに、やをはめて、かごのかづらを、いきらばや」

(5) 性交する。

雑俳柳多留九一(1826)「入るたてる寐るのるはめる直に百」

(6) いっぱいくわせる。だます。欺く

浮世草子新吉原常々草(1689)上「是は命をとり給ふと人をはめて我たのしみ」

(7) 深入りさせる。溺れさせる。

浄瑠璃生玉心中(1715か)下「嘉平次故に身をはめて、かはるまいとの七枚起請


かん‐・する【嵌】

〔他サ変〕 [文]かん・す 〔他サ変〕 はめる。はめこむ

米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「其製本も亦荘厳極む、金を摺り玉を嵌し、美を尽し善を尽せるあり」


すが・る【嵌】

〔自ラ五(四)〕 はめ込まれる。さし込んで取りけられる。すげられる。

落語恵方詣(1890)〈三代目三遊亭円遊〉「の鼻諸のすがった雪踏(せった)を履いてサ」


読み方:はめ

  1. 指輪。〔第七類 雑纂
  2. 指輪のことをいふ。指にはめこむのであるから。〔犯罪語〕
  3. 〔犯〕指輪のこと、指に篏めるものと云ふ義、「ワツパ」に同じ。
  4. 指輪のことをいふ。
  5. 指輪を云ふ。
  6. 指輪。〔一般犯罪
  7. 指輪のこと。

分類 犯、犯罪犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 06:55 UTC 版)

発音(?)

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「*嵌」の関連用語

*嵌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



*嵌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS