*侭とは?

まま【×儘/随/任】

《「まにま」の音変化多く連体修飾語を受けて形式名詞的に用いられる。

その状態に変化のないこと。それと同じ状態。「昔の—」「現状の—」「立った—の姿勢

多く「ままになる」の形で用いる)思い通りの状態。自由。「意の—になる」「こう物価高だと買物も—にならない

成り行きにまかせること。古くは「…ともままよ」「…とままよ」などの形で用いられることが多い。「成すが—」

「ナンデアロウトモ—ヨ」〈天草本伊曽保・と羊の譬〉

(ふつう文字かたわらに「ママと書く)論文写本校正などで、引用した原文底本のとおりであることを示す語。→い(意)のまま →ままならぬ →ままに →ままよ

[下接語] 有りの儘思いの儘思う儘着の身着の儘気儘・心の儘・この儘自儘その儘身儘我が儘


まんま【×儘】

「まま」の撥音添加。「散らかした儘出かける


まま【儘・随】

1 〔名〕 (「まにま」「まにまに」と同語源。修飾語句を受けて、形式名詞ふうに使われることが多い。また、助詞「に」を伴って接続助詞のように用いられる。→ままに)

① (体言、または用言による修飾を受けて)そのもの動き変化、あるいはそういう動作追従して、次の行動なされるさまを表わす

(イ) そのとおり任せ従うこと。

源氏100114頃)乙女「ただ宣ふままの御心にて」

(ロ) (特に、人を表わす体言による修飾を受けて)その人の思うとおり、心のとおりであるさま。

落窪(10C後)一「まして北の方の御ままにて、はかなき事多かり

浄瑠璃鑓の権三重帷子(1717)上「いや我一人のままにもならず」

② (体言による修飾を受けて)そのもの変わらないさま。そのとおりであるさま。そっくりであるさま。

(10C終)九六うつくしみかなしがり、これが声のままに言ひたることなど語りたる」

③ (用言による修飾を受けて)そのような動作が終わって後、あらためて他の事をしないでいるさま。また、そのような状態が継続しているさま。

源氏100114頃)末摘花「『内裏(うち)よりか』と宣へば『しか、まかで侍るままなり』」

④ 上にくる修飾句の表わす状態に従っただけである、という気持を示す。理由説明する文に用いられるので、…のためだけであるさま、の意となる。

*虎寛本狂言二人大名室町末‐近世初)「太刀持てもらい度さのままでをりゃる」

(5)放任する気持込めて)勝手であるさま、思い通りであるさま。

(イ) 「なり」「である」などの断定の語がつづく場合

史記抄(1477)一八何にとせうともままなる理ぢゃほどにぞ」

(ロ) 文末にあって、つづく断定の語を省略する場合時には感動終助詞が付くこともあり、「ままよ」などの形で発語的に使われることもある。→ままよ(儘━)。

浮世草子傾城色三味線(1701)湊「親達内儀に不足あって、家出をいたされふとまま」

(6) 書物などの校訂で、「底本のまま」「原文どおり」の意を示す語。原文のままでは文意通じにくかったり、明らかに誤りがあると認められる場合翻字者の誤りではなく原文がすでにそうなっているのだということを示すために、問題箇所の右傍に片仮名小さくママと記す。

2 〔接助〕 ((一)から) 用言または助動詞連体形接続する。

① (多く完了の助動詞「た」につづけて、「…たまま」の形で用いる) ある動作や状態が保たれた状況で、別の動作がなされたり別の状態が起こったりする意を表わす

歯車(1927)〈芥川龍之介〉一「僕は巻煙草を啣へたまま、〈略〉冷笑しない訣には行かなかった」

② (多く手紙などに用いて理由説明する意を表わす。…ので。…によって。「是非一度お目にかかりたきまま、御都合の程お聞かせ願えれば幸甚に存じます

*虎明本狂言引敷聟室町末‐近世初)「あまりまいがみぢかく候まま、さゆうへまはりて御まい候へ


まんま【儘】

〔名〕 「まま(儘)」の変化した語。

雑俳柳多留‐三(1768)「気のもめる日は朝めしのまんま也」

三四郎(1908)〈夏目漱石〉七「座敷へ入れたまんま雨戸を閉(た)てて」


名字 読み方
まま
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

読み方
まま

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 05:03 UTC 版)

発音(?)


出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 02:18 UTC 版)

発音(?)



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「*侭」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

*侭のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



*侭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2022 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS