*于*とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 漢字辞典 > *于*の意味・解説 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/18 00:43 UTC 版)

(う、)は、漢姓のひとつ。『百家姓』の82番目。


  1. ^ 元和姓纂』上平十虞・于。「周武王第二子邘叔子孫以国為氏、後去「邑」為于。」
  2. ^ 鄭樵通志』巻二十六・氏族略・淳于氏、1161年。「『風俗通』曰、春秋時小国也。桓五年不復其国。子孫以国為氏。唐元和初、避憲宗嫌名改于氏。」


「于」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/10/05 02:43 UTC 版)

発音(?)

熟語


  • 画数:3
  • 音読み:ウ、 ク
  • 訓読み:ここに、 ゆく、 ああ、 おいて、 に、 より、 を
  • ピンイン:yu2
  • ハングル:우
  • 対応する英語:going, from
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「*于*」の関連用語

*于*のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



*于*のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの于 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS