PT002 PT002の概要

PT002

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/31 04:51 UTC 版)

au PT002
キャリア au
製造 パンテック&キュリテル
発売日 2011年2月23日
概要
OS REX OSKCP
CPU Qualcomm QSC6075
192MHz
音声通信方式 3G:CDMA 1X
CDMA2000 1xMC
(800MHz[1]/新800MHz/2GHz)
データ通信方式 3.5G:CDMA 1X WIN
(Packet WIN)
CDMA2000 1xEV-DO Rel.0
3G:CDMA 1X
(Packet 1X)
(CDMA2000 1xMC)
形状 折りたたみ式
サイズ 108 × 49 × 16.4 mm
質量 122 g
連続通話時間 約320分
連続待受時間 約380時間
(移動と静止の組合せ)
外部メモリ microSDHC
(最大16GB・KDDI公表)
日本語入力 ATOK for au + APOT
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
備考 1. SAR値:1.22W/kg
2. 製造国:韓国の旗 韓国
3. IPX5、IPX7相当の防水機能に対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 ワイドQVGA(240×400ドット)
サイズ 3.0インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 200万画素CMOS
機能 AF
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ネイビーブルー
シャイニーシルバー
ライトピンク
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

概要

  • 既存の京セラ製の同キャリア向け2010年夏秋モデルのK006(KY006)同様、800MHz帯周波数の再編に伴い、既存のcdmaOne端末(Cシリーズ全般)およびCDMA 1X端末(Aシリーズ全般)の代替ユーザーを想定して開発されたシンプルでなお且つベーシックな折りたたみ式の音声端末で主に通話とメールだけの機能に集約している。
  • ベーシック系の端末故におサイフケータイワンセグ、LISMO! BOOKを除くLISMO! 等の各機能は搭載されていない。
  • また、本機は同社製の通話専用端末のPT001同様、聞き取りにくい高い声を聞きやすくする高帯域補正機能が搭載されている。
  • 後継機種のPT003では基本プラットフォームにKCPに代わり、新たにBrew MPが搭載されたため、同社製のフィーチャーフォンとしては最後のKCP搭載機種となった。

沿革

対応サービス

主な対応サービス
LISMO Book 着うた
(ハイクオリティステレオ(HE-AAC)対応)
待ちうた
着うたフル
着うたフルプラス
LISMOビデオクリップ LISMO Video
EZニュースフラッシュ
EZニュースEX
(Web版のみ対応)
EZチャンネル
EZチャンネルプラス
Touch Message EZFeliCa
PCサイトビューア EZアプリ FullGame! EZアプリ(B) オープンアプリプレイヤー
ケータイ de PCメール デコレーションメール デコレーションアニメ au one メール
EZナビウォーク EZ助手席ナビ 安心ナビ 災害時ナビ
緊急地震速報 ワンセグ グローバルパスポート
(レンタルサービス)
au BOX
au Smart Sports
(Run & Walk)
※別途ダウンロードが必要
赤外線通信
(IrDA)
auフェムトセル
じぶん銀行用アプリ
「じぶん通帳」
通話モード

など




  1. ^ 2012年7月23日より利用不可


「PT002」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「PT002」の関連用語

1
14% |||||


3
10% |||||

4
10% |||||

5
10% |||||

6
8% |||||

7
8% |||||

8
8% |||||

9
8% |||||

10
8% |||||

PT002のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




PT002のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPT002 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS