P-03D P-03Dの概要

P-03D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/18 05:08 UTC 版)

NTTドコモ P-03D
キャリア NTTドコモ
製造 パナソニック モバイルコミュニケーションズ
発売日 2011年12月7日
概要
OS Access Linux Platform + OPP(L)
音声通信方式 3G:FOMA(W-CDMA)
2G:GSM
3G:800MHz、850MHz、1.7GHz2GHz
(2G: 900MHz、1800MHz、1900MHz)
データ通信方式 3G:FOMA(HSDPA)
サイズ 高さ 約 113mm×幅 約 521mm×厚さ 約 16.1mm
質量 121 g
連続通話時間 約200分
テレビ電話:約100分
連続待受時間 約580時間
外部メモリ microSDメモリーカード(2GBまで・ドコモ発表)
microSDHCメモリーカード(32GBまで・ドコモ発表)
日本語入力 iWnn
赤外線通信機能 IrMC ver1.1準拠
Bluetooth なし
放送受信機能 ワンセグ対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 フルワイドVGA+
(480×854ドット
サイズ 3.4インチ
表示色数 26万2144色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約 1320万画素画素CMOS
機能 AF
手ぶれ補正機能
サブカメラ
画素数・方式 約130万画素画素CMOS
カラーバリエーション
Pink
Pink Gold
Black
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

概要

LUMIX Phoneのブランド名は冠しておらず、VIERAケータイシリーズとなっているがP-05Cの事実上の後継機種である。ただし、NTTドコモのフィーチャーフォン向けラインナップの見直しによりdocomo PRIME seriesが廃止されたため、モバイルPEAKSプロセッサー等の機能を一部カットしdocomo STYLE series扱いとしている。
本機種では通常のスライド式のように上方向へのスライドのほか下方向へのスライドも可能となっており、下方向にスライドさせると130万画素と高機能な内側カメラが現れ、ハンドミラーが起動するようになっており、さらにワンタッチでインカメラが起動するようになっている。
また、パナソニック製スライド端末ではおなじみのスピードセレクター構造を採用しており、3色のカラーバリエーションのうちPink、Pink Goldのスピードセレクターはジュエリーカットデザインを採用している。
そのほかにもIPX5/7等級の防水性能も備えている。

その他機能

主な対応サービス
タッチパネル FOMAハイスピード
(送信2.0Mbps/受信7.2Mbps)
Bluetooth DCMXおサイフケータイ
iアプリオンライン地図アプリ 直感ゲームメガiアプリ iウィジェット マチキャラiコンシェル(※)
ホームUポケットU GPS(※)/ケータイお探し デコメールデコメ絵文字デコメアニメ iチャネル
着もじ テレビ電話/キャラ電 ケータイデータお預かりサービス フルブラウザ
おまかせロックバイオ認証 外部メモリーへiモードコンテンツ移行/ユーザーデータ一括バックアップ トルカ iC通信iCお引越しサービス
きせかえツール/ダイレクトメニュー バーコードリーダ名刺リーダ 2in1 エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新
GSM3GローミングWORLD WING 着うたフルうた・ホーダイ Music&Videoチャネルビデオクリップ デジタルオーディオプレーヤー(WMA)(AAC)(SDオーディオ)

※オートGPS対応

プリインストールアプリ






「P-03D」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「P-03D」の関連用語

P-03Dのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

林銑十郎

テグス

ロージィ・ブラックファントムテトラ

那賀川用水

デリカ バン

大原新田

吹抜けシャンデリア

ダークレッドメランチ





P-03Dのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのP-03D (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS