NTT東日本伊豆病院 NTT東日本伊豆病院の概要

NTT東日本伊豆病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/14 08:31 UTC 版)

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg NTT東日本伊豆病院
NTTEASTIZUGAIRAi.jpg
情報
英語名称 NTT EAST Izu Hospital
前身 伊豆逓信病院
標榜診療科 内科、消化器科、呼吸器科、神経内科、整形外科、放射線科、リハビリテーション科、皮膚科、精神科、歯科
許可病床数 196床
精神病床:46床
一般病床:50床
療養病床:100床
機能評価 一般・精神・療養100床以上200床未満:Ver5.0
開設者 東日本電信電話株式会社
管理者 黒澤崇四(院長)
開設年月日 1944年3月
所在地
419-0193
位置 北緯35度5分23.9秒
東経138度57分25.7秒
座標: 北緯35度5分23.9秒 東経138度57分25.7秒
二次医療圏 駿東田方
PJ 医療機関
テンプレートを表示
第一病棟

目次

概要

広大な敷地で緑が豊富な病院であり遊歩道などもある。写真の本棟の他、第一病棟、第二病棟、ヘルスケア棟(人間ドック、健康診断、宿泊施設)、リハビリ棟、福祉施設(白寿園)などが敷地内に点在する。
建物内には売店としてヤマザキデイリーストアが入っているほか、入院施設や宿泊等では、インターネット用のLANが利用可能となっている。

リハビリテーションに大変力を入れている病院であり、身障者、リハビリ入院患者のための、夏祭り、秋祭り(文化祭)が函南町の地域住民有志、NTTグループのボランティア団体などによって開催されている。

診療科

この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

歴史

(伊豆病院だより14号より)

  • 1944年3月 東京第一陸軍共済病院として創設
  • 1945年12月 第二次世界大戦終結に伴い、財団法人共栄会函南病院と改称
  • 1946年6月 日本医療団に移管され、日本医療団函南病院と改称
  • 1947年4月 施設一切が大蔵省に移管され、財団法人政府職員共済組合連合会函南病院と改称
  • 1947年7月 逓信省に移管され、伊豆逓信病院と改称(東京逓信局に所属)
  • 1949年8月 逓信省の機構改革に伴い電気通信省に移管
  • 1952年8月 日本電信電話公社設立に伴い移管
  • 1969年4月 組織整備により関東逓信病院(現NTT東日本関東病院)の分院となる
  • 1970年12月 リハビリテーション業務を開始
    • これは全国でもかなり先進的な取り組みであった
  • 1985年3月 結核病床を廃止
  • 1985年4月 日本電信電話公社の民営化に伴い、NTTの組織下に(病院の名称はそのまま)
  • 1985年11月 関東逓信病院から独立
  • 1999年6月 中央手術室の閉鎖及び外科系診療科の廃止
  • 1999年7月 NTT再編に伴いNTT東日本伊豆病院に改称
    • ちなみに、病院の所在地はNTT西日本のエリアに属する

各種機関指定

  • 保険医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 臨床研修指定病院
  • 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)に基づく指定病院又は応急入院指定病院
  • 精神保健指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 原子爆弾被害者医療指定医療機関





「NTT東日本伊豆病院」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

NTT東日本伊豆病院に関連した本

NTT東日本伊豆病院に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「NTT東日本伊豆病院」の関連用語

NTT東日本伊豆病院のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




NTT東日本伊豆病院のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNTT東日本伊豆病院 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS