KDX豊洲グランスクエア KDX豊洲グランスクエアの概要

KDX豊洲グランスクエア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/19 05:34 UTC 版)

KDX豊洲グランスクエア
情報
設計者 清水建設
施工 清水建設
敷地面積 20,448.87 m²
建築面積 7,562.91 m²
延床面積 63,661.47 m²
階数 地上10階
着工 2007年
竣工 2008年5月
所在地 135-0062
東京都江東区東雲一丁目7番12号
テンプレートを表示

概要

2008年に竣工したオフィスビルで、ワンフロア当りの賃室面積はおよそ5,100m²(1,550坪)もあり、都心部では最大級のサイズである。なぜか,稼働率は80%台前半と低調に推移していると推測される。

1階には入居企業社員が利用出来る低価格?社員食堂やカフェテリア、貸会議室を除くとローソンタリーズしかテナント入居していない。

建物中央部にはアトリウム空間として最上階までの吹き抜けがあり、6機のガラス張りエレベーターが備えられている。(

アトリウムの周囲、2階より10階迄の部分が企業向け賃貸オフィススペースとなっており、ICカードを用いた集中セキュリティやセグメント毎の自動空調制御システム、OAフロア、ITネットワーク向けインフラ等、近代的オフィスビルとしての環境が整っている。また、太陽光の入射角度に応じて自動制御されるアトリウム天井部分のオートカーテンや賃室部分のオートブラインド等、CO2削減を目的とした省エネシステムも完備されている。

眺望

建物の西・北面は直接東京湾東雲運河)に隣接しており、運河越しに都心を見渡す事ができる。

アクセス

豊洲公園前の一般道(屋根無し)からは運転の荒い無料送迎シャトルバスが定期巡回しており、来訪者は無料で利用できる(日中は毎時6便の運行[1]。但し朝ラッシュ時には1時間当りおよそ10便での運行)。ところが朝夕のラッシュ時(特に荒天時)には乗車できる人員は限られ待たされたあげく歩くこともしばしばあり都心へのアクセスは。夜9時以降は1時間に3本しか無い。土曜日は全くバスが無い。このけんについては対策を検討している模様

主な入居企業

  • 9階 東電設計株式会社(受付)(東京電力系企業)
  • 10階 東電設計株式会社



「KDX豊洲グランスクエア」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「KDX豊洲グランスクエア」の関連用語

KDX豊洲グランスクエアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




KDX豊洲グランスクエアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのKDX豊洲グランスクエア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS