KBCラジオ 番組

KBCラジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/25 16:24 UTC 版)

KBCラジオ(ケイビーシーラジオ)は、九州朝日放送が行っているラジオ放送の呼称。社史は九州朝日放送#沿革を参照。




  1. ^ 2015年9月27日までは『元気あげちゃう』だった。
  2. ^ 道上洋三の健康道場』などのJRN系列番組は、(ライバル関係にある「毎日」系列の)RKBラジオで放送されている。
  3. ^ RKBラジオと同様、日曜日にナイター中継が放送される場合、21:00以降の番組の放送時間が繰り下がるため、その場合の休止時間はこれより短くなる。また、月1回に放送される「中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ」を放送する日は、その前座として、1:35(ナイター中継延長の場合、その分繰り下げ)から3:00まで「オールナイトKBC」を放送するため、放送休止時間がない。
  4. ^ 福岡県、熊本県及び宮崎県内における災害対策及び中波ラジオ難聴地域の一部解消に向けて-中波ラジオ放送のFM方式による補完中継局に予備免許を付与- - 総務省九州総合通信局・報道資料(2015年9月2日)
  5. ^ KBCラジオがFMでも聴けるようになります!
  6. ^ ワイドFM開局記念 RKB・KBC共同イベント『熱ラジ!』
  7. ^ a b c d e f g h i j k l KBC中継局(放送)の概要(総務省) (PDF)
  8. ^ 番組表の表記、暦では月曜 3:00 - 5:00
  9. ^ 当番組からスピンオフされた「医療界キーパーソンに聞く」はRKBラジオで放送されている
  10. ^ KBC-INPAX編成時の1990年10月 - 1991年3月に、サタデーイブニングスロープ内で「KBCカウントダウン ホット20」として、内包された
  11. ^ 後にエフエム京都ZIP-FMセント・ギガが「ワンフォーマット編成」を取り入れている
  12. ^ KBC-INPAX編成前に放送されていた『栗之助の縦横無尽』『コーク サウンドポップアップ』などは、改編後も継続した
  13. ^ 1991年春からの7:00 - 10:00は「永田時彦 モーニングスロープ」に番組タイトルを変更。6:00 - 7:00は清水千春1人で進行、永田時彦は7:00から登場した
  14. ^ 1990年4月 - 9月まで、月のみ14:00 - 21:00
  15. ^ 声優の田村ゆかりが、“3Pギャル”のメンバーの一人として出演していた
  16. ^ KBC-INPAX編成終了後は、番組タイトルを「中島浩二アワー THE3P」に変更して、放送を継続した
  17. ^ 後に、7:00 - 9:00は「サタデーモーニングスロープ」に改題
  18. ^ 1990年10月 - 1991年3月は木村匡也が担当し、人気番組だった「ベイ ステーション」を内包する形で放送された
  19. ^ RCCラジオにもネット
  20. ^ KBC-INPAX編成時はプロ野球シーズン中に、ナイター中継のない月曜日の夕方に編成された
  21. ^ 2008年9月までは、サンデーミュージックカウントダウンとして放送
  22. ^ 女性パーソナリティは後に小山田京子から、前原さとみに変更


「KBCラジオ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「KBCラジオ」の関連用語

KBCラジオのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

5.56mm機関銃

小田 鉄兵

こうせい ずり

床版上面増厚工法

アラブ

外側環軸関節

地方自治法施行60周年記念 岩手県分 5百円バイカラー・クラッド貨幣

アーク溶接





KBCラジオのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのKBCラジオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS