DXライブラリ DXライブラリの概要

DXライブラリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/13 18:42 UTC 版)

DXライブラリ
作者 山田巧
初版 2001年5月7日(13年前) (2001-05-07
最新版 3.12c / 2014年8月10日(3か月前) (2014-08-10
プログラミング言語 C++
対応OS Microsoft Windows
サポート状況 開発中
種別 ライブラリ
ライセンス オープンソース
公式サイト DXライブラリ置き場
テンプレートを表示

ライブラリ自体の著作権は開発者の山田巧が保持しているが、ライブラリはオープンソースとして公開されている[1]。詳細なライセンスは定義されていないが、ソースコード配布時に限り著作権表示を求めている[2]

概要

専門学校ゲーム学科[3]で既に使用されていた一般公開されていない教材(ライブラリ)を元に、関係者の協力の下、山田巧が開発した[4][5]2001年5月に初版がリリースされてから、2014年8月現在でも開発が進んでいる。名称は「DirectXライブラリ」から由来している[6]

ライブラリ独特の仕様が少なく自由度が高いため、ゲームジャンルや開発規模に制約されないことを特徴に上げている。DirectXおよびWindows APIを意識せずに使えるように設計されているほか、C++用のライブラリではあるがC言語の知識だけでも扱えるよう工夫されている。公式にライブラリの関数リファレンスページやサンプルプログラムが用意されているが、掲載されていない関数もある[7]

OSWindows98以降が必要である。DirectXおよびWindows APIを使用しているため、全体的にWindowsに依存しておりマルチプラットフォーム設計ではない。ただし、有志によってPlayStation Portableで動作する派生ライブラリを開発するプロジェクトは存在する。

サポートされている開発環境はVisual C++BorlandC++Gnu C++の他にも、Visual C#用パッケージも用意されている。ライブラリ単体でDirectXが利用できるよう設計されているため、DirectXのSDKがなくてもコンパイルできる。ライブラリは静的リンク方式(*.LIB)でのみ提供されておりDLLは存在しない。

非公式ながら、Visual C#用パッケージと独自のソースファイルを組み合せ、Hot Soup Processor(HSP)での使用も試みられている。

沿革

小規模なアップデートは省略する。

  • 2001年5月 - 初版リリース
  • 2001年5月 - 通信関係の機能追加
  • 2001年5月 - lib形式(静的リンク方式)での配布に決定・変更
  • 2004年4月 - 開発環境・BorlandC++に対応
  • 2005年9月 - DirectX SDK不要でコンパイル出来るように
  • 2005年11月 - マルチタスク環境に対応
  • 2009年9月 - DirectXのバージョンを9に変更
  • 2010年7月 - Unicode設定によるコンパイルに対応
  • 2011年7月 - 通信関係がIPv6に対応
  • 2012年5月 - Visual C++のx64版追加

サポートされている機能

ゲーム開発用に設計されたライブラリのため、ゲーム開発における関連技術を中心にサポートしている。一方で、一般的なアプリケーションの開発に必要なウィジェット(コントロール)はサポートされていない。

なお、3Dグラフィックス機能としてMikuMikuDanceのモデルファイルとモーションファイルの読み込みにも対応しているが、一部仕様に違いが見られる。


  1. ^ ダウンロードページ 「改造希望の方へ」
  2. ^ a b 著作権関係 <<DXライブラリのライブラリファイルやソースコードの再配布について>>
  3. ^ 学校名などの詳細は公表されていない
  4. ^ 仕様&特徴説明 「ライブラリ制作にご協力していただいた方」
  5. ^ インタビュー1-2 of Visual Studio2010編予告サイト(LibroWorks Inc)
  6. ^ 説明書参照(Ver 3.06c時点)
  7. ^ リファレンスページとライブラリのヘッダファイルを比較のこと
  8. ^ カリキュラム(芸術学部) (東京工芸大学
  9. ^ TDG BLOG » 【ゲームクリエイター科】第2回目 AOプレスクール! (東京デザイナー学院
  10. ^ 環境情報学科 プログラミング入門 ゲーム作成コーナー 「DXライブラリについて」 (東京情報大学
  11. ^ 14歳からはじめるC++わくわくゲームプログラミング教室―Windows98/2000/Me/XP対応 ISBN 4-8997-7165-7 第1章「ゲーム作りに欠かせないDXライブラリ」


「DXライブラリ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「DXライブラリ」の関連用語

DXライブラリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




DXライブラリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDXライブラリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS