D!アンビシャス D!アンビシャスの概要

D!アンビシャス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/22 15:03 UTC 版)

D!アンビシャス
〜熱きどさんこ魂〜
ジャンル ドキュメンタリー番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 札幌テレビ放送
出演者 明石英一郎谷口祐子(STVアナウンサー)
音声 ステレオ放送
番組開始から
放送時間 日曜日10:55 - 11:25(30分)
放送期間 2005年10月2日 - 2012年3月25日
2012年4月から
放送時間 日曜日7:30 - 8:00(30分)
放送期間 2012年4月8日 - 2013年3月31日

特記事項:
ハイビジョン制作字幕放送
テンプレートを表示

番組の概要

2005年10月2日、日曜日の10:55 - 11:25(以下時間表記はJST)にて放送開始。同社初のハイビジョン制作番組である。また、字幕放送も行われている。当初は初回放送のみ字幕放送を実施していたが、後に再放送でも字幕放送を実施するようになった。2009年4月からは、毎週土曜日の5:58 - 6:28に再放送も行っている。一時、2010年10月から2012年3月までは毎週日曜日の5:45 - 6:15(ただし『ハイ!STVです』が放送される毎月第2日曜日は15分繰り上げ)に再放送していたが、2012年4月に元の時間帯に戻った。

番組名の"D"には"どさんこ(Dosanko)"の他、"ドラマチック(Dramatic)"、"ドキュメンタリー(Documentary)"、"ドリーム(Dream)"などが込められている。

毎回、北海道を拠点に活動をする1人の人物にスポットを当て、その生き方や活躍、北海道へのこだわりなどをドキュメンタリータッチで紹介する。その人選は、誰もが知る著名人から小さい会社の社長までと様々で、番組名には「どさんこ」と銘打っているが、北海道生まれでも在住でもない人物(例:日高晤郎など)を取り上げることもある。

案内役とナレーションは明石英一郎アナウンサー。2010年4月からは谷口祐子アナウンサーも加わった。このほか本編中にレポーターとして、STVアナウンサーが登場する(明石・谷口本人が登場することもある)。

2011年1月からテレビ埼玉でも毎週木曜日23:30 - 24:00に放送されている。また、2010年7月2日から9月24日までは、兵庫サンテレビでも毎週金曜日21:30 - 22:00(再放送は翌週月曜日8:00 - 8:30)に放送されていたが、その後日曜日午後の不定期放送を経て、2011年4月6日より水曜日の18:30 - 19:00に放送を再開した(ただしナイター中継で休止の場合あり)。さらに2010年8月からはBSデジタル放送TwellV(トゥエルビ)でも毎週日曜日15:00 - 15:30に放送されている(ただし休止の場合あり)。また、tvkでも放送されている。

2012年4月8日から、日曜日9:55 - 11:25にて『マハトマパンチ』が放送開始されるのに伴い、日曜日7:30 - 8:00に移動し放送を継続したが、当番組の後に放送されているキー局日本テレビ制作の生ワイド番組『シューイチ』が30分繰り上げ拡大することにより、2013年3月25日をもって7年半の長い歴史にピリオドを打った。当番組の終了後、STV日曜午前の30分番組路線は同年4月7日から10:55 - 11:25に再移動し、『たびばん』がスタートしている。

司会・ナレーション




「D!アンビシャス」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「D!アンビシャス」の関連用語

D!アンビシャスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ベルサウルス・スイ

灰十字沸石

ベニスナゴ

合気道

南家城川口井水

大洲和紙

鳳凰竹

FIREBOLT XB12R





D!アンビシャスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのD!アンビシャス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS