黄砂 黄砂の形状と成分

黄砂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/06 04:16 UTC 版)

黄砂の形状と成分

形状

日本などの、発生地からある程度離れた地域に飛来する黄砂の粒子の大きさは、0.5 µm – 5 µm くらいであり、粒径分布では 4 µm にピークがみられる[51]。これはタバコの粒子の直径 (0.2 – 0.5 µm) より大きく、人間の赤血球の直径 (6 – 8 µm) よりやや小さいくらいである。この大きさの粒は、地質学での砕屑物の分類においては、というよりも「」(シルト粘土)にあたり、非常に小さい部類に入る。

中国で観測されるものは粒の大きいものが多く、日本で観測されるものは粒の小さいものが多い。1934年に中国から日本にかけて行われた調査では、粒の大きさは 1µm – 500 µm のものが多かったという(光学顕微鏡による調査のため微小な粒子は観測できない点に注意)。1979年名古屋で採取された黄砂の分析では、おおむね 1 μm – 30 μm のものが多く 4 μm くらいの粒子が最も多かった。粒径分布は比較的広く観測されていることから、黄砂の大粒子は、粘土粒子同士が凝集したり、やや大きい鉱物の粒子に粘土粒子が付着したりしてできたもので、集合したものとしていないものが混ざって飛来してきているのではないか、と推定されている[34]

黄砂のは、黄土色、黄褐色、赤褐色などに近い。空が黄砂に覆われた場合、粒径が小さい・濃度が低いときはミー散乱により白っぽく霞んで見え、粒径が大きい・濃度が高いときは太陽光が黄砂粒子を透過屈折することで概ね黄褐色 - 赤褐色に見える。

組成と成分

主な組成

組成を見ると、主に石英長石雲母緑泥石カオリナイト方解石(炭酸カルシウム)、石膏(硫酸カルシウム)、硫酸アンモニウムなどからなる。日本の普通の表土に比べるとカルシウムの含有率が高いことが特徴の1つである[34]

なお、砂漠に多く黄土には無い石膏が含まれていることから、黄砂は砂漠由来であるとする見方があるが、石灰岩などの主成分である炭酸カルシウムが硫酸アンモニウムと反応して石膏となることが知られており、必ずしも砂漠由来であるとは限らないとする見方もある[34]。2002年4月に黄砂の発生・飛来地域で行われたエアロゾルの成分分析では、カルシウム鉱物に占める石膏の割合が、東の地域にいくほど増加していた[52]

吸着成分

粒子の種類によって度合いは異なるものの、黄砂は空気中のさまざまな粒子を吸着する。北京など中国の主要都市では、黄砂が増加する冬季にエアロゾルの量が増加するためその多くが黄砂であると考えられているが、黄砂発生地の土壌・エアロゾルと中国主要都市のエアロゾルの成分を比較すると、後者のほうが硫酸イオン硝酸イオン、重金属であるの濃度が高くなっていた。また実験により、黄砂の粒子が触媒となって、二酸化硫黄ガスが黄砂粒子の表面に吸着されて反応し硫酸イオンになることや、中国主要都市の大気に多く含まれる硫酸アンモニウムが、湿度が高いときに黄砂に吸着され、黄砂中のカルシウムがアンモニアと置換反応して硫酸カルシウム(石膏)になることも分かった[24]

黄砂は上空を浮遊しながら次第に大気中のさまざまな粒子を吸着するため、その成分は発生する地域と通過する地域により異なると考えられている。中国・韓国・日本などの工業地帯を通過した黄砂は硫黄酸化物窒素酸化物を吸着すると考えられているが、中国と日本の茨城県つくば市でそれぞれ採取された黄砂の成分調査によると、つくば市のものは二酸化窒素 (NO2) や硫酸水素 (HSO4) が増加しており、これを裏付けている[53]。さらに、通過する地域や気象条件(汚染地域への停滞の様子など)によって、同じ地点で観測される黄砂においても、黄砂中の汚染成分の濃度が毎回変化し、汚染成分の多い黄砂と少ない黄砂の2パターンがあることも分かっている[51]

原子組成分析

2001年にアジアの黄砂発生源を3つに区分(中国西部・中国北部・黄土高原)して行われた黄砂の原子組成分析では、質量が多い順にケイ素が 24 – 30%、カルシウムが 7 – 12%、アルミニウムが 7%、が 4 – 6%、カリウムが 2 - 3%、マグネシウムが 1 – 3% ほどを占めた。このほか、微量のマンガンチタンリンなどが検出された[54]。また、北京の浮遊粒子状物質 (PM10) 及び長崎県壱岐の黄砂の分子組成分析では、どちらも二酸化ケイ素 (SiO2) が最も多く、次いで酸化アルミニウム酸化鉄酸化カルシウムなどが多く検出されている。なお、北京では大気汚染物質であるカーボン(すす)が多く検出されたほか、壱岐では北京よりも二酸化ケイ素の割合が高かった[55]

鳥取県衛生環境研究所の調査では、2005年4月に黄砂を含む大気中の成分を調べたところ、平均値に比べてヒ素が22倍、マンガンが13倍、クロムが7倍、ニッケルが3倍という高い数値を記録しており、黄砂の飛来時には大気の成分が通常とは異なることを示唆している[56]

ダイオキシン類

また、黄砂飛来時に大気中のダイオキシン類の濃度が増加するとの調査結果も出ている。台湾中央研究院環境変遷研究センターの調査では、大気中の濃度が通常時よりも 35% 増加するとの結果が出ている[57]釜慶大ダイオキシン研究センターが釜山で行った調査では、黄砂飛来時は粉塵中の濃度が通常の2.5倍(2001年)、人体への摂取量が通常時は約0.01pg-TEQ/kg/日だが、黄砂の日は0.028–0.038pg-TEQ/kg/日と2倍以上になる(2007年)、と報告されている[58]

細菌、カビ、病害

韓国農村振興庁が黄砂を採取して行った検査では、地域差があるものの、細菌の濃度が通常の大気の7–22倍、カビの濃度が15–26倍と高かった。黄砂が飛来するときに細菌やカビを吸着し、それが繁殖しやすい気温や湿度となるためではないかとされており、人間や家畜・作物への影響が懸念されている[59]。また、韓国の研究チームが2003年、黄砂の飛来する前後に行った疫学調査では、尿の成分測定で多環芳香族炭化水素 (PAH) に属する発ガン性物質が平均で 25% 増加した[60]

黄砂の後にの病害である黒さび病が増加することは日本で知られていたが、研究により同じく麦の病害である黄さび病の胞子も毎年黄砂とともに日本に飛来することが分かっている[61][62]

また、採取した黄砂を培養液に入れるとカビ類、グラム陽性菌酵母菌類などが検出されたとの研究報告がある[55]

大気中を進むうちに、日光に含まれる紫外線によって、細菌の一部は死滅すると考えられているが、化学物質が分解されて有害なものになることも懸念されている。

放射性降下物に由来するセシウム137

放射性物質の「セシウム137」は黄砂の砂塵に含まれて飛来する。中国北部の草原を調査した日本の文部科学省科研費「黄砂に含まれる放射性セシウムの起源推定」による平成19年度(2007年度)の研究成果によると、表面2cmの土壌が比較的高濃度のセシウム137いわゆる放射性物質に汚染されていた(地表2cmの表土1kgあたり5.5ベクレルから86ベクレル)。この調査地域では降水量が少ないためセシウム137が土壌の下方に浸透しづらく、さらに草原が表土の侵食を抑制するため、セシウム137が表土に高濃度の状態で残っていたのである。このセシウム137であるが、これは現行の核実験施設等ではなく、1980年代以前の地球規模の放射性降下物大気圏内核実験原子力事故等により発生)に由来するものであった(年間降水量とセシウム137の蓄積に正の相関があるために判明した)[63]


  1. ^ 小学館国語辞典編集部『日本国語大辞典』第2版(小学館、2001年)の第2巻851頁には「おうさ(黄砂)」の項目も置かれており、「こうさ(黄砂)」の項目への参照項目となっている。
  2. ^ 「砂嵐」は一般的な呼称であるが、砂嵐の粒子には大きなだけではなく、細かいのようなものも多数含まれることから、気象用語としては「砂塵嵐」(砂じんあらし)という呼称を用いる。
  3. ^ a b 検討会最終報告書、§0-2要旨
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 検討会最終報告書、§2-2
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 検討会最終報告書、§2-4
  6. ^ a b c 大気化学セッション (F118) プログラム (PDF) (F118-P011 「バックグラウンド黄砂の化学的特徴」鈴木一成, 五十嵐康人, 高橋宙, 土器屋由紀子, 赤木右,)
  7. ^ a b c d e f 検討会最終報告書、§2-5
  8. ^ 黄砂 森林技術 No.778(「中国の黄砂と日本の黄砂」,沙漠研究,13-1,2003年 および「2004年日中林業生態研修及び協力シンポジューム報告書別冊」,日中林業生態研修センター,2004年12月 の間接引用)
  9. ^ a b 東アジアにおける近年のダスト多発現象とその原因 (PDF) 黒崎泰典 三上正男, 2002, 地球環境, 7, 233-242. NAID 40005831318
  10. ^ a b 東アジアにおけるダストストーム・黄砂発生回数の変動に関する総観気候学的研究 (PDF) 吉野正敏 鈴木潤 清水剛 山本享, 2002, 地球環境, 7, 243-245. NAID 40005831319
  11. ^ a b 黄砂現象、中国北部では減少傾向に 国家気象センター 人民網日本語版、2004年8月11日。
  12. ^ a b 最近100年間の韓国における黄砂観測日数 (PDF) 全映信 金相源 趙慶美 金正淑, 2002, 地球環境, 7, 225–231. NAID 40005831317
  13. ^ a b 黄砂観測日数の経年変化 気象庁、2007年1月17日更新の情報。
  14. ^ 環境省黄砂飛来情報ページ(リニューアル版)の運用が開始されました”. 政府広報 (2008年3月). 2013年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月16日閲覧。
  15. ^ 黄砂対策への環境省の取組 環境省、2008年12月16日閲覧。
  16. ^ a b Jared Diamond, Collapse: How Societies Choose to Fail or Succeed, Viking, 2004.
  17. ^ a b 黄砂[リンク切れ] 林野庁海外協力室、2007年1月。
  18. ^ a b c d 黄砂ってなんですか? 国立環境研究所 NIES、2008年4月19日
  19. ^ a b c d e f g h i j 岩坂、2006年
  20. ^ Zhang, Xiao-Ye, et al. "Sources of Asian dust and role of climate change versus desertification in Asian dust emission." Geophysical Research Letters 30.24 (2003).doi:10.1029/2003GL018206
  21. ^ a b 黄砂の話”. 長崎県衛生公害研究所. 2013年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月19日閲覧。
  22. ^ a b c d e 黄砂の移流・拡散 Q&A”. 黄砂解析鹿児島グループ. 2013年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月9日閲覧。
  23. ^ 前進する砂漠との戦いに敗れつつある中国 レスター・R・ブラウン、2003年6月。
  24. ^ a b 「大気エアロゾルの計測手法とその環境影響評価 手法に関する研究」の概要 西川雅高、環境儀 No.8、国立環境研究所。
  25. ^ 黄砂発生源地域で、生態保護事業に成果 内蒙古 人民網日本語版、2005年4月1日、2013年1月9日閲覧。
  26. ^ a b ヨ・ウンチャン, 小池貴子訳 (2004年2月27日). “気象庁―環境部 食い違う黄砂予報”. 連合ニュース(ENVIROASIAによる翻訳・再配信). 2013年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月9日閲覧。
  27. ^ 中国北部に再び黄砂 今月4回目に 人民網日本語版、2006年5月18日、2013年1月9日閲覧。
  28. ^ a b c d BS世界のドキュメンタリー』シリーズ 中国「黄砂の脅威 前編 繰り返される黒い嵐」「黄砂の脅威 後編 湖が砂漠に変わるとき」、NHK、2008年4月3日・4日放送(CCTVが2004年に製作した『砂塵暴』より)。
  29. ^ a b パク・ウンホ (2008年3月18日). “砂漠化する中国、「スーパー黄砂」韓国到来も(下)”. 『朝鮮日報』日本語版. 2013年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月16日閲覧。
  30. ^ 乾燥地とは 井上光弘 鳥取大学乾燥地研究センター 緑化保全部門・土地保全分野、2007年5月13日閲覧。
  31. ^ 気象庁(2005)異常気象レポート2005「黄砂」。
  32. ^ An Uyghur to English Etymological Dictionary
  33. ^ 石坂茂次「1979年4月中旬の黄砂 (PDF) 」『天気』Vol.26 11号, pp.69-73, 1979年11月.
  34. ^ a b c d e f 検討会最終報告書、§2-3
  35. ^ a b c 西川雅高黄砂研究最前線 - 科学的観測手法で黄砂の流れを遡る (PDF) 国立環境研究所、環境儀No.8、2003年4月、2013年1月9日閲覧。
  36. ^ a b 황사의 특성(黄砂の特徴)”. 韓国気象庁. 2013年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月11日閲覧。
  37. ^ 西川雅高, 溝口次夫, 笹野泰弘, 金森悟, 金森暢子(1991年)「黄砂エアロゾルの降下量分布―一般環境大気測定局の利用―」、日本気象学会『天気』38巻4号、pp.221-228。
  38. ^ 冬の中国内陸部は広範な気団内部にあたり気団が比較的安定しているため、辺縁部で低気圧の通り道になる日本と違って天候は穏やかである。
  39. ^ a b 気象庁「異常気象レポート2005」、§3.2.1
  40. ^ こんにちは!気象庁です!平成20年1月号 気象庁、2008年2月。
  41. ^ アジアダスト(黄砂)の環日本海域の環境へのかかわりに関する研究 (PDF) 金潤奭, 金潤信, 岩坂泰信、2008年6月22日閲覧。
  42. ^ 山岳域における霧水中の化学成分にみられた夏期のバックグラウンド黄砂の影響 (PDF) 渡辺幸一, 『天気』52巻7号, 日本気象学会, 2005年7月
  43. ^ a b c d e f 検討会最終報告書、§2-1
  44. ^ a b 検討会最終報告書、§3-1
  45. ^ 黄砂 林野庁海外協力室、2007年1月。
  46. ^ a b 気象庁「異常気象レポート2005」、§3.2.2
  47. ^ 中国の砂漠化面積174万平方キロ 国土の18.1%に”. 中国通信 (2007年6月). 2013年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月16日閲覧。
  48. ^ a b 岐阜県黄砂対策研究会(2004年3月)『岐阜県黄砂対策研究会報告書』、2012年12月1日閲覧
  49. ^ アメリカ気象学会"Harmattan", "Haboob", "Khamsin", Glossary of Meteorology、2013年1月9日閲覧。
  50. ^ 山本桂香「黄砂現象に関する最近の動き-自然現象か人為的影響か古くて新しい問題の解決に向けて-」 科学技術動向研究センター、2006年7月。
  51. ^ a b 環境省(2009年3月)『平成14年度 - 平成19年度 黄砂実態解明調査報告書』
  52. ^ 黄砂の意外な役割 高エネルギー加速器研究機構、2006年10月12日。
  53. ^ a b 黄砂粒子が大気環境に与える影響の解明を目指して 名古屋大学太陽地球環境研究所大気圏環境部門 松見研究室、2006年5月12日。
  54. ^ Characterization of soil dust aerosol in China and its transport anddistribution during 2001 ACE-Asia (PDF) X.Y.Zhang, S.L.Gong, Z.X.Shen, F.M.Mei, X.X.Xi, L.C.Liu, Z.J.Zhou, D.Wang, Y.Q.Wang, Y.Cheng, JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH, VOL.108, NO.D9, 4261, 2 May 2003,DOI:doi:10.1029/2002JD002632.(The Dust Club, Articles on Dust Stormsによる)
  55. ^ a b c d e 市瀬孝道「2009年度秋季大会シンポジウム「東アジアの大気環境」の報告 黄砂と中国大都市粒子状物質の健康影響」、日本気象学会『天気』58巻6号、pp511-516、2011年。
  56. ^ 『読売新聞』 2006年6月18日付の記事による。
  57. ^ <黄砂>ダイオキシン濃度まで上昇へ!大型「砂塵暴」襲来、各地で被害―台湾 Record China、2008年3月3日。
  58. ^ 釜山を襲った黄砂が残した傷跡・・・ダイオキシンが混入した粉塵の被害 [リンク切れ] 釜山日報、2007年3月。
  59. ^ 「黄砂」は細菌の塊、中国現地より43倍も高い ファン・ヘイン、JanJanNews、2003年3月19日。
  60. ^ ソウル大学の姜大熙、趙秀憲、壇国大学の権鎬長らの研究チームによる調査。イム・ホ (2003年5月21日). “黄砂に大量の発がん物質”. 『朝鮮日報』日本語版. 2013年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月16日閲覧。
  61. ^ a b 黄砂(こうさ)”. 沖縄気象台. 2013年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月19日閲覧。
  62. ^ 麦 -高品質化に向けた技術開発- 3.病虫害抵抗性育種・防除技術 2.さび病類 齊藤初雄、『農林水産研究文献解題』No.23、2000年3月。
  63. ^ 黄砂とともに飛来する放射性セシウム(137Cs)”. 平成19年度 研究成果情報(第24集). 独立行政法人農業環境技術研究所. 2013年5月3日閲覧。
  64. ^ Yellow dust terrorism Andrew Leonard, Salon.com Technology, 17:51 EST, April 4, 2007.
  65. ^ 化学天気予報システムの開発-現状と将来-」 鵜野伊津志、国立環境研究所『地球環境研究センターニュース』Vol.12 No.4、pp.2-5、2001年7月。
  66. ^ 気象庁「異常気象レポート2005」、§3.2
  67. ^ 黄砂と洗車キズ[リンク切れ] 2009年2月17日閲覧
  68. ^ 黄砂による車塗装への影響 2009年2月17日閲覧
  69. ^ 『新生網』2002年5月28日付記事による。
  70. ^ 川口健史「ぜんそくの敵、脳梗塞も心配 黄砂どう備える マスク準備、外の運動NG」日本経済新聞電子版、2013年2月24日付、2013年3月3日閲覧
  71. ^ 橋爪真弘、上田佳代、西脇祐司、道川武紘、小野塚大介「黄砂の健康影響 : 疫学文献レビュー」、『日本衞生學雜誌』第65巻第3号、日本衛生学会、2010年5月15日、 413-421頁、 doi:10.1265/jjh.65.413NAID 10027812767
  72. ^ 清益功浩「アレルギーの悪化因子「黄砂」の対策法 p2」2009年4月6日、AllAbout、2013年3月3日閲覧
  73. ^ 黄砂で豚肉が人気 ヨム・テジョン、中央日報、2006年3月28日。
  74. ^ 「焼き肉で黄砂洗浄!」韓国でうわさの黄砂対策法とは? 林由美、韓フルタイム、2010年03月23日。
  75. ^ ジャレド・ダイアモンド『文明崩壊 上』「第2章 イースターに黄昏が訪れるとき」草思社 2005年(原書 2005年)
  76. ^ 気象庁「異常気象レポート2005」、§3.2.3
  77. ^ a b c 西村昌能「2006年4月8日に観察された青い太陽と青い月 (PDF) 」『京都地学』25号, pp.14–15。(参考写真
  78. ^ a b 有害物質を運ぶ砂……黄砂の成分に注意! 清益功浩、All About、2007年4月16日。
  79. ^ a b 韓国の黄砂被害、年3兆 - 5兆ウォン 姜讃秀、『中央日報』日本語版、2007年4月2日。
  80. ^ a b c 梅村担「内陸アジア史の展開」山川出版社、1997年,p33
  81. ^ 砂漠化防止技術と研究 井上光弘 鳥取大学乾燥地研究センター 緑化保全部門・土地保全分野、2007年5月13日閲覧。
  82. ^ a b 環境省・海外環境協力センター 黄砂問題検討会(2004年)『黄砂問題検討会中間報告書』
  83. ^ a b c d 検討会最終報告書、§3-3,3-4
  84. ^ 中央気象台、黄砂警報を発令 人民網日本語版、2002年4月7日。
  85. ^ 黄砂情報について 気象庁、2008年3月18日閲覧。
  86. ^ 日中韓三カ国黄砂局長会合の結果について 環境省 報道発表資料、2007年3月14日。
  87. ^ 黄砂テロ「韓国が日中協力引き出さなければ」 カン・チャンス、中央日報日本語版、2007年3月9日
  88. ^ 5月28日付・黄砂 四国新聞、2007年5月8日。
  89. ^ a b 検討会中間報告書、§2-1
  90. ^ Northern dust brings dirty skies in Shanghai、CCTV英語版。
  91. ^ <大気汚染>中国は光化学スモッグの観測体制を整えるべきだ―人民大教授 RecordChina、2011年1月25日。
  92. ^ 「中国の大気環境管理に果たす空気汚染指数 (API) の役割」、劉芳、横田勇、仁田義孝、環境科学会『環境科学会誌』14巻1号、pp.49-59、2001年。
  93. ^ Urban Air Quality in China、2001年4月24日、Oliver Wild。
  94. ^ 黄砂・砂塵暴の発生、輸送、沈着及び対策に係る研究”. 日中友好環境保全センター (2003年4月1日). 2013年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月16日閲覧。
  95. ^ Operation blitzkrieg against desert storm 2007年4月3日、Wang Ying、China Daily。
  96. ^ 改正以前は注意報が 500 µg/m³、警報が 1000 µg/m³ であった。気象庁、黄砂特報・判定基準を強化”. 韓国新聞. 2013年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月16日閲覧。
  97. ^ 황사업무/예보업무”. 韓国気象庁. 2013年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月19日閲覧。
  98. ^ 국민행동요령/황사”. 韓国気象庁. 2013年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月19日閲覧。
  99. ^ 北、黄砂で家畜・農作物に被害”. 朝鮮日報日本語版 (2004年3月25日). 2013年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月16日閲覧。
  100. ^ 気象庁(2009年)「4.2 黄砂現象」『大気・海洋環境観測報告第11号(2009年観測成果)』。
  101. ^ 気象庁「異常気象レポート2005」、§3.2.コラム
  102. ^ 過去の黄砂飛来状況 環境省、2008年4月19日閲覧。
  103. ^ 1時間値0.20mg/m³、日平均値 0.10 mg/m³ が環境基準。用語解説 : 浮遊粒子状物質(SPM)の環境基準 横浜市、2010年12月4日閲覧。
  104. ^ 環境省・海外環境協力センター 黄砂問題検討会(2005年9月)『黄砂問題検討会報告書』
  105. ^ 増水紀勝 福田貴広 林省吾 岩崎亮治 小山田恵 木下紀正 矢野利明 飯野直子 (2002年). “気象衛星ひまわりとノアによる2001年黄砂の解析”. 『平成13年度鹿児島リモートセンシング研究会講演論文集』, 9号, pp.1-7. 2013年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月16日閲覧。
  106. ^ 黄砂が地球一周 九州大・鵜野教授ら 世界で初めて確認 英科学誌に論文掲載[リンク切れ]」西日本新聞 2009年7月21日
  107. ^ "Asian dust transported one full circuit around the globe", Itsushi Uno, Kenta Eguchi, Keiya Yumimoto, Toshihiko Takemura, Atsushi Shimizu, Mitsuo Uematsu, Zhaoyan Liu, Zifa Wang, Yukari Hara, Nobuo Sugimoto., Nature Geoscience, July 20, 2009.
  108. ^ a b c 【霾】 つちふる」わたしの俳句歳時記、2013年1月12日閲覧。
  109. ^ 霾(つちふる)」季語と歳時記の会、ネット歳時記、2013年1月12日閲覧。
  110. ^ 山本健吉『基本季語500選(講談社学術文庫)』講談社、1989年。ISBN 978-4061588684
  111. ^ 工楽英司「甲骨文字雑考III 『霾』」東海大学紀要 教養学部、7巻、183-190頁、1976年。NAID 110000193646
  112. ^ みちのくの足跡 第21集「芭蕉と出羽越え」」俳聖 松尾芭蕉・芭蕉庵ドットコム、2013年1月12日閲覧
  113. ^ 句集「怒濤」(1986年発行)にある。
  114. ^ a b 天文春 霾」季題別高澤良一全句集、2013年1月12日閲覧
  115. ^ 工藤静香/黄砂に吹かれて」CDジャーナル、2013年1月12日閲覧
  116. ^ オユンナ/2~黄砂」CDジャーナル、2013年1月12日閲覧
  117. ^ 楊興新(ヤン・シンシン)/黄砂」CDジャーナル、2013年1月12日閲覧
  118. ^ 火舞黄沙」百度百科、2013年1月12日閲覧







黄砂と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

黄砂に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「黄砂」の関連用語

黄砂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ダイオウヒラタ

浦県民サンビーチ

土圧計

クロラッパタケ

ビスチェ

カフェ・オ・レ

ゴールデン・ベールテール・エンゼル

根太





黄砂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黄砂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS