鳴尾ゴルフ倶楽部 鳴尾ゴルフ倶楽部の概要

鳴尾ゴルフ倶楽部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/27 03:53 UTC 版)

鳴尾ゴルフ倶楽部
鳴尾ゴルフ倶楽部
所在地 日本
兵庫県川西市西畦野字金ヶ谷1番地の4
Nuvola apps kolf.svg 概要
開業 1920年(大正9年)10月
設計 ハリー・クレイン (Harry C. Crane)
バーティ・クレイン (Bertie E. Crane)
ジョー・アーネスト・クレイン (Joseph Earnest Crane)
Redesigned(1931) by チャールズ・アリソン(Charles H. Allison)
所有者 社団法人鳴尾ゴルフ倶楽部
運営者 社団法人鳴尾ゴルフ倶楽部
開催トーナメント 概要を参照
Nuvola apps kolf.svg コース
HOLE PAR YARD
1 4 364
2 3 173
3 4 387
4 3 185
5 4 379
6 4 403
7 5 511
8 4 405
9 4 338
35 3145
HOLE PAR YARD
10 4 463
11 4 337
12 3 159
13 4 300
14 5 454
15 3 182
16 4 390
17 4 386
18 4 444
35 3115
※ヤード表示はレギュラーティー
Nuvola apps kolf.svg その他
公式サイト 鳴尾ゴルフ倶楽部
休場日は毎週月曜日、12月31日、1月1日
テンプレートを表示

概要

六甲山上にある1903年(明治36年)開場の日本最古のゴルフ倶楽部「神戸ゴルフ倶楽部」は冬季約4ヶ月間深い積雪に覆われるため、1年中プレーの出来るゴルフ場としてアーサー・H・グルーム(Arthur Hesketh Groom)と親交のあった貿易商のウイリアム・J・ロビンソン(William John Robinson)によって1904年(明治37年)に神戸都心に近い魚崎町横屋に「横屋ゴルフ・アソシエーション」を開き、1914年(大正3年)には武庫郡鳴尾村鳴尾浜(現在の西宮市高須町付近)に移転して「鳴尾ゴルフ・アソシエーション」を設けた。「鳴尾ゴルフ・アソシエーション」は諸事情により解散を余儀なくされるが、1920年(大正9年)にロビンソンを中心に「鳴尾ゴルフ倶楽部」として再結成される。僅か3ホールからの再出発であったが、1924年(大正13年)には18ホール、5,080ヤード、パー68の日本初の本格ゴルフコースが完成する。

1930年(昭和5年)には当時倶楽部の中核メンバーであったクレーン3兄弟の設計によるコースが兵庫県川辺郡東谷村大字畦野(現在の川西市畦野)に開場した。この新コースは当時、鳴尾浜にあった「浜コース」に対して、「山コース」又は「猪名川コース」と呼ばれた。猪名川コースは1931年(昭和6年)にチャールズ・ヒュー・アリソン(Charles Hugh Allison)の助言を受けて大幅に改善され、現在もその当時のデザインをほぼ保つ。1939年(昭和14年)に鳴尾浜にあったコースは惜しまれつつも閉場する。これによって「鳴尾ゴルフ倶楽部」に於ける鳴尾浜コースの痕跡はその名称と閉場に伴って1500坪余が移植された東洋一と評判の高かった高麗芝に残すのみとなった。

古くは1928年日本プロゴルフ選手権大会、1936年に日本オープンゴルフ選手権競技、直近では2010年に日本シニアオープンゴルフ選手権競技等が開催され、近年では米国ゴルフマガジン誌の世界のゴルフ・コース100選(GOLF Magazine's Top 100 Courses in the World)に毎年ランク・インされる日本ゴルフの黎明期の雰囲気を未だ残す日本を代表するゴルフ場の一つである。

コース情報

  • 開場日 - 1920年(大正9年)10月
  • 設計者 - ハリー・クレイン (Harry C. Crane), バーティ・クレイン (Bertie E. Crane), ジョー・アーネスト・クレイン (Joseph Earnest Crane), Redesigned(1931) by チャールズ・アリソン(Charles H. Allison)
  • 面積 - 660,000m²
  • ヤーデージ - 6,612ヤード (バックティー)、6,260ヤード (レギュラーティー)、5,924ヤード (フロントティー)[1]
  • コースレート - 73.5 (バックティー)、71.9 (レギュラーティー)、70.3 (フロントティー)、77.9 (レディース・レギュラーティー)、76.1 (レディース・フロントーティー)[1]
  • ホール/パー - 18H/Par70
  • グリーン種 - 高麗芝
  • フェアウェー・ラフ種 - 高麗芝/野芝
  • 休場日 - 毎週月曜日、12月31日、1月1日



「鳴尾ゴルフ倶楽部」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鳴尾ゴルフ倶楽部」の関連用語

鳴尾ゴルフ倶楽部のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




鳴尾ゴルフ倶楽部のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳴尾ゴルフ倶楽部 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS