魍魎戦記MADARAシリーズ 関連作品

魍魎戦記MADARAシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/06 04:05 UTC 版)

関連作品

「翻訳:MADARA PROJECT」となっている日本語書籍がいくつかあるが、MADARAシリーズ作品ではない。これらはMADARAシリーズの中国語翻訳を手がける許月珍が、「MADARA PROJECT」の名義を使用しており、中国の作品を日本語へ翻訳したものである。

コミック

魍魎戦記MADARA (摩陀羅壱)(田島昭宇
  • 『魍魎戦記MADARA』(全7巻)1 - 4巻 (ドラゴンコミックス・角川書店)
  • 『魍魎戦記摩陀羅全集 Vol.1 - 4 MADARA壱 改訂版』(全4巻)(電撃コミックスEX・メディアワークス)
    • 巻末の設定資料が「摩陀羅設定資料集改訂版」と題して、1巻であれば壱の人物、2巻であれば世界観といったように全体的に内容が改訂されている。
  • 『田島昭宇MADARA完全コレクション1 - 5 MADARA』(全5巻)(KadokawaComicsA・角川書店)
後に出版されたものは新規のページがカラーで追加されている。
魍魎戦記MADARA摩陀羅弐田島昭宇
  • 『魍魎戦記MADARA』(全7巻)5 - 7巻 (ドラゴンコミックス・角川書店)
  • 『田島昭宇MADARA完全コレクション9 - 11 BASARA』(全3巻)(KadokawaComicsA・角川書店)
魍魎戦記MADARA赤田島昭宇
連載時は、『魍魎戦記マダラ3 MADARA赤』として掲載されていた。
  • 『魍魎戦記摩陀羅全集 Vol.5 - 7 MADARA赤LASA』(全3巻)(電撃コミックスEX・メディアワークス)
  • 『田島昭宇MADARA完全コレクション6 - 8 MADARA赤』(全3巻)(KadokawaComicsA・角川書店)
MADARA 転生編(田島昭宇
  • 『魍魎戦記摩陀羅全集 別巻Vol.1 MADARA転生編』(電撃コミックスEX・メディアワークス)
  • 『田島昭宇MADARA完全コレクション12 MADARA転生編』(KadokawaComicsA・角川書店)
転生編プレストーリーの「赤い綬陀矢」「風の沙門」。ほかに「聖ユダヤ伝」「MADARA青AO」「風になるまで」を収録。
巻末には「転生編プレストーリー」「ラジオドラマ版転生編」「天使編」の設定資料集を収録。
死海のギルガメッシュ(花津美子)
  • 『魍魎戦記摩陀羅全集 別巻Vol.2 MADARA外伝 死海のギルガメシュ』(電撃コミックスEX・メディアワークス)
  • 「プロローグ」「二天童児譚」「死海のギルガメシュ」「蒼の漂泊者 種痘師リンガ」「蒼の漂泊者 左手のカオス」を収録。
MADARA影(高橋明)
  • 『魍魎戦記摩陀羅全集 別巻Vol.3 MADARA影(シャドウ)』(電撃コミックスEX・メディアワークス)
MADARA ギルガメシュ・サーガ(花津美子)
  • 『MADARA ギルガメシュ・サーガ』(全6巻)(ASUKA COMICS DX・角川書店)
  • 『MADARA 青』(全5巻)(KadokawaComicsA・角川書店)
後に出た『MADARA 青』では、巻末の設定解説は省かれた。また『MADARA 青』では「エデンのギルガメシュ」の話は4巻で完結まで収録されており、5巻は『死海のギルガメシュ』に収録されていた「プロローグ」「二天童児譚」「蒼の漂泊者 種痘師リンガ」「蒼の漂泊者 左手のカオス」と、『MADARA ギルガメシュ・サーガ』6巻の「夜の少年」を収録するという形になっている。
「MADARA 青」という同タイトルの短編漫画(MADARA転生編に収録)があるが、別の内容。
MADARA四神篇(星樹
スーパーファミコン用ゲームソフト『魍魎戦記MADARA2』を元にしたコミック。「電撃摩陀羅海賊本」に寄ると相川有作画のバージョンも存在するとされるがそちらは『コンプRPG』Vol.5にプレビュー版が掲載されているのみ。

幼稚園戦記

  • 幼稚園戦記まだら(義見依久)
    • 『幼稚園戦記まだら』(全4巻)、『よりぬき幼稚園戦記まだら』
  • 少年忍者バサラくん(義見依久)
    • 『戦国群笑伝 少年忍者バサラくん』(全3巻)、『少年忍者バサラくん 芙蓉姫退屈記』(全2巻)

公認海賊本

  • 公認 摩陀羅海賊本(ドラゴンコミックス・角川書店)
  • 公認 摩陀羅海賊本 二(ドラゴンコミックス・角川書店)
  • 電撃摩陀羅海賊本(電撃コミックスEX・メディアワークス)

魍魎戦記MADARA 公式サイドストーリー

それぞれ1冊の長編コミックになる予定だったが未完に終わっている。

  • ガンダーラ編(相川有
  • 幻王朝影帝編(堤芳貞)
    • 『スーパーコンプVol.1』収録。
  • 白い闇の王(黒娜さかき
    • 『スーパーコンプVol.1』収録。少年十字軍を描いたストーリー。

MADARA以外の関連コミック

小説

  • 摩陀羅 アガルタの真王(上下巻)(上巻・阿賀信宏、下巻・宮本恒之)
  • 死海のギルガメッシュ (松生剛)
    • 公式サイドストーリーとして連載されていたもの。同名のコミックとは別のストーリー。
  • MADARA MILLENNIUM 転生編 1(大塚英志
  • 摩陀羅天使編(1 - 3巻)(大塚英志
  • 僕は天使の羽根を踏まない(大塚英志


CD

  • CD-ROM MADARA M-File
  • 魍魎戦記MADARA ・流離譚(1991 - スターチャイルド)

コンピュータゲームおよび関連作品

  • 魍魎戦記MADARA (1990年 コナミ
    • ファミリーコンピュータ用ゲームソフト。摩陀羅壱を元にしたロールプレイングゲーム。制作当時、原作コミックが未完結であったため物語後半はオリジナルの内容になっており、魍魎八将軍の扱いも原作コミックと少し異なる。黒田幸弘がゲームデザインを担当。
  • 魍魎戦記MADARA2 (1993年 コナミ
    • スーパーファミコン用ゲームソフト。オリジナルストーリーのロールプレイングゲーム。後に『四神編』としてコミック化されている。
  • 魍魎戦記MADARA 大金剛輪編 (1993年 工画堂スタジオ
    • PC98用ゲームソフト。摩陀羅壱を元にしたアドベンチャーゲーム。付属のプレミアムブックレットには「風になるまで」が掲載。
  • 幼稚園戦記まだら (1996年 データム・ポリスター
    • スーパーファミコン用ゲームソフト。

ゲーム関連書籍

  • RPG製作ノート Making of MADARA(著者:黒田幸弘・監修/マル勝ファミコン編集部・著)
    • ファミコン版のメイキング。
  • 魍魎戦記MADARA公式攻略ガイド(1990年 マル勝スーパーファミコン編集部 / 角川書店)
  • 魍魎戦記MADARA2公式ガイド(1993年 電撃スーパーファミコン / メディアワークス)
  • 魍魎戦記MADARA2公式攻略ガイド(1993年 マル勝スーパーファミコン編集部 / 角川書店)

OVA

  • 魍魎戦記マダラ 上巻 胎蔵編
  • 魍魎戦記マダラ 下巻 金剛編
スタッフ
主題歌
「時速4kmの旅」
作詞・作曲 - 渡辺まもる / 編曲 - THE GREAT RICHIES、岸本友彦 / 歌 - THE GREAT RICHIES

その他

  • 増刊号
  • 画集
    • MADARA COLORS 田島昭宇 魍魎戦記MADARA画集
    • 田島昭宇画集 SHO_U
  • テーブルトークRPG
    • 魍魎戦記摩陀羅全集 スペシャル 摩陀羅RPG
  • ゲームブック



  1. ^ 『魍魎戦記MADARA』1巻、7巻。
  2. ^ 「赤」の1巻の巻末に掲載。
  3. ^ 『魍魎戦記MADARA』7巻。
  4. ^ 『MADARA壱 改訂版』。
  5. ^ 『魍魎戦記MADARA』7巻「公式サイドストーリー・摩陀羅弐拾遺 幻王朝影帝編」。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

魍魎戦記MADARAシリーズに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「魍魎戦記MADARAシリーズ」の関連用語

魍魎戦記MADARAシリーズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




魍魎戦記MADARAシリーズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの魍魎戦記MADARAシリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS