高槻ジャズストリート 高槻ジャズストリートの概要

高槻ジャズストリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/10 01:37 UTC 版)

高槻ジャズストリート
イベントの種類 音楽系イベント
通称・略称 ジャズスト
TJS
正式名称 高槻ジャズストリート
高槻 JAZZ STREET
開催時期 ゴールデンウィークの2日間
5月3日5月4日(2015年)
初回開催 1999年平成11年)5月7日、8日
会場 阪急高槻市駅JR高槻駅周辺57会場(2015年)
主催 高槻ジャズストリート実行委員会
出展数 759組、約4000人(2015年)[1]
来場者数 約15万人(2008年)
最寄駅 阪急高槻市駅、JR高槻駅
直通バス 会場周回の無料シャトルバス有り
公式サイト

概要

市民ボランティアからなる「高槻ジャズストリート実行委員会」によって運営されているイベントで、運営資金は、スポンサー協力、寄付・募金、Tシャツをはじめとするグッズや飲食ブースの売り上げで成り立っている。パンフレット及び全会場への入場、演奏はすべて無料である(一部の飲食店会場では1ドリンクの注文を求められる場合もある)。

会場は阪急京都本線高槻市駅JR京都線高槻駅周辺のホール・屋内施設・屋外特設会場を中心に、高槻城跡公園、野見神社能舞台関西大学高槻ミューズキャンパス、あくあぴあ芥川などの複数の会場で開催される。出演バンドはプロミュージシャンや一般公募によるアマチュアバンドのほか、毎年1月に高槻現代劇場で行われる「たかつきスクールJAZZコンテスト」(近畿一円の中学校・高等学校のスクールバンドを対象に公募し、プロのジャズミュージシャンを審査員に迎えて行われる関連イベント)の優秀バンドに出場枠が割り当てられる[2]

本イベントの特徴として、無料巡回バス「パラダイス号」の運行があげられる。これは、高槻市交通部のバス2台を借り上げて会場内を巡回するものであるが、バス車内そのものが演奏会場となっており、1周で1バンドが演奏するスケジュールとなっている。巡回ルートは以下の通り。

途中降車も可能だが、人気のあるミュージシャンが乗車して演奏する場合には、そのミュージシャン目当てで行列が出来る事も稀にある。

2009年(第11回)は39会場で開催予定。 5月5日は茨木市でもJazzイベント茨木音楽祭を開催。 また、2009年10月に秋のジャズ&フリマ高槻食の文化祭を開催。

音楽のジャンルは多岐に渡り、jazzblackbluesfusionlatinbigbandbossagospeldixie、etc(ノンジャンル)と、さまざまな人が楽しめるものとなっている。

ボランティアによる運営で人的リソースが少ないうえに、十万人規模の来客者がいるイベントの為、来客誘導やゴミ、騒音などの問題などをかかえている。 事前準備および当日のボランティアスタッフを通年募集している。 詳しくは外部リンクの項を参照。

沿革

1999年に、「高槻の街を、明るく楽しい音楽溢れる素晴らしい街にしよう」というジャズ好きの市民有志によって立案された。そのため運営も主婦や学生、お年寄りなどの市民のボランティアが主催している。大規模なジャズイベントを無料で行うとあって、メディアでも注目され、第1回は予想を大きく上回る3万人が来客するなど、町おこしイベントとしては大成功であった。その年の11月に行われた「高槻ジャズフェスティバル」をNHKが取材、「音楽あふれる街に憧れて」という番組を制作し、全国ネットで放映された。[3]第1回から毎年秋には高槻ジャズフェスティバルが開催されており、また、2010年からは身近な音楽イベントとして、新たに「高槻ジャズ風景」が開催されている。

2001年に財団法人大阪21世紀協会が選ぶ「大阪スグレもの21賞」を受賞し、2005年には、第22回「大阪府まちづくり功労者賞」を高槻ジャズストリート実行委員会が受賞している。第10回を迎えた2008年には観客動員数が15万人を超え、日本最大級のジャズイベントとして2009年1月27日に大阪ミュージアム登録物に認定され、だんじり祭天神祭などと共にベストセレクションに選ばれている。

年表

月日 参加 会場 来場者数 ボランティア 備考
バンド 人数
1 1999年 5月7日 50組 200人 10ヶ所 3万人 150人 NHKで全国放送される
8日
2 2000年 5月5日 100組 600人 14ヶ所 5万人 200人
6日
3 2001年 5月5日 150組 800人 18ヶ所 7万人 400人 「大阪スグレもの21賞」受賞
6日
4 2002年 5月5日 220組 1000人 17ヶ所 10万人 500人
6日
5 2003年 5月3日 300組 1400人 22ヶ所 10万人 500人
4日
6 2004年 5月3日 327組 1617人 24ヶ所 9万人 800人
4日
7 2005年 5月3日 350組 2000人 39ヶ所 10万人 1000人 第22回「大阪府まちづくり功労者賞」受賞
4日
5日
8 2006年 5月3日 430組 2800人 43ヶ所 12万人 1000人
4日
9 2007年 5月3日 484組 4400人 40ヶ所 11万人 1500人
4日
10 2008年 5月3日 613組 4000人 47ヶ所 15万人 3000人
4日
11 2009年 5月3日 584組 3000人 39ヶ所 12万人 800人 「大阪ミュージアム」ベストセレクション認定
4日
12 2010年 5月3日 571組 3000人 43ヶ所 12万人 1000人
4日
13 2011年 5月3日 577組 3000人 46ヶ所 万人
4日
14 2012年 5月3日 ヶ所 万人
4日
15 2013年 5月3日 ヶ所 万人
4日
16 2014年 5月3日 754組 54ヶ所 万人
4日
17 2015年 5月3日 758組 3879人 57ヶ所 万人
4日



「高槻ジャズストリート」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

高槻ジャズストリートに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「高槻ジャズストリート」の関連用語

高槻ジャズストリートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ボート

中田有紀

アラゴ

Herbert Hoover

絞り包み

どうとん号

コリデール

かなや丸





高槻ジャズストリートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高槻ジャズストリート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS