飯島愛 飯島愛の概要

飯島愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/18 01:04 UTC 版)

いいじま あい
飯島 愛
プロフィール
別名 大久保 松恵(本名)
愛称 愛珍(あいちん)
生年月日 1972年10月31日
没年月日 2008年12月17日
没年齢 36 歳(数え37)
出身地 日本の旗 日本東京都江東区
血液型 A型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 163 cm / 43 kg
BMI 16.2
スリーサイズ 86 - 56 - 85 cm
活動
デビュー 1992年
ジャンル タレントAV女優
モデル内容 ヌード
備考 1992年 - 2007年
モデル: テンプレート - カテゴリ

経歴

デビュー以前

東京都江東区の亀戸で生まれ育つ。躾に厳しく教育熱心な両親に育てられ、小学校の頃は成績が良くおとなしい子であった。中学に入学してからも成績は学年で常に10番以内を保っていたが、中学1年の頃に精神的な支えでもあった祖父が亡くなったことで精神のバランスを保てなくなり、それが原因で両親からのプレッシャーに耐え切れなくなって非行に走るようになった。

中学在学中から不良仲間と毎晩新宿等のディスコで夜遊びに耽るようになり、遊ぶお金の為に万引きカツアゲを繰り返す生活をしていた。高校には籍を置いていたが全く通学しておらず、すぐに中退した。中学卒業後の彼氏との短い同棲生活等を経て、六本木ホステスとして働いていたところをスカウトされ、1992年にAV女優となる。芸名は水商売時代に所属していた店のママが「みんなから愛される子になるように」という願いを込めて「愛」という源氏名を付けてくれたことによる。

(以上は著書『プラトニック・セックス』の記述による)

芸能界引退まで

1990年代前半、『とんねるずのみなさんのおかげです』のスタッフととんねるず木梨憲武が、彼女のファンであったことから、彼らの番組にハプニングゲストとしてテレビ番組初出演となる。1990年代前半、深夜番組『ギルガメッシュないと』(テレビ東京系)で、スカートをめくりTバックを見せるのが話題となり、「Tバックの女王」と呼ばれた。

1993年、「ナイショ DE アイ!アイ!」で歌手デビュー。オリコン87位。このCDには飯島が実際に着用したパンティを細かく裁断した生地が同梱されていた。

1994年頃、AV女優を引退。テレビ番組への出演等によってタレントとしての知名度が向上したことで、引退後は完全にタレント業へ転身を果たした。この頃、ダウンタウンの番組に飯島がゲスト出演することがあり、松本人志の著書『遺書』によると、その際に飯島側からダウンタウン側に対し「(飯島のタレントイメージの為に)トークの中で飯島が元AV女優であることには触れないようにしてほしい」というNG指定があったとのことで、松本は『遺書』の中で、飯島の名前を出すことは控えたものの「まず過去の経歴は隠しきれるものではないだろうし、その過去があるからこそ今のタレントとしての自分があるのではないのか!」と、その時の飯島側の対応を批判している[3]。この一件以来、飯島とダウンタウンはテレビ番組で共演することがなくなった。

上記のダウンタウンの番組での一件からも、当時の飯島側がタレント転身後に元AV女優としてのイメージを払拭しようとする戦略を取っていた事が窺え、完全にタレント業に転身してから2000年に著書『プラトニック・セックス』でカミングアウトを果たすまで飯島の元AV女優としての経歴は芸能界では公然の秘密となっており、飯島本人はもとよりテレビ番組の共演者等もその経歴について触れることは一切なかった[4]

タレント転身以降のテレビ番組への出演の際は、露出の多い服装でボディラインや脚線美を魅せる「お色気担当」として活躍すると同時に、クイズ番組等では珍解答を連発する、いわゆる「おバカタレント」としても活躍した。

2000年、半自伝的な小説『プラトニック・セックス』でリンチ被害、AV出演や性病感染、中絶手術、整形手術していたこと等をカミングアウトしベストセラーに。映画化やテレビドラマ化もされ、以来作家活動も行っていた。「週刊朝日」にコラム『飯島愛の錦糸町印税生活』を執筆。また性感染症予防の啓蒙活動でも知られる。 『あんたにグラッツェ!・あんグラ☆NOW!』にゲストとして最も多く呼ばれた人物である(あんたにグラッツェ!参照[出典無効])。2000年の流行語大賞においてトップテン入選した「ワタシ(私)的には…」で、「この言葉の使い手として一番ふさわしい有名人」として授賞された[5][6]

ゲスト出演から準レギュラーを経てレギュラーになる事が多かった。例としては『スパスパ人間学!』『決定!これが日本のベスト』『ロンドンハーツ』等がある。

AVデビューを果たした頃や『ギルガメッシュないと』に出演し始めた頃、当初は新人という事もありアイドル的(いわゆるぶりっ子的)な仕草や口調のキャラクターとして振る舞っていたが、その中で徐々に等身大の本音の部分を垣間見せるような芸風[7]を確立していった。AV女優を引退してタレントに転身した後はアイドル的な振る舞いをする事はなくなったが、ギャル的な口調で等身大の本音を語る芸風はその後も継続された。

2005年ブログを始める。同年、ネット配信番組に連動した株取引に関するブログも、短期間公開された。2006年11月11日、個人事務所の経理担当の人間から数千万円もの横領被害に遭ったことをブログで告白した。

芸能界引退

2007年3月3日、芸能界引退の報道が流れる[8]。事務所もこの内容をFAX回答で認めた。生出演した『サンデージャポン』では、この件について、いつかは引退すると言うも3月末とは明言しなかった。その後翌週(3月10日)で3月いっぱいで引退することを本人が発表した。腎臓病(腎盂炎)であることが報道された。それによると「症状が予想以上に重く、仕事を続ける意欲を完全に失っているという。」と理由付けされている[9]

『サンデージャポン』最後の出演は2007年3月25日だが、ちょうど番組放送直前の午前9時42分頃、マグニチュード6.9の能登半島地震が発生。TBSは地震の状況を報道。飯島最後の『サンデージャポン』の放送時間はわずか15分となってしまい、飯島本人が出演した場面は3分(予告編だけ)しかなかった。飯島はこのことをブログで「大変な事態です。人命と私の引退は比べるに値しない。今はそっと、被害が最小限に収まるように見守りましょう」と綴っている。なお、翌日のニッポン放送の生放送ラジオ番組『テリー伊藤のってけラジオ』において、飯島と『サンデージャポン』で共演しているテリー伊藤が「飯島愛ちゃんの分は収録しました」と話し、翌週の『サンデージャポン』で放送すると明言した。その後、テリー伊藤の言うとおり、4月1日の『サンデージャポン』のラスト10分で、事前に収録された「飯島愛 引退ファイナルカウントダウン」と題されたVTRが放送され、飯島は週刊誌で報じられている「藤田晋とITビジネスを行うという説」や「ニューヨークへ移住するという説」を否定し、「(今後は)医療関係の仕事に就きたいが、今から勉強しても間に合わない。でも、(医療と性質の似ている)カウンセリング関係の仕事をしたい」「歌や(お笑いの)ライブなど、板の上(舞台)に立つ仕事ができないと、芸能人としては限界がある。あと、病気で休んでいる時に、私の代わりになる若手はいっぱいいると思った」と語り、「精子バンクでシングルマザー説」については「試みようとしたことはある」と述べた。そして、VTRの最後では、高橋ジョージが飯島愛のために「ロード」を熱唱し、飯島本人はみんなへの感謝のメッセージを贈った。

2007年3月31日に、「目標や夢が見い出せず、芸能界で生き残っていくことは不可能」として、所属事務所から正式に引退が発表された。芸能界を引退しても、飯島愛としてブログ『飯島愛のポルノ・ホスピタル[10]』を続け、連日ファンのコメントで賑わった。2015年現在も書き込みは続いており、飯島を偲ぶ宝物のような存在になっているという[11]。彼女の遺体発見から6年以上が経った2015年2月現在も、投稿コメント総数は70000件以上に達している。

死去

2008年平成20年)12月5日、最後のブログを更新する。2008年12月24日、東京都渋谷区桜丘町渋谷インフォスタワーの自室にて死亡しているのが[12]、親戚の女性によって発見された。その後、警察などの調査によって、発見時現在で死後1週間ほど経過していたことが判明した。死亡推定日は発見日である12月24日から起算して12月17日前後であると考えられている。36歳没。2009年平成21年)2月4日東京都監察医務院による病理検査の結果が警視庁渋谷警察署より発表され、死因は肺炎であったことが判明した[13]

2009年2月6日、『中居正広の金曜日のスマたちへ』300回記念スペシャルにて追悼特集を放送。中居やベッキー、大竹しのぶら出演者がお別れ会という形で最後のメッセージを贈り、涙ながらに飯島の死を追悼した。

飯島愛の本葬(お別れの会)が、2009年3月1日東京プリンスホテルにて執り行われ、親交のあった芸能人をはじめ約1500人が参列した[14]。弔辞は島田紳助中山秀征がそれぞれ読んだ。なおこの時の模様は、かつて中山が飯島と共に司会を務めた『ウチくる!?』内で生放送された。

主な出演番組

テレビ

テレビドラマ

映画

  • ぷるぷる 天使的休日(1993年)
  • ノロイ(2005年)

CM

飯島の衣装と髪型は、当時人気だったテレビアニメ「美少女戦士セーラームーン」をオマージュしたものである。「マンガラリンタラオモシロリン、イッパイアルアルカラキテミロリン……」という珍妙なCMソングが話題になった。

ラジオ

インターネットテレビ

  • 渋谷ではたらく社長の会食

ゲーム


  1. ^ 生年月日は、当初は1973年8月25日と公表していた。本人の弁によれば、デビューしたのが夏で、すぐに芸能界からいなくなるからその前に誕生日が来ればプレゼントがもらえると思って8月生まれと言った、とのこと。その後も、1973年8月25日生とする資料がある。
  2. ^ 本名が「大久保松恵」であることは、2007年4月8日放送分の『ウチくる!?』にて、中山秀征により公表された。その後、2007年5月2日に自身のブログでもさりげなく公表していた。祖父の名前から一字取って名付けられたという。
  3. ^ 『遺書』によると、松本は実際にその打ち合わせの現場にいたわけではなく後から打ち合わせの内容を聞かされたとのことで、結果的に番組の収録時にAV女優としての経歴には触れなかったと語っている。『遺書』に番組名は記述されていなかったが、おそらく『ダウンタウン汁』(TBS系、関東ローカル)の第6回放送分(1993年11月11日)での出来事であると思われる。
  4. ^ AV女優引退後、出演していたアダルトビデオはほとんどが絶版となったが、依然としてレンタルショップや中古ショップでは出演作品が流通し続けており、更に1990年後半に『お宝ガールズ』『BUBKA』(いずれもコアマガジン)といった、いわゆる「お宝発掘系」の雑誌が創刊され、その誌面に飯島のデビュー当時の写真が投稿されたり、AV女優として活動していた経歴が記述されたりしていた為、一般の人間が飯島の元AV女優としての経歴を認識するのは比較的容易なことであった。AV女優引退後から約6年経った2000年に著書『プラトニック・セックス』の中でAV出演の過去をカミングアウトしていることや、飯島が存命中の2000年代前半に過去の出演作品が何本かDVD化されて発売されたりしていることから、飯島側は『プラトニック・セックス』でのカミングアウトを境に、元AV女優としてのイメージを払拭するという戦略に見切りをつけたものと考えられる。
  5. ^ 自由新報社
  6. ^ ユーキャン新語・流行語大賞 全授賞記録
  7. ^ 最初はアイドル的にしおらしく振る舞っているが、共演者から無茶なネタ振りをされた時などに「マジ、ヤバい」とギャル的な口調で本音をこぼしてしまう等。
  8. ^ 飯島愛の引退に関して業界内では「3月末では」説 2007年3月5日 アメーバニュース
  9. ^ 日刊ゲンダイ (2007年3月4日). “「引退」飯島愛を悩ます腎盂炎の深刻度”. 2008年7月27日閲覧。
  10. ^ ブログはアメーバブログを利用。なぜかプロフィールにおける性別を男性としている。
  11. ^ 飯島愛のブログは生きている 死後1年毎日コメント書き込まれる J-CASTニュース 2009年12月19日 18:00
  12. ^ 「24日午後3時15分ごろ、東京都渋谷区桜丘町の渋谷インフォスタワーの一室で、元タレントの飯島愛さん(36)が倒れているのを、知人女性が発見、119番通報した」 asahi.com (朝日新聞社)、2008年12月24日配信
  13. ^ 飯島愛さんの死因は肺炎 サンケイスポーツ 2009年2月4日閲覧
  14. ^ 飯島愛さんお別れの会 サンケイスポーツ 2009年2月3日閲覧


「飯島愛」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

飯島愛に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「飯島愛」の関連用語

飯島愛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヒラキントキ

イチヤクソウ

防噴装置

ミニキャブ バン

バークシャー

美保関灯台

81mm迫撃砲

股関節





飯島愛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飯島愛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS