音楽心理学 音楽心理学の概要

音楽心理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/28 13:46 UTC 版)

音楽心理学的な理解は、第一に音楽的行動や音楽経験のデータ解釈をよりどころとして進められる傾向がある。そのデータは、系統的な観察によってと、人間関係の相互作用から集められる。

概要

現代では、音楽心理学の国際的な場で、「どうして人間は 莫大な量の時間・労力・金を音楽活動に費やすのか」という疑問を囲む多くの事例が、徐々に研究されている。音楽心理学は、人間文化の科学的調査として見なされうる。この調査の結果を保ち、また保ち続けることは、人間の価値や・個性自然QOLなど、一般人に関係する問題と直接からみ合う事柄である。[要検証 ]

歴史

音楽を心理学の立場で研究し始めたのは、19世紀の終わりごろ~20世紀初めにかけてである[1]

その後、音楽心理学の成果が1930年代ごろ、高野瀏(発行年:1935年)[2]、相沢陸奥夫(発行年:1935年)[3]、リチャード・ミュラー=フライエンフェルス(de:Richard Müller-Freienfels,発行年:1936年)[4]やカール・シーショア(発行年:1938年)[5]によって書物にまとめられ始めた。現在では、各分野に渡って研究が進んでいる。

手法

音楽心理学でも、他の心理学分野と同様のアプローチが行われる。具体的には、観察法・実験法・質問紙法などを使い、音楽に関する性質を検証していく方法がとられる[6]

なお、音楽心理学の中にある論点は、しばしば答えることが難しいものがある。[要検証 ]それ故、注意深く品質管理の手続きをされた調査文献に委ねる必要がある。これらは概して匿名の専門家による査読の形を取り、それは、すべての主要な音楽心理学に関する学会・連盟・雑誌で標準的な主眼点である。

研究範囲

音楽心理学者は、あらゆる視点の音楽的行動に対して、あらゆる心理学的視点から、当てはまる方法や知識を用いて研究する。例えば、下記の研究内容を含む。

心理学との関連




  1. ^ ダイアナ・ドイチュ『音楽の心理学(上)』,寺西 立年・宮崎 謙一・大串健吾 訳,西村書店,(翻訳者)あとがき
  2. ^ 高野瀏『音楽心理学』東宛書房,1935年
  3. ^ 相沢陸奥夫『音楽の心理学』東宛書房,1935年
  4. ^ Müller-Freienfels, Richard,Psychologie der Musik,Berlin:Vieweg,1936
  5. ^ Carl Emil Seashore,Psychology of Music,New York, London, McGraw-Hill Book Company,Inc., 1938
  6. ^ 倉片憲治「音楽心理学の方法」谷口高士 編『音は心の中で音楽になる 音楽心理学への招待』,北大路書房,第1章
  7. ^ たとえば、ジェームス・マーセル、マーブル・グレーン『音楽教育心理学』供田武嘉津 訳,音楽之友社,1965年など。この時代の総括としては、供田武嘉津『音楽教育学』音楽之友社,pp61~99が詳しい。
  8. ^ 田中正『新しい音楽教育研究法 -心理学・統計学に基づく-』,音楽之友社,1985年に、概説・手法・実施例がある。


「音楽心理学」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

音楽心理学に関連した本

音楽心理学に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「音楽心理学」の関連用語

音楽心理学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




音楽心理学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの音楽心理学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS