韓進海運 韓進海運の概要

韓進海運

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/23 09:17 UTC 版)

韓進海運
Hanjin Shipping Co.,Ltd.
種類 株式会社
略称 Hanjin
本社所在地 韓国の旗 大韓民国
ソウル市永登浦区ククチェグミュンロ2ギル 25
韓進海運ビル
設立 1977年5月
業種 海運業
事業内容 海運業
代表者 会長:崔恩瑛(CHOI EUN-YOUNG)
社長:金永敏(KIM YOUNG-MIN)
アジア地域グループ長:厳泰晩(UM TAE-MAN)
外部リンク http://www.hanjin.com/jp/main.jsp
特記事項:日本国内支店所在地
日本支店:東京都港区芝3-4-15 東京KAL BLDG.
大阪支店:大阪府大阪市中央区本町 3-1-9 KAL BLDG
テンプレートを表示
韓進海運
各種表記
ハングル 한진해운
漢字 韓進海運
発音 ハンジンヘウン
日本語読み: かんしんかいうん
はんじんかいうん
2000年式
MR式
英語
Hanjin haeun
Hanjin haeun
Hanjin Shipping
テンプレートを表示
大型コンテナ船ハンジン・オタワ(Hanjin Ottawa)、オレゴン州
ハンブルク港に停泊するハンジン・ヴィエナ(Hanjin Vienna)

歴史

韓進グループは1969年から釜山港コンテナターミナルを運営してアメリカのシーランド社等海外の船会社の荷役を行っていたが、1977年に韓進コンテナラインズを設立して自ら海運業へ参入した。1988年には韓国の大韓商船と合弁し韓進海運となった[1]

グループ会社ほか

韓進海運は、海運と北アメリカの大陸横断鉄道を使って一貫輸送を行うハンジン・ロジスティクス(Hanjin Logistics)、ばら積み貨物船などを扱う Keoyang Shipping、1997年にグループ傘下に収めたドイツの海運会社セネター・ラインズ(Senator Lines、世界金融危機により2009年2月に営業を終えた[2][3])、および物流情報システム会社 CyberLogitec などを子会社とする。グループ全体でコンテナ船ばら積み貨物船タンカーなど200近いの貨物船を所有し、コンテナ船事業では、日本川崎汽船台湾陽明海運中国中国遠洋運輸集団(COSCO)と提携関係(CKYHグループ)を結んでいる。セネター・ラインズが営業していた時期、韓進海運とセネター・ラインズのコンテナ船部門を統合したハンジン・セネターは、世界のコンテナ輸送でも十本の指に入る規模を持っていた。

韓進海運の収入の90%は韓国国外から上がり、世界に3つの地域本部、200の支店、30の提携会社などからなるネットワークを築いている。ロングビーチロッテルダム東京高雄釜山などの港湾に専用のコンテナターミナルを所有し、さらに上海青島、ポート・ケラン(マレーシア)などに内陸コンテナターミナルを構え、多くの国に新ターミナルを建設している。

中国には専用の船舶修理工場を2008年に開業させ、他社の船舶修理も受け入れ新たな収益源としようとしている。

日本国内協力会社


[ヘルプ]
  1. ^ 沿革 韓進海運
  2. ^ Supply Chain Leaders - Senator Lines2009 ( Senator Lines Announces that it is to cease trading at the end of February 2009)”. 2009年10月28日閲覧。
  3. ^ Informationsbericht von www.sueddeutsche.de, 05.02.2009, 05:00 Uhr


「韓進海運」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「韓進海運」の関連用語

韓進海運のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




韓進海運のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの韓進海運 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS