霊波之光 霊波之光の概要

霊波之光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/26 08:37 UTC 版)

霊波之光
千葉県野田市の霊波之光参門
教団本部の「天使閣」[注釈 1]
設立年 1954年
設立者 波瀬善雄
種類 宗教法人
目的 人類救済、世界平和の実現
本部 千葉県野田市山崎2683-1
座標 北緯35度55分15秒 東経139度54分30秒 / 北緯35.92083度 東経139.90833度 / 35.92083; 139.90833座標: 北緯35度55分15秒 東経139度54分30秒 / 北緯35.92083度 東経139.90833度 / 35.92083; 139.90833
ウェブサイト http://www.rhk.or.jp/(日本語)
テンプレートを表示

創始者(初代教主、教祖)は波瀬善雄(本名:長谷義雄、1915年7月2日 - 1984年3月19日)。現教主は波瀬敬詞(はせけいし)。

概要

「霊波」と教団が称する一種の神通力により、病や苦しみから救われ奇蹟が起こると教団は主張しており、「人類救済」「世界平和の実現」を目的としている。創始者である波瀬善雄は、教団では「神の分身」「救世主」とされており、「御守護神様」と称される。波瀬善雄が死去した1984年に波瀬敬詞が教主を継ぐ。現教主である波瀬敬詞は、教団では「二代様」と称されている。

教団では波瀬善雄が誕生した1915年(大正4年)を霊波元年とする「霊波暦」という暦を採用している。

教典は「御書」と称されている。

特徴

教団では信者になることを「御つながり」と称する。入信費は5,000円(年会費制、2016年現在)入信すると「御神体御札」と称されるが配布される。また、教団が発行する月刊誌が毎月送付されてくる。

教えは、「暖かい心はあいさつから。 笑顔と思いやりに 喜びと幸せ」など。

「御守護神様、二代様、我ら人類救済の道へあゆませ給え」と唱えて祈祷する。

教団職員や信者は、教団施設内で奉仕活動を行う際、白色の着衣を身に纏う。

信者が亡くなった場合の葬儀について、教団特有の形式などは無く、教団は一切の関与をしない。そのため、仏式葬、神式葬、キリスト教式葬など、葬儀は他宗教の宗派により執り行われる。

支部・礼拝所

沿革




  1. ^ a b 日本の一般的な城の天守閣に似た建造物であり、教団では「救いの城 天使閣」と称している。
  2. ^ ただし、波瀬善雄が神より啓示を受けたと主張する「霊峰山」という名の山は実在しない。


「霊波之光」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「霊波之光」の関連用語

霊波之光のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

AT-301型

KTR700型

羊蹄のふきだし湧水

ダナブルー

小型ポンプ車

上顎骨

烏丸線10系車両

ベンガルヤマネコ





霊波之光のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霊波之光 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS