電気 電気の概要

電気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/22 02:28 UTC 版)

電磁気学
VFPt Solenoid correct2.svg


電気 · 磁性
夜の稲妻
は最も劇的な電気現象の一つである。

電気に関する現象は古くから研究されてきたが、科学としての進歩が見られるのは17世紀および18世紀になってからである。しかし電気を実用化できたのはさらに後のことで、産業や日常生活で使われるようになったのは19世紀後半だった。その後急速な電気テクノロジーの発展により、産業や社会が大きく変化することになった。電気のエネルギー源としての並外れた多才さにより、交通機関の動力源、空気調和照明、などほとんど無制限の用途が生まれた。商用電源は現代産業社会の根幹であり、今後も当分の間はその位置に留まると見られている[1]。また、多様な特性から電気通信コンピュータなどが開発され、広く普及している。


[ヘルプ]
  1. ^ Jones, D.A., “Electrical engineering: the backbone of society”, Proceedings of the IEE: Science, Measurement and Technology 138 (1): 1–10 
  2. ^ Moller & Kramer 1991, pp. 794-6
  3. ^ a b c Bullock 2005, pp. 5-7
  4. ^ a b Morris 2003, pp. 182-185
  5. ^ The Encyclopedia Americana; a library of universal knowledge (1918), New York: Encyclopedia Americana Corp
  6. ^ a b Stewart 2001, p. 50
  7. ^ Simpson 2003, pp. 6-7
  8. ^ Frood, Arran (27 February 2003), Riddle of 'Baghdad's batteries', BBC, http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/2804257.stm 2008年2月16日閲覧。 
  9. ^ Cardano, Girolamo, De subtilitate rerum. Libri XXI. Nuremberg, Johann Petreius, 1550. Described at [1], facsimile here.
  10. ^ Baigrie 2006, pp. 7-8
  11. ^ Douglas Harper (2001). Online Etymology Dictionary: electric. Retrieved August 29, 2006.
  12. ^ Chalmers 1937, pp. 75-95
  13. ^ Srodes 2002, pp. 92-94 フランクリンが単独でこの実験を行ったかは定かではないが、一般にフランクリン1人の業績とされている。
  14. ^ Uman 1987
  15. ^ a b c Kirby 1990, pp. 331-333
  16. ^ Marković, Dragana, The Second Industrial Revolution, http://www.b92.net/eng/special/tesla/life.php?nav_id=36502 2007年12月9日閲覧。 
  17. ^ Trefil 2003, p. 74
  18. ^ a b c d Duffin 1980, pp. 2-5
  19. ^ a b Sears 1982, p. 457
  20. ^ 「同種の電気を蓄えた2つの小さな球の間の斥力は、2つの球の中心間の距離の2乗に反比例する」 Charles-Augustin de Coulomb, Histoire de l'Academie Royal des Sciences, Paris 1785.
  21. ^ Duffin 1980, p. 35
  22. ^ National Research Council 1998, pp. 215-216
  23. ^ a b Umashankar 1989, pp. 77-79
  24. ^ a b Hawking 1988, p. 77
  25. ^ Shectman 2003, pp. 87-91
  26. ^ Sewell 1902, p. 18. The Q originally stood for 'quantity of electricity', the term 'electricity' now more commonly expressed as 'charge'.
  27. ^ Close 2007, p. 51
  28. ^ Ward, Robert (1960), Introduction to Electrical Engineering, Prentice-Hall, p. 18 
  29. ^ Solymar 1984, p. 140
  30. ^ a b Duffin 1980, pp. 23-24
  31. ^ a b Berkson 1974, p. 370 なお、講義の後という文献や講義の最中だったという文献もある。
  32. ^ Bird 2007, p. 11
  33. ^ Bird 2007, pp. 206-207
  34. ^ Bird 2007, pp. 223-225
  35. ^ ほとんど全ての電場は空間の位置によって変化する。例外としては、無限に広がる平面の導体が帯電している場合の電場は一様である。
  36. ^ a b Sears 1982, pp. 469–470
  37. ^ a b Morely & Hughes 1994, p. 73
  38. ^ & Sears 1982, p. 479
  39. ^ Duffin 1980, p. 88
  40. ^ Naidu & Kamataru 1982, p. 2
  41. ^ Naidu & Kamataru 1982, pp. 201–202
  42. ^ Rickards 1985, p. 167
  43. ^ a b Sears 1982, pp. 494–498
  44. ^ Serway 2006, p. 500
  45. ^ Saeli, Sue, Using Gravitational Analogies To Introduce Elementary Electrical Field Theory Concepts, http://physicsed.buffalostate.edu/pubs/PHY690/Saeli2004GEModels/older/ElectricAnalogies1Nov.doc 2007年12月9日閲覧。 
  46. ^ Thompson 2004, p. 79
  47. ^ a b Morely & Hughes 1994, pp. 92–93
  48. ^ a b Sears 1982, pp. 696–700
  49. ^ a b c d Edminister 1965
  50. ^ a b Dell & Rand 2001, pp. 2-4
  51. ^ McLaren 1984, pp. 182-183
  52. ^ a b Patterson 1999, pp. 44–48
  53. ^ Edison Electric Institute, History of the U.S. Electric Power Industry, 1882-1991, http://www.eia.doe.gov/cneaf/electricity/chg_stru_update/appa.html 2007年12月8日閲覧。 
  54. ^ IndexMundi, China Electricity - consumption, http://www.indexmundi.com/china/electricity_consumption.html 2007年12月8日閲覧。 
  55. ^ National Research Council 1986, p. 16
  56. ^ National Research Council 1986, p. 89
  57. ^ Wald, Matthew (21 March 1990), “Growing Use of Electricity Raises Questions on Supply”, New York Times, http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9C0CE6DD1F3AF932A15750C0A966958260 2007年12月9日閲覧。 
  58. ^ d'Alroy Jones 1967, p. 211
  59. ^ ReVelle 1992, p. 298
  60. ^ Danish Ministry of Environment and Energy, “F.2 The Heat Supply Act”, Denmark´s Second National Communication on Climate Change, オリジナルの2008年1月8日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20080108011443/http://glwww.mst.dk/udgiv/Publications/1997/87-7810-983-3/html/annexf.htm 2007年12月9日閲覧。 
  61. ^ Brown 2002
  62. ^ Hojjati, B.; Battles, S., The Growth in Electricity Demand in U.S. Households, 1981-2001: Implications for Carbon Emissions, http://www.eia.doe.gov/emeu/efficiency/2005_USAEE.pdf 2007年12月9日閲覧。 
  63. ^ Herrick 2003
  64. ^ a b Nasser 2008, pp. 552–554
  65. ^ Sverre 2000, pp. 301-309
  66. ^ Lipschultz & Hilt 2002, p. 95
  67. ^ Encrenaz 2004, p. 217
  68. ^ a b Lima-de-Faria & Buerger 1990, p. 67
  69. ^ Ivancevic 2005, p. 602
  70. ^ a b Kandel, Schwartz & Jessell 2007, pp. 27-28
  71. ^ Davidovits 2007, pp. 204-205
  72. ^ Van Riper 2002, p. 69
  73. ^ a b c d e f Van Riper 2002, p. 71







電気と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

電気に関連した本

「電気」に関係したコラム

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

  • 株式市場の01銘柄とは

    株式市場の01銘柄とは、4桁の証券コードのうち下2桁が01で終わる証券コードの銘柄のことです。01銘柄は、その業種の代表的な銘柄であることが多く、株価の値動きは市場関係者から注目されています。次の表は...

  • CFDの銅相場の見方

    銅は、熱や電気を伝導したり、腐食に耐えられるなどの特性から工業用の金属として用いられています。銅の主な用途は送電線や電気製品などが挙げられます。銅は、工業用金属としては鉄、アルミニウムに続く消費量です...

  • 株365の日経225証拠金取引の見方

    株365の日経225証拠金取引は、日経平均株価(日経225)に連動して値動きする銘柄です。そのため、日経平均株価の値動きや構成銘柄の特徴を知ることで日経225証拠金取引の値動きを予測できます。日経平均...

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

  • ETFを始めるための最低資金は

    ETFを始めるための最低資金はいくらでしょうか。ETFの取引では売買代金に加えて取引手数料などの費用がかかるため、最低資金は次の計算式で求めることができます。資金=売買代金+取引手数料+その他費用売買...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「電気」の関連用語

電気のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




電気のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電気 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS