野呂佳代 野呂佳代の概要

野呂佳代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/27 05:18 UTC 版)

のろ かよ
野呂 佳代
AKB48 20090704 Japan Expo 06.jpg
AKB48時代の野呂佳代
(2009年、Japan Expo
プロフィール
愛称 ノンティー、かよほー、キャップ
生年月日 1983年10月28日
現年齢 31歳
出身地 日本の旗 日本東京都板橋区
血液型 A型
公称サイズ(2013年[1]時点)
身長 / 体重 163 cm / kg
スリーサイズ 87 - 72 - 98 cm
靴のサイズ 25.5 cm
活動
デビュー 2000年
2006年4月1日 -
(AKB48加入時)
ジャンル 歌手タレント
備考 元SDN48 メンバー
(元AKB48 旧チームKメンバー)
他の活動 お笑いコンビ・なちのん(ボケ担当)
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

略歴

2000年

2004年

2006年

  • 2月26日、『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。
  • 4月1日、AKB48劇場でのチームK初日公演において、公演デビュー。旧チームKのメンバーとして活動開始。同期には大島優子 梅田彩佳 秋元才加などがいる。
  • 10月25日、メジャー1stシングル「会いたかった」で当時の最年長記録となる22歳362日で選抜メンバー入りを果たした。しかし、2008年6月に大堀恵によって、選抜最年長記録は破られ、後述するSDN48への完全異動が発表されたため、結果的にAKB48のメンバーとしては最初で最後の選抜入りとなった。

2007年

2008年

  • 『M-1グランプリ』に再び出場、2回戦敗退。

2009年

2010年

  • 2月21日の『チームK 5th Stage「逆上がり」』公演千秋楽をもってAKB48を卒業し、SDN48へ完全移籍。SDN48キャプテンに就任した。
  • 3月25日、横浜アリーナで開催された『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』夜公演にて、AKSから太田プロダクションへの移籍が発表された[3]
  • 4月、『ON8』(bayfm)の月曜日DJに就任した。
  • 6月 - 9月、SDN48のメジャーデビュー曲「GAGAGA」参加メンバー12名の選抜を『すっぽんの女たち』(テレビ朝日)番組内で行い、3位で選抜入りを果たした。

2011年

2012年

  • 3月31日、『SDN48 コンサート「NEXT ENCORE」 in NHKホール』をもってSDN48を卒業。

人物

  • キャッチフレーズは「なにぬね!!、ノンティー!」である[要出典]
  • AKB48の中では、お笑い担当だった。雑誌『TOKYO★1週間』(講談社)のコーナー「AKB48 虎の巻」の中で「ノロイの館」というミニコーナーを持っていた時期があり、そのプロフィールでは「AKB48初の“お笑い系アイドル”」と紹介されていた。そのことが、のちに「なちのん」の結成へとつながっていく。相方として佐藤夏希を誘ったのも野呂である[要出典]
  • 怖がりで、特に爬虫類両生類が苦手。『AKB0じ59ふん!』のコーナーでカエルヘビが登場した際には、泣き叫びながらスタジオの隅に逃げてゲーム参加を拒否したり、鉢巻きで目隠しして見ないようにするなど、徹底的に拒絶していた。また、スタンドマイクも苦手なほどの先端恐怖症である[要出典]
  • AKB48に入る前に「朝倉佳代」という名でドラマ『ことぶきウォーズ』に主人公の同僚役・絵里として出演していた。なお、CBCラジオAKB48 今夜は帰らない…』の前パーソナリティから「なちのん」にMCが代わり「なちのんの全力で!」がサブタイトルとして付いた2007年10月6日放送分で、このドラマに出演していたことを明かしている[要出典]
  • AKB48時代は大堀恵と並ぶメンバー最年長だったが、大堀のほうが誕生日が先であることと、『AKB0じ59ふん!』で「最年長キャラ」大堀が台頭したことにより、年長組として扱われることは多くても、野呂単独で最年長キャラとして扱われることは少なかった。SDN48では大堀、三ツ井裕美、谷咲伴美と同年齢であった[要出典]
  • AKB48のオーディションの際には、年齢と体重、靴のサイズを偽っていた。当時のオーディションに応募できる年齢制限は22歳以下だったが(ただし、当時の野呂は22歳で年齢的には問題なかった)、それが原因で3期生オーディションでは20歳以下までに引き下げれられた[5]。ちなみに、4期生以降のオーディションからは現在の18歳以下になった。なお、年齢と体重、靴のサイズを偽ったことについては「16人姉妹の歌」の歌詞にも取り上げられている。
  • 『AKB0じ59ふん!』の体力測定のコーナーで競馬出走に見立てた際には「ノロコトオウシュウ」[注 1]なる出走名が付与されたり、『AKBINGO!』で小学校の卒業写真を公表した際にバッドボーイズの大溝清人に「ハワイ力士みたい」、「体、仕上がってるね」などと言われたり[注 2]するなど、体型に関する揶揄が多く、本人も、AKB48のオーディションを受けた時点で既に「正直太っていた」が、「顔はまあまあ普通にヤセているように見えた」ため「バストアップしか映らない」「テレビ電話オーディションのおかげで入れたと思います」と自認している[6]。ただし、前述の体力測定では好結果を残し、『サスケマニア』では優勝を経験するなど、身体能力は高い。
  • 愛称の「ノンティー」を命名したのは戸島花[要出典]。SDN48に移籍してからは「キャップ」と呼ばれることが多くなった[注 3]
  • 秋元康ものまねが得意で、度々ラジオ番組などで披露している(スターデジオAKB48の全力で聴かなきゃダメじゃん!!』など)。また、秋元のことを「秋P」と呼んでいる[要出典]
  • AKB48時代、MCでは旧チームK最年少の奥真奈美から「野呂はどうなの?」と、話を振られるのが定番になっていた[要出典]
  • プロ野球は読売ジャイアンツのファン[7]
  • モーニング娘。のオーディションを受けたことがあるが、3次審査で落選した[8]
  • 里田まいは友達で、一緒に食事に行く仲[要出典]
  • 弟がいる[要出典]
  • そばアレルギー[9]
  • 二級小型船舶操縦士に合格[10]



[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 「Akepedia」のコーナーで「野呂と大堀が琴欧洲勝紀佐渡ヶ嶽部屋)と同じ1983年生まれである」と紹介されたのがきっかけ。
  2. ^ そのときのナレーションでも「野呂佳代関」と呼ばれていた。
  3. ^ とくに篠田麻里子のブログで多用される。
  4. ^ 朝倉佳代名義
  5. ^ 大島麻衣・今井優・浦野一美折井あゆみと共に、クレヨンフレンズ from AKB48 のユニットにて、オープニング曲「ユルユルでDE-O!」を歌う。
  6. ^ 木村花代とのダブルキャスト[11]
  7. ^ 稲田みづ紀とのダブルキャスト。
  8. ^ 福田朱子とのダブルキャスト。
  9. ^ 佐藤由加理とW主演。
  10. ^ 放送翌日よりレコチョクでも「番組ダイジェスト+番組で話せなかった篠田麻里子の内緒話」が配信される
  11. ^ KBCラジオ『週刊プレイボーイ presents 篠田麻里子と愉快な仲間たち』連動企画。

出典

  1. ^ 芸能人更生バラエティ バナナ塾』(2013年7月16日放送、東海テレビ)にて測定。
  2. ^ MOON THE CHILD”. 2007年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月11日閲覧。
  3. ^ 本人公式GREEブログ「昨日m(__)m」(2010年3月26日閲覧)
  4. ^ 【お知らせ】 - SDN48公式ブログ(2011年10月15日)
  5. ^ 『bayfm ON8 柱NIGHT with AKB48』2011年1月31日放送分より
  6. ^ 『AKB48ヒストリー 研究生公式教本』P24
  7. ^ 『AKB48 チームK 5th Stage「逆上がり」』 2009年5月11日公演MCより
  8. ^ 本人公式GREEブログ「時間を追っていきますね♪」(2010年6月28日閲覧)
  9. ^ 有吉AKB共和国2012年5月5日放送にて
  10. ^ ニノさん2014年11月23日放送にて
  11. ^ SDNキャプテン・野呂佳代、初ミュージカルで主演 - スポーツ報知(2011年9月24日)
    韓国オリジナルミュージカル「パルレ★洗濯」公式サイト


「野呂佳代」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

野呂佳代に関連した本

野呂佳代に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「野呂佳代」の関連用語

野呂佳代のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

佐々木萌詠

片桐はづき

新井あゆ美

藤澤信泰

五月女映子

YUUKA

勝木ゆかり

Amy





野呂佳代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野呂佳代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS