里見駅 里見駅の概要

里見駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/21 14:59 UTC 版)

里見駅
駅舎(2008年4月撮影)
駅舎(2008年4月撮影)
さとみ - Satomi
高滝 (1.9km)
(1.8km) 飯給
所在地 千葉県市原市平野176-1
所属事業者 小湊鉄道
所属路線 小湊鉄道線
キロ程 25.7km(五井起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
16人/日(降車客含まず)
-2010年度-
開業年月日 1925年大正14年)3月7日
備考 有人駅
ホーム(2008年4月撮影)

駅構造

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。2013年3月16日ダイヤ改正から当駅での列車交換取扱いが再開され、駅本屋側のりばが、下り列車(養老渓谷・上総中野方面)、反対側のりばが、上り列車(上総牛久・五井方面)の発着となった。

駅舎は木造平屋の瓦葺で古くからのものである。駅舎の中には駅事務室と待合所があり、事務室において閉塞扱いを行っている。

なおこの駅からは1962年昭和37年)まで万田野まで1kmの砂利採取線が延びていた。

のりば

1 小湊鉄道線 養老渓谷上総中野方面
2 小湊鉄道線 上総牛久五井方面

利用状況

1日平均乗車人員 16人(2010年度)

近年の一日平均乗車人員推移は下表の通り。

年度 一日平均
乗車人員
2007年 31 [1]
2008年 22 [2]
2009年 17 [3]
2010年 16 [4]

駅周辺

  • 高滝湖
  • 市原市役所加茂支所
  • 南総消防署加茂分署
  • 市原市立加茂学園(小中一貫校
    • 市原市立加茂小学校
    • 市原市立加茂中学校
  • 喜動房倶楽部
駅構内の店舗にて土休日に野菜や物産品の販売を行っている。

バス路線

のりば 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
里見駅   湯原・田尾 市原鶴舞バスターミナル 小湊鉄道 土休日運休
牛04 湯原・田尾・市原鶴舞バスターミナル・鶴舞局前・循環器病センター 牛久駅 小湊鉄道 土休日運休
加茂支所・高滝駅入口・市原湖畔美術館入口 市原鶴舞バスターミナル 小湊鉄道
加茂支所・高滝ダム記念館・市原湖畔美術館入口 市原鶴舞バスターミナル 小湊鉄道

歴史

1925年大正14年)3月7日開業。駅名は、当時この地域が市原郡里見村であったことによる。

2013年(平成25年)4月、当駅のある加茂地区において、高滝小学校・白鳥小学校・里見小学校・富山小学校の4小学校が統合され、加茂中学校敷地内に統合した小学校を併設した小中一貫教育校・市原市立加茂学園が開校した。ここに通う小中学生の列車通学に対応するため、市原市と小湊鉄道、国は総額8,000万円を負担して再整備が行われ、開校を控えた2013年3月16日に列車交換の復活、駅長(駅係員)再配置化が成るための再整備がなされた。喫茶店は改札の横に移された[5]

年表




[ヘルプ]
  1. ^ 千葉県統計年鑑(平成20年)
  2. ^ 千葉県統計年鑑(平成21年)
  3. ^ 千葉県統計年鑑(平成22年)
  4. ^ 千葉県統計年鑑(平成23年)
  5. ^ 本件に関するいきさつについては、朝日新聞東京本社版2013(平成25)年4月30日夕刊の連載特集「ひとえきがたり〜里見駅(千葉県、小湊鉄道):過疎の駅に通学のにぎわい」に詳しい。


「里見駅」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

里見駅に関連した本

里見駅に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「里見駅」の関連用語

里見駅のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アコード

山本 正人

稲葉陽

物理・化学系凍結抑制舗装グルービング設置型

74式戦車

友ヶ島灯台

赤城山

裏メリヤス編み





里見駅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの里見駅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS