遺伝子工学 研究技術としての遺伝子工学

遺伝子工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/15 05:10 UTC 版)

研究技術としての遺伝子工学

ゲノムプロジェクトの進展により、遺伝子科学は新しい段階に入った。存在が明らかになっても機能が不明な遺伝子が増え、これを調べる研究(逆遺伝学と呼ばれる)が生物学でますます重要性を増している。また生物学の関心は個別の遺伝子・タンパク質から、膨大なタンパク質の間の相互作用ネットワーク、およびそれと各種生命現象との関係に移りつつある。これらの研究にも遺伝子操作技術は不可欠である。

近年特に発展している実験技術の例を挙げると、次のようなものがある。

遺伝子破壊

遺伝子の機能を失わせる技術。これにより、特定の遺伝子の突然変異によって何が起こるかを明らかにでき、特に発生学への寄与が大きい。

これにはショウジョウバエ、植物や微生物を対象として、個体群に突然変異を導入し、子孫の中から目的の変異を持つものを選抜する方法が含まれる。これは従来から用いられてきた方法で、必ずしも遺伝子操作によるものではない。

これに対し、遺伝子操作によって特定の遺伝子を破壊する方法を遺伝子ノックアウトという。動物においては、組換えDNAを胚性幹細胞に取り込ませ、ここで元来持っていた遺伝子が操作した遺伝子で置き換わる。この細胞を胚に注入して個体にまで育成する。

ノックアウトに類似の方法で、遺伝子ノックダウンというものがある。これは遺伝子自体を破壊するのでなく、RNA干渉などにより遺伝子の発現を阻止する方法であり、ノックアウトよりはるかに容易に実行できる場合が多い。

ノックイン

ノックアウトと逆に、ある遺伝子の機能を増強する方法である。これには遺伝子コピー数を増やす方法と、発現量を増やす方法がある。

トラッキング(追跡)実験

目的のタンパク質を追跡して、細胞内での局在や相互作用について情報を得る方法である。この方法の一つとしては、野生型遺伝子をGFPなどのレポータータンパク質との融合遺伝子に置き換える方法がある。これにより目的タンパク質がリアルタイムで可視化できる。ただしこうすることで蛋白質の性質が変化してしまうこともあるので注意を要する。さらに改良法として、タンパク質分子に機能には影響を与えないような小さいペプチドタグを付け、抗体で追う方法も試みられている。




[ヘルプ]
  1. ^ ヒト受精卵に世界初の遺伝子操作-中国チーム、国際的な物議”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2015年4月24日). 2015年11月30日閲覧。
  2. ^ Don’t edit the human germ line”. ネイチャー (2015年3月12日). 2015年11月30日閲覧。
  3. ^ Paul Berg and Maxine F. Singer (1995). “The recombinant DNA controversy: Twenty years later” (PDF). Proc. Natl. Acad. Sci. 92: 9011-9013. http://www.pnas.org/content/92/20/9011.short 2015年12月15日閲覧。. 
  4. ^ Paul Berg, David Baltimore, Sydney Brenner, Richard O. Roblin III, and Maxine F. Singer (1975). “Summary Statement of the Asilomar Conference on Recombinant DNA Molecules” (PDF). Proc. Nat. Acad. Sci. 72 (6): 1981-1984. http://www.pnas.org/content/72/6/1981.short 2015年12月15日閲覧。. 
  5. ^ 小林哲,竹石涼子 (2015年12月5日). “ゲノム編集、受精卵も容認 米英中の科学者団体が声明”. 朝日新聞社. 2015年12月13日閲覧。
  6. ^ 川合智之 (2015年12月4日). “生殖目的のゲノム編集「使用禁止を」 米英中の科学者団体”. 日経. 2015年12月13日閲覧。
  7. ^ 「第七 生殖細胞等の遺伝的改変の禁止」遺伝子治療等臨床研究に関する指針 (PDF)”. 厚生労働省 (2015年8月12日). 2015年12月18日閲覧。
  8. ^ a b 第二種使用等に関する措置 大量培養実験(第3号) (PDF)” (2016年3月2日). 2016年3月2日閲覧。
  9. ^ 松本邦夫 (2013年). “シンポジウムの序: 生理活性タンパク質・医薬・ベンチャー アカデミア創薬の心・技・体 [(富山大学和漢医薬学総合研究所金沢大学がん進展制御研究所ジョイントセミナー, 第 3 回)] (PDF)”. 2015年12月15日閲覧。
  10. ^ 石川 雅敏「ジェネンテック社におけるイノベーションのダイナミクス (PDF) 」 、『研究技術計画』第22巻3/4、研究・技術計画学会、2007年、 212-219頁、2015年12月15日閲覧。


「遺伝子工学」の続きの解説一覧





遺伝子工学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

遺伝子工学に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「遺伝子工学」の関連用語

遺伝子工学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Megane Touring Wagon

ブルヘッドノトセン

地方自治法施行60周年記念 神奈川県分 1,000円銀貨幣

版下台紙

薄層コンクリート工法

田中悠一

稲荷川第四砂防堰堤

のこぎり





遺伝子工学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの遺伝子工学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS