西武ドーム 西武ドームの概要

西武ドーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/02 04:58 UTC 版)

西武ドーム
Seibu Dome
西武ドーム(2007年)
施設データ
所在地 埼玉県所沢市大字上山口2135番地
座標 北緯35度46分6.6秒 東経139度25分13.8秒 / 北緯35.768500度 東経139.420500度 / 35.768500; 139.420500座標: 北緯35度46分6.6秒 東経139度25分13.8秒 / 北緯35.768500度 東経139.420500度 / 35.768500; 139.420500
起工 1978年6月
開場

1979年4月14日

(ドーム化1999年3月18日)
所有者 西武鉄道
管理・運用者 西武レクリエーション
グラウンド 透水性人工芝
ダグアウト ホーム - 3塁側
ビジター - 1塁側
照明 照度 - バッテリー間:2500ルクス
     内野:2000ルクス
     外野:1500ルクス
設計者 早稲田大学池原研究室(球場建設)、
石山建一(設計アドバイザー)、
鹿島建設(ドーム化工事)
建設者 西武建設、鹿島建設(ドーム化工事)
旧称 西武ライオンズ球場(開場 - 1997年)
インボイスSEIBUドーム(2005年3月1日 - 2006年12月31日)
グッドウィルドーム(2007年1月1日 - 2008年1月8日)
使用チーム • 開催試合
埼玉西武ライオンズ(開場 - 現在)
収容能力
33,921人(内野:25,213席、外野:4,607人、立見:4,061人)
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積 - 12,631.29m²
両翼 - 100 m(約328.1 ft)
中堅 - 122 m(約400.3 ft)
左右中間 - 116 m(約380.1 ft)
フェンス 3.2 m(約10.5 ft)- 4.37 m(約14.3 ft)
スコアボード周辺の屋根
ドーム遠景
2007年セ・パ交流戦・横浜ベイスターズとの1回戦の様子



[ヘルプ]
  1. ^ 高木が「埼玉西武ライオンズTV」(J:COMコミュニティーチャンネル)出演の際に説明した旨を要約。
  2. ^ 出典・「ライオンズ60年史」 ベースボール・マガジン社
  3. ^ a b c 静中・静高関東同窓会・お知らせ 15.第30回関東同窓会総会・懇親会開催 (2004.7.9)
  4. ^ 西武ドーム 第2期改修工事について
  5. ^ 衝撃吸収材Skydexウォールパッド(三英)
  6. ^ 西武ドーム 第1期改修工事完了について
  7. ^ 2005年シーズン後半、体調を崩していたオリックス・バファローズ監督の仰木彬はダッグアウト裏の階段を自力で登ることができなくなり、やむを得ず中堅の搬入口から徒歩とタクシーで出入りしていたという。
  8. ^ かつて存在した阪急西宮スタジアム藤井寺球場にも合宿所・屋内練習場が併設されており、西宮にはサブグラウンドもあった
  9. ^ 地下鉄直通列車は普段清瀬行きなど途中駅止まりのものが延長運転する形をとっている。復路も同様。
  10. ^ 2014.09.05 西武球場前→上北台駅・立川駅北口行き運行開始のお知らせ







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「西武ドーム」の関連用語

西武ドームのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




西武ドームのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西武ドーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS