薬師岳 登山

薬師岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/17 06:00 UTC 版)

登山

登山ルート

最寄りのの登山口は有峰ダム近くの折立[13]であり、周辺の山小屋や薬師峠のキャンプ指定地を利用して、1泊2日で往復されることが多い[14][15]。立山連峰縦走時に、ここを通過することもある。NHK総合テレビジョンの特別番組 『夏の北アルプス あぁ絶景!雲上のアドベンチャー』 (2009年9月23日放送)[16]にて、薬師岳通る北アルプス大縦走の登山の様子が放映された[17]。各方面から以下のような登頂ルートがある[18][19]。太郎権兵平、薬師峠、薬師平周辺の登山道では、植物保護のために木道などが整備されている。毎年6月中旬に山開きが行われる[20]。薬師平で木道が整備され、愛知大遭難碑がある。山頂は岩が積み重なった砂礫地で、遮るものが無く北アルプスの大部分の山を見渡すことができる。すぐ北には北薬師岳と金作谷カールが望める。

  • 有峰口 :折立 - 太郎平小屋 - 薬師峠 - 薬師平 - 薬師岳山荘 - 薬師岳
  • 飛越新道 :飛越トンネル - 仙人峠 - 鏡池 - 寺地山 - 北ノ俣避難小屋 - 主稜線合流点 - 太郎平小屋 - 薬師峠 - 薬師平 - 薬師岳山荘 - 薬師岳 (神岡新道から寺地山への入山ルートもある。)
  • 立山方面より室堂 - 立山 - 一ノ越山荘 - 獅子岳 - ザラ峠 - 五色ヶ原 - 越中沢岳 - スゴ乗越小屋 - 間山 - 北薬師岳 - 薬師岳
  • 黒部五郎岳方面より :各方面の登山口 - 黒部五郎岳北ノ俣岳 - (太郎山) - 太郎平小屋 - 薬師峠 - 薬師平 - 薬師岳山荘 - 薬師岳 (雲ノ平と薬師沢小屋を経由して太郎平小屋に合流するルートもある。太郎山は稜線の西側脇にある。)

百名山

日本百名山[4]及び花の百名山[21]に選定されている。

周辺の山小屋

太郎平小屋から望む薬師岳
スゴ乗越小屋

最寄りの山小屋は山頂の南西直下にある薬師岳小屋で、最寄りのキャンプ指定地は南西にある薬師峠である。キャンプ指定地には給水施設とトイレが設置されている。山域は国立公園内にあり、キャンプ指定地以外の幕営は禁止されている。周辺には以下の山小屋がある[22][23]。山頂直下南にある石造の避難小屋は荒廃して使用できない。太郎平小屋では、シーズン中に日本医科大学太郎平小屋診療所の夏山診療所が開設され、富山県警山岳警備員が常駐する[8]

名称 所在地 標高
m
収容
人数
キャンプ
指定地
山頂との
距離km
スゴ乗越小屋 スゴ乗越の南西  2,300  50人  20~30張  4.0
薬師岳山荘 薬師岳直下南西  2,701  60人  なし  1.2
キャンプ指定地 薬師峠  2,294  100張  2.5
太郎平小屋 太郎兵衛平  2,330  150人 (薬師峠)  3.3
薬師沢小屋 黒部川本流の薬師沢出合  1,940  60人  なし  4.5
折立ヒュッテ 有峰ダムの東の登山口・折立  1,350 休憩所  50張  6.4

薬師岳の高山植物

薬師岳は花の百名山に選定されていて、周辺の登山道では以下のような多くの高山植物が見られる[21] [24][25]。折立からの登頂ルート上にある太郎兵衛平は新・花の百名山に選定され、田中澄江の著書でミズバショウムシトリスミレなどが紹介された[26]

キヌガサソウ コバイケイソウ シナノキンバイ タテヤマリンドウ ハクサンフウロ
Paris japonica Kinugasasou in Hakusan 2008-7-1.jpg Veratrum stamineum in Mount Kohide 2010-07-01.jpg Trollius japonicus in Mount Tsubakura 2002-07-27.jpg Gentiana thunbergii var. minor in Mount Yakushi1996-08-02.jpg Geranium yesoense var. nipponicum in Mount Haku 2007-07-27.jpg



[ヘルプ]
  1. ^ a b 山頂には二等三角点が設定されている。点名は「薬師ヶ岳」。所在地は、富山県富山市大字有峰字直川谷割39・黒部谷割国有林 (基準点成果等閲覧サービス・薬師岳(高山) 国土地理院、2011年1月10日閲覧。)
  2. ^ 日本の主な山岳標高(富山県の山) 国土地理院、2011年1月10日閲覧。
  3. ^ a b 中部山岳国立公園区域の概要 環境省、2011年1月10日閲覧。
  4. ^ a b c 『日本百名山』 深田久弥(著)、朝日新聞社、1982年、ISBN 4-02-260871-4、pp198-198
  5. ^ 『日本の山1000』 山と渓谷社、1992年、ISBN 4-635-09025-6、pp400-401
  6. ^ 『北アルプス博物誌 I 登山・民俗』 日本の登山小史 山崎安治、pp260-273
  7. ^ 『目で見る日本登山史』 山と渓谷社、2005年、ISBN 4-635-17814-5、p46
  8. ^ a b 『新日本山岳誌』 日本山岳会(著)、ナカニシヤ出版、2005年、ISBN 4-7795-0000-1、pp918-920
  9. ^ 『わが山旅五十年』 田部重治(著)、平凡社、1996年、ISBN 4-582-76134-8
  10. ^ 『コンサイス日本山名辞典』 三省堂、1992年、ISBN 4-385-15403-1、p524
  11. ^ 『サバイバル登山家』 服部文祥(著)、みすず書房、2006年、ISBN 4-622-07220-3、pp177-205
  12. ^ 『新版 劒岳〈点の記 〉』 新田次郎(著)、文藝春秋、2009年、ISBN 978-4163280608
  13. ^ この登山口を基点として、稜線伝いに槍ヶ岳へ至る登山コースが西銀座ダイヤモンドコースと呼ばれている。
  14. ^ 『上高地・槍・穂高 (ヤマケイアルペンガイド)』 山と渓谷社、2000年、ISBN 4-635-01319-7
  15. ^ 『日本百名山登山案内』 山と渓谷社、1999年、ISBN 4-635-53017-5、pp106-107
  16. ^ 登山家田部井淳子とアナウンサーの内多勝康立山から穂高岳へのジャンダルム縦走登山を行い2009年7月28日に薬師岳に登頂し、薬師岳山荘に宿泊した。(NHKアーカイブス保存番組詳細 NHK、2011年1月9日閲覧。)
  17. ^ 北アルプス縦走 NHK名古屋放送局のテレビ番組金とく、2011年1月9日閲覧
  18. ^ 『上高地・槍・穂高 (ヤマケイアルペンガイド)』 山と渓谷社、2000年、ISBN 4-635-01319-7
  19. ^ 『改訂版 富山県の山』 山と渓谷社、2010年、ISBN 978-4-635-02367-2、pp24-27
  20. ^ 麓の播隆上人像公園で安全祈願祭が行われ、薬師如来像を背負って登頂し、山頂の祠に安置される。10月中旬の薬師岳閉山祭の際に薬師如来像は麓へ下る。 薬師岳夏山開き記念登頂会 富山市観光ガイド、2011年1月11日閲覧。
  21. ^ a b 代表する高山植物としてキバナシャクナゲなどを紹介した。 (『花の百名山』 田中澄江(著)、文春文庫、1995年、ISBN 4-16-352790-7、pp221-224)
  22. ^ a b 『剱・立山 (山と高原地図 36) 』 昭文社、2010年、ISBN 978-4-398-75716-6
  23. ^ NHK総合テレビジョンのテレビ番組で太郎平小屋の出来事や折立からの薬師岳登頂の様子が放映された。(峰の十字路で~富山県 薬師岳~ NHK小さな旅2004年9月5日の放送内容、2011年1月10日閲覧。)
  24. ^ 花の山旅⑥ 槍ヶ岳・雲ノ平』 山と渓谷社、2000年、ISBN 4-635-01406-1、pp92-93
  25. ^ 『花の山旅・日本アルプス』 実業之日本社、1990年、ISBN 4-408-00724-2、pp77-78
  26. ^ 『新・花の百名山』 田中澄江(著)、文春文庫、ISBN 4-16-731304-9、1995年、pp283-286
  27. ^ 『日本二百名山』 深田クラブ(著)、昭文社、1993年、ISBN 4-398-22001-1、p144


「薬師岳」の続きの解説一覧





薬師岳と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

薬師岳に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「薬師岳」の関連用語

薬師岳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




薬師岳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの薬師岳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS