荏原郡 荏原郡の概要

荏原郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/10 01:29 UTC 版)

東京府荏原郡の範囲

郡域

消滅時の郡域は、概ね品川区目黒区大田区および世田谷区の一部(上北沢桜上水経堂桜丘上用賀瀬田玉川以東)、川崎市川崎区幸区中原区高津区のごく一部(後述)にあたる。近世までは千代田区港区の一部を含んだ。

隣接していた郡

歴史

読みについては、かつてはえはらと呼ばれていたが、室町時代頃からえばらと呼ばれるようになったようであり、「荏原」の他に「江原」、「縁原」、「永原」と表記した例がある。

郡衙の所在地については定説がなく、池上本門寺台地の裾を通る古東海道以前の最も古い東海道と考えられている大井駅 - (現東急大井町線荏原町駅付近) - (現東急池上線長原駅付近) - 洗足池 - 小高駅(川崎市中原区小田中付近とも) - 橘樹郡郡衙(高津区影向寺付近)の道筋にある、大井町線荏原町駅近くの旗ヶ丘八幡(中延八幡)、法蓮寺付近が候補地のひとつと考えられている。しかし、発掘調査によるそれを裏付ける資料は出土していない。

古くは、武蔵国豊嶋郡と荏原郡の境は平川(神田川日本橋川の旧称)といわれ、直接東京湾まで至っていた。

和名類聚抄によれば武蔵国21郡の中の1つとしての荏原郡には蒲田・田本・満田・荏原・覚志(かがし)・御田(みた)・木田・桜田・駅家(えきか)の9郷があり、現代区名で目黒大田品川のほぼ全体と世田谷千代田の大部分を合わせた範囲に及んだ。

しかし、江戸幕府が置かれたため、江戸御府内は武蔵国として認識されず、市域外が荏原郡と認識され、武蔵国22郡の中の1つとなった。この時代の豊嶋郡と荏原郡の境は古川といわれている。

古代 - 近世

  • 7世紀後半 - この時期に製作されたと考えられている「无射志国荏原評」(むざしのくにのえばらこおり)の銘がある平瓦(女瓦)が、川崎市高津区影向寺から出土している。
  • 8世紀後半 - 万葉集20巻、防人の歌に対する付記が、文献における初見とされている。
    • 集歌4415「志良多麻乎 弖尓刀里母之弖 美流乃須母 伊弊奈流伊母乎 麻多美弖毛母也」右一首、主帳荏原郡物部歳徳(白玉を 手に取り持して 見るのすも 家なる妹を また見てももや)「真珠を、手に取り持って、見入るように、家で待つ妻を、また(この目で)見たいものです」
    • 集歌4418「和我可度乃 可多夜麻都婆伎 麻己等奈礼 和我弖布礼奈々 都知尓於知母加毛」右一首、荏原郡上丁物部廣足(ひろたり)(わが門(かど)の 片山椿 まこと汝(なれ) わが手触れなな 土に落ちもかも)「私の家の門に咲く椿よ、おまえは本当に私が触れないのに土に落ちてしまうのか」
  • 797年 - 続日本紀には武蔵国の郡名として荏原郡の名が見える。
  • 927年 - 延喜式神名帳に荏原郡の社として薭田神社磐井神社が上げられている。
  • 938年 - 和名類聚抄によれば、荏原の訓は「江波良」(えはら)とされている。
  • 10世紀後半 - 延喜式 に、荏原郷の渡来人が大和朝廷に荏胡麻の油を献上したとある。
  • 1830年 - 新編武蔵風土記稿によれば地名の由来は、奈良時代に荏(荏胡麻)が繁茂していたから、「荏の原」といわれる。このほか、アイヌ語起源説もある。
  • 江戸時代には荏原郡の村々は、六郷(34村)・馬込(13村)・世田谷(30村)・品川(13村)・麻布(5村)の5領に分かれ、合計で95か村があった。

近代以降の沿革

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。幕府領は代官・松村忠四郎(長為)支配所が管轄した。●は村内に寺社領が存在。×は町地(町奉行支配地)と代官支配地の両方が存在。全域が町地である品川歩行新宿、南品川猟師町は掲載されていない。(9町93村)[1]
知行 村数 村名
幕府領 幕府領 8町
58村
×三田町(現目黒区の三田村を指す)、×下高輪町、×上高輪町、今里村、白金村、白金台町、●南品川宿、南品川宿ノ内・利田新地(南品川利田新地を指す)、●北品川宿、二日五日市村、居木橋村、●戸越村、上蛇窪村、●下蛇窪村、大井村、桐ヶ谷村(現品川区)、●不入斗村、西大森村、北大森村、東大森村、●堤方村、●女塚村、糀谷村、萩中村、●八幡塚村、古市場村、池上村、道々橋村、●雪ヶ谷村、●中延村、●上目黒村、谷山村、小山村(こやま)、市ノ倉村、奥沢村、石川村、池沢村、深沢村、野沢村、上沼部村、下沼部村、嶺村、下丸子村、矢口村、●高畑村、●道塚村、原村、町屋村、雑色村、久ヶ原村上知(馬込領久ヶ原村のうち)、鵜ノ木村、上大崎村、下大崎村、松原村、赤堤村、経堂在家村、代田村、池尻村、三宿村、下北沢村、馬込領・桐ヶ谷村(現大田区。正式には桐ヶ谷村だが、現品川区の桐ヶ谷村と区別するため馬込領を冠する)、羽田村、羽田村ノ内・源太郎新田、●羽田猟師町、鈴木新田、羽田村之内・増田新田
旗本領 9村 若林村、上馬引沢村、中馬引沢村、下馬引沢村、奥沢本村、●等々力村、●碑文谷村、下袋村、新井宿村
幕府領、旗本領 3村 ●馬込村、古川村、●久ヶ原村(六郷領久ヶ原村とも)
藩領 彦根藩 8村 ●世田ヶ谷村、●弦巻村、用賀村、野良田村、小山村(おやま)、上野毛村、瀬田村、馬引沢村(上馬引沢村、中馬引沢村、下馬引沢村のうち彦根藩領分)
幕府領・藩領 幕府領・旗本領・彦根藩 1村 太子堂村
幕府領・彦根藩 1村 下野毛村
その他 寺社領 15村 馬込領・久ヶ原村(1872年まで六郷領久ヶ原村とは別)、小林村、安方村、北蒲田村、蒲田新宿村、浜竹村、御園村、今泉村、下池上村、下目黒村、中目黒村、蓮沼村、徳持村、衾村、上北沢村
  • 慶応4年
  • 明治元年11月5日(1868年12月18日) - 町地および隣接する区域(下高輪町・上高輪町・今里村・白金村・白金台町)が東京府(第1次)に編入。
  • 明治初年 - 上高輪町が芝田町・芝通新町・芝伊皿子町・芝松坂町・三田四丁目に分立。(13町93村)
  • 明治2年
  • 明治4年
  • 明治5年(12町90村)
    • 1月24日(1872年3月3日) - 長浜県のうち、当郡に属する区域を東京府に移管。
    • 西大森村・北大森村・東大森村が合併して大森村が成立。
    • 馬込領久ヶ原村が久ヶ原村に編入。
  • 1875年(明治8年) - 小山村(おやま)が尾山村に改称。
  • 1876年(明治9年) - 奥沢本村が奥沢村に編入。(13町89村)
  • 1878年(明治11年)11月2日 - 郡区町村編制法の東京都での施行により、行政区画としての荏原郡が発足。郡役所を北品川宿(要津橋北岸、今の品川区北品川3丁目10番付近)に設置。また、東京15区の設置により、下高輪町・芝田町・芝通新町・芝伊皿子町・芝松坂町・三田四丁目・白金台町が芝区に編入。
  • 1879年(明治12年)(6町84村)
    • 5月 - 中馬引沢村が上馬引沢村に編入。
    • 今里村が白金村に、池沢村が池尻村に、浜竹村・下袋村が麹谷村にそれぞれ編入。

町村制以降の沿革

1.品川町 2.大井村 3.大崎村 4.目黒村 5.碑衾村 6.平塚村 7.大森村 8.入新井村 9.調布村 10.池上村 11.馬込村 12.羽田村 13.蒲田村 14.六郷村 15.矢口村 16.駒沢村 17.世田ヶ谷村 18.玉川村 19.松沢村(青:品川区 紫:目黒区 赤:大田区 橙:世田谷区)
  • 1889年明治22年)5月1日
    • 市制の施行により東京市が発足。白金村の一部が芝区に編入。
    • 町村制の施行により、荏原郡内に以下の町村が発足。(1町18村)
      • 品川町 ← 北品川宿[大部分]、品川歩行新宿、南品川利田新地、南品川獵師町、南品川宿、二日五日市村(現品川区)
      • 大井村(単独村制、現品川区)
      • 大崎村 ← 下大崎村、上大崎村、谷山村[大部分]、桐ヶ谷村、居木橋村、白金村[一部]、北品川宿[一部]、芝区 白金猿町[一部](現品川区)
      • 目黒村 ← 三田村、下目黒村、中目黒村、上目黒村(現目黒区)
      • 碑衾村 ← 碑文谷村、衾村[大部分](現目黒区)
      • 平塚村 ← 戸越村、下蛇窪村、上蛇窪村、中延村、小山村、谷山村[一部](現品川区)
      • 大森村(単独村制、現大田区)
      • 入新井村 ← 不入斗村、新井宿村(現大田区)
      • 調布村 ← 鵜ノ木村[大部分]、嶺村、下沼部村[大部分]、上沼部村(現大田区)
      • 池上村 ← 石川村、雪ヶ谷村、池上村[大部分]、市野倉村、馬込領桐ヶ谷村、堤方村、下池上村、徳持村、久ヶ原村、道々橋村(現大田区)
      • 馬込村 ← 馬込村、池上村[一部](現大田区)
      • 羽田村 ← 麹谷村、萩中村、鈴木新田、羽田獵師町、羽田村(現大田区)
      • 蒲田村 ← 女塚村、御園村、北蒲田村、蒲田新宿村、鵜ノ木村[一部](現大田区)
      • 六郷村 ← 雑色村、八幡塚村、町屋村、高畑村、古川村(現大田区)
      • 矢口村 ← 蓮沼村、道塚村、小林村、安方村、原村、今泉村、古市場村、矢口村、下丸子村、鵜ノ木村[一部](現大田区)
      • 駒沢村 ← 下馬引沢村、上馬引沢村、野沢村、深沢村[大部分]、世田ヶ谷村新町、弦巻村[大部分]、世田ヶ谷村[一部]、下野毛村[一部](現世田谷区)
      • 世田ヶ谷村 ← 池尻村、三宿村、太子堂村、若林村、下北沢村、代田村、世田ヶ谷村[大部分]、経堂在家村、弦巻村[一部]、赤堤村[一部]、松原村[一部]、瀬田村[一部](現世田谷区)
      • 玉川村 ← 尾山村、奥沢村、等々力村、用賀村、瀬田村[大部分]、野良田村、上野毛村、下野毛村[大部分]、衾村[一部]、下沼部村[一部]、深沢村[一部](現世田谷区)
      • 松沢村 ← 赤堤村[大部分]、松原村[大部分]、上北沢村、世田ヶ谷村[一部](現世田谷区)
  • 1897年(明治30年)7月20日 - 大森村が町制施行して大森町となる。(2町17村)
  • 1897年(明治32年)7月1日 - 郡制を施行。
  • 1907年(明治40年)10月8日 - 羽田村が町制施行して羽田町となる。(3町16村)
  • 1908年(明治41年)8月1日(5町14村)
    • 大井村が町制施行して大井町となる。
    • 大崎村が町制施行して大崎町となる。
  • 1912年(明治45年)4月1日 - 「東京府神奈川県境界変更に関する法律」の施行により神奈川県との境界を多摩川に画定して対岸飛地を解消。下記の区域の所属郡を変更。矢印の左が本郡の村、右が橘樹郡の町村(カッコ内は現在の川崎市の町名)。
    • 調布村→中原村 : 下沼部(中原区下沼部)、嶺(中原区中丸子の河川敷)
    • 羽田村→大師河原村 : 羽田、羽田猟師、鈴木新田川崎区殿町の河川敷)
    • 六郷村→川崎町 : 雑色(川崎区港町・鈴木町)、八幡塚(川崎区鈴木町)
    • 六郷村→御幸村 : 古川(幸区小向の河川敷)
    • 矢口村→御幸村 : 古市場(幸区古市場・東古市場)、原(幸区古市場の河川敷)
    • 玉川村→高津村 : 瀬田高津区瀬田)、下野毛(高津区下野毛)
    • 玉川村→中原村 : 等々力(中原区等々力
    • 矢口村が神奈川県橘樹郡御幸村上平間小向)の各一部を編入。
  • 1919年大正8年)8月1日 - 入新井村が町制施行して入新井町となる。(6町13村)
  • 1922年(大正11年)
  • 1923年(大正12年)4月1日
    • 郡会が廃止。郡役所は存続。
    • 世田ヶ谷村が町制施行して世田ヶ谷町となる。(9町10村)
  • 1925年(大正14年)10月1日 - 駒沢村が町制施行して駒沢町となる。(10町9村)
  • 1926年(大正15年)
    • 4月1日 - 平塚村が町制施行して平塚町となる。(11町8村)
    • 7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
    • 8月1日 - 池上村が町制施行して池上町となる。(12町7村)
  • 1927年昭和2年)
    • 4月1日 - 碑衾村が町制施行して碑衾町となる。(13町6村)
    • 7月1日 - 平塚町が名称変更して荏原町となる。(13町6村)
  • 1928年(昭和3年)
    • 1月1日 - 馬込村が町制施行して馬込町となる。(14町5村)
    • 2月11日 - 矢口村が町制施行して矢口町となる。(15町4村)
    • 4月1日
      • 六郷村が町制施行して六郷町となった。
      • 調布村が町制施行・改称して東調布町となる。(17町2村)
  • 1932年(昭和7年)10月1日 - 全域が東京市に編入。同日荏原郡消滅。
    • 品川区 ← 品川町、大井町、大崎町
    • 荏原区 ← 荏原町(現品川区)
    • 目黒区 ← 目黒町、碑衾町
    • 大森区 ← 大森町、入新井町、池上町、馬込町、東調布町(現大田区)
    • 蒲田区 ← 羽田町、蒲田町、矢口町、六郷町(現大田区)
    • 世田谷区 ← 世田ヶ谷町、駒沢町、玉川村、松沢村

変遷表




  1. ^ 下表では、1村の中で複数の名称を持つ町村や、複数の町村名が併記されている村は1村として数える。三田町を村として数え、町地の2町と「○○村のうち」を除いて数える。


「荏原郡」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

荏原郡に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「荏原郡」の関連用語

荏原郡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山本亮

居合道

つく米

キュランダ

補強金物

石炭船

端末フリー

DD502形





荏原郡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの荏原郡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS