脳内エステ IQサプリ 脳内エステ IQサプリの概要

脳内エステ IQサプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/22 12:31 UTC 版)

脳内エステ IQサプリ
ジャンル クイズ番組 / バラエティ番組
放送時間 土曜日 19:00 - 19:57(57分)
放送期間 2004年4月24日 - 2009年3月14日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 熊谷剛
演出 井坂周二
監修 雅孝司(問題監修)
プロデューサー 今野貴之、林田竜一
出演者 IQプレゼンター(深夜時代)
篠井英介
サプリマスター(土曜夜7時枠)
伊東四朗
秘書
小島奈津子(初代)
中野美奈子(2代目)
加藤綾子(3代目)
解答者(サプリ会員)
今田耕司(サプリリーダー)
石塚英彦
ウエンツ瑛士
磯野貴理子
カンニング竹山
山崎邦正
音声 モノラル放送(レギュラー時代)
ステレオ放送(復活特番時)
字幕 文字多重放送
データ放送 実施(番組中期)
外部リンク IQサプリ
テンプレートを表示

概要

いわゆる解答者の知識に比重を置く通常のクイズとは異なり、「頭の体操」にみられる様な発想の転換・ひらめきを必要とするパズル問題をメインとする。

改編期の深夜枠・関東ローカルの単発番組として何度か放送されたものが、2003年12月29日(月)23:30 - 24:30に全国ネットの特別番組として放送された。2004年4月24日からレギュラー番組となり、毎週土曜日19:00 - 19:57(JST)にテレビ大分を除く系列27局で放送された(テレビ大分は時差ネット)。

FNS各局は日本民間放送連盟が定めた基準に従い、「児童・青少年に見ていただきたい番組」として推奨している。

2008年3月までは地上デジタルテレビ放送データ放送と連動していて、視聴者もモヤッとやスッキリの疑似体験が出来た。モヤッとボールは右側に表示されたマスターのアニメーションの上に貯まり、モヤッとボールの数とラッキーナンバーが一致するとIQサプリのボードゲームの応募権が得られた。その他、先週の宿題サプリの答えや「サプリdeだ〜れ」の情報を見る事も出来た(ただし「サプリdeだ〜れ」の情報は、そのコーナーが終わらないと更新されない)。また1問だけ問題に参加が出来た(参加出来ない日もあった)。2008年4月からはデータ放送が中止された。2004年4月の開始当初視聴率は低調だったが、リニューアル等を経て人気番組になった。ちなみに2004年10月23日は、新潟県中越地震による『FNN報道特別番組』が放送されたために休止。

2009年1月に再リニューアルされたが、3月に終了した。総問題数は2863問だった。2009年4月からの後番組は『爆笑レッドカーペット』(水曜日22時台から枠移動。土曜日19時台では2010年3月まで放送)。『レッドカーペット』の司会でもある今田耕司は同枠に引き続き出演としていた。

2013年1月22日の『カスペ!』枠にて、『復活!IQサプリ2013 天才軍団に立ち向かえ!最強スッキリ王大決定戦SP』(ふっかつ!アイキューサプリにせんじゅうさん てんさいぐんだんにたちむかえ!さいきょうスッキリおうだいけっていせんスペシャル)と題して、約4年ぶりに復活特別番組として復活。

2013年5月28日の『カスペ!』枠にて、『また復活!IQサプリ2013 東大・京大に立ち向かえ!最強スッキリ王大決定戦SP』(またふっかつ!アイキューサプリにせんじゅうさん とうだい・きょうだいにたちむかえ!さいきょうスッキリおうだいけっていせんスペシャル)と題して、約2ヶ月ぶりに2回目の復活特別番組が放送。

2013年10月15日の『カスペ!』枠にて、『IQサプリ2013 あなたのアタマは何歳?秋の最強スッキリ脳大決定戦SP』(アイキューサプリにせんじゅうさん あなたのあたまはなんさい?あきのさいきょうスッキリのうだいけっていせんスペシャル)と題して、約5ヶ月ぶりに3回目の復活特別番組が放送。

2014年5月20日の『カスペ!』枠にて、『脳内エステ IQサプリ 芸能界最強スッキリペア大決定戦SP』(のうないエステ アイキューサプリ げいのうかいさいきょうスッキリペアだいけっていせんスペシャル)と題して、約7ヶ月ぶりに4回目の復活特別番組が放送。

出演者

司会

正司会

  • 篠井英介:深夜時代「(IQ)プレゼンター」
  • 伊東四朗:土曜7時枠昇格時・復活特番「IQサプリマスター」もしくは「ブラックマスター」

秘書

  • 小島奈津子(初代秘書)初回 - 2005年11月5日
  • 中野美奈子(二代目秘書。レギュラー時代:フジテレビアナウンサー、復活版:フリーアナウンサー)2005年11月5日 - 最終回・2013年特番(1月・10月分)・2014年特番
  • 加藤綾子(三代目秘書。フジテレビアナウンサー)2013年特番(1月・5月分(10月はVTRで登場))

二代目秘書の中野は2005年8月13・20日放送分も秘書を務めた。小島が産休のため11月5日放送分を以って降板(当日は解答者で出演)し中野が引き継いだ。また、2009年1月17日放送分は中野が解答者として出演したため、本田朋子(フジテレビアナウンサー)が秘書を代行した。なお、2013年特番1月分は中野と加藤2人で秘書を務めている。5月分が加藤なのは中野がシンガポールに転勤したためだが、10月分では一旦帰ってきて再び務めている。(2014年特番も同様。)

解答者

最終回以降の特番に参加しているレギュラーと準レギュラーは今田と磯野と竹山のみ(番組開始当初に準レギュラーだったえなりかずきも参加している)。

レギュラー

パネラーが特別な回でも、彼らは特に変わる事はない。

  • 今田耕司(サプリリーダー) 魚顔から番組内で魚扱いをされる事があったり、IQミラーでは変身キャラクターが魚戦士である。
  • 石塚英彦※ただし2013年・2014年特番では裏番組にウエンツと出演していたため欠席。

準レギュラー

  • ウエンツ瑛士※ただし2013年・2014年特番では裏番組に石塚と出演していたため欠席。
  • 磯野貴理子(放送100回記念から最終回までは磯野貴理)
  • カンニング竹山 (対ブラックマスター時代は、リニューアル初回を除き、ブラックファイターズ側で出演。) ハゲブタメガネ(まちゃまちゃが命名、後にH・B・Mと言われている)と言う名で呼ばれる事がある(H・B・Mになる前はブタがデブになる事があり、今田によって油が付け足されている)、アニメーションキャラクターでは子供姿でも何故かハゲている。ネームプレートをめくるとハズレだった時は、貼り直されず、中野にハズレと呼ばれていた。途中で何回か辞めさせられるような描写があったが、最終回まで出演した。
  • 山崎邦正(主にスペシャル時のみ出演(レギュラー初参加は2005年12月3日))
  • 世界のナベアツ(竹山同様、リニューアル初回を除き、ブラックファイターズ側で出演(但し、衣装はブラックファイターズの衣装ではなく、黒のスーツである))

ゲスト解答者はサプリリーダーの今田と同じ吉本興業(現・よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のタレントが今田に加え最低1組入っていた。

コーナーでの出題

ナレーター

以上の3人は問題VTRのキャラクターの声も当てる。VTR中に今田・石塚・ウエンツが登場する場合もあり、その時は今田を古川、石塚を稲田、ウエンツを鈴木が担当。
  • 吉崎典子(フジテレビアナウンサー ナレーター陣で唯一深夜時代から担当している)
  • 三石琴乃(2008年10月放送分からレギュラー放送最終回まで)
  • 吉田伸男(フジテレビアナウンサー)
  • 増田晋(「IQミュージアム」出題VTR)
  • 掛川裕彦(「スーパースローサプリ」出題VTR)
  • 真地勇志(「アドベンチャーサプリ」出題VTR)
  • 岡安章介(ななめ45°)(「電光掲示BaaaaN」出題VTR)
  • 山下恵理子(2013年特番)
  • 田代尚子(フジテレビアナウンサー・2014年特番)

以下は不定期で登場する。

主なパネラーの席順(レギュラー放送時)

特番期 - 2004年9月、パネラーが八の字形でマスター席が中央に置かれ、左右3席ずつ今田は一番左に置かれていた。

2004年9月 - 2007年9月、回答者が6組から8組に増加。今田はマスター(伊東四朗)から見て一番左下である。この頃から石塚が番組レギュラーになり、石塚はマスター(伊東四朗)から見て一番右下である。以下の表は大体の法則である。

主に男性ゲスト(コンビ席の場合あり) 主に女性ゲスト(コンビ席の場合あり) ゲスト(磯野貴理の場合が多い) 主にコンビ席
今田耕司 主にメインゲスト 主にメインゲスト 石塚英彦
*2007年8月25日放送分では、今田が番組でのペナルティによる降板に従い、2代目サプリリーダーとなった藤本敏史がその席に座る。今田復帰後は、タッグを組む。
左上席はたいてい竹山かウエンツあるいはコンビ席となるが、右上席に座る場合もある。
貴理が前に座り、若い女性ゲストを後ろに座らせる場合もある。

2007年10月 - 2008年5月、解答者が10組となった。今田が真ん中である。石塚は、マスター(伊東四朗)から見て一番右下である。

ゲスト ゲスト ゲスト ゲスト ゲスト
ゲスト ゲスト 今田耕司 ゲスト 石塚英彦

2008年6月 - 2008年9月、チーム戦が始まり、若干席順が変わった。チームのリーダーは原則今田、石塚、ウエンツのいずれかである。 (チーム分けによっては今田、石塚、ウエンツが以下でない時がある。)

ゲスト ゲスト ゲスト ゲスト
ゲスト ゲスト ウエンツ瑛士 今田耕司 ゲスト 石塚英彦

2008年10月 - 2008年12月、番組リニューアルに従い、以下の席順に変わり、解答者が8組に減った。

ゲスト ゲスト 今田耕司 ゲスト ゲスト
ゲスト 石塚英彦 ゲスト

2009年1月 - 2009年3月(最終回)、再度番組がリニューアルし、2007年10月頃の席順に戻った(但し、最終回を除いてモヤッとボール、モヤッとホールは無かった)。

ゲスト ゲスト ゲスト ゲスト ゲスト
ゲスト ゲスト 今田耕司 ゲスト 石塚英彦



  1. ^ はなわが解答者に皮肉な駄洒落を言う事でその解答者がスッキリでもモヤッとボールを投げてくる一つの原因である。
  2. ^ ブラックマスターとサプリマスターは同一人物という設定だが、当初は兄弟関係だった(ブラックマスターが兄)。
  3. ^ 1本目は今田と固定されてるが、2本目以降は固定されていない。なお、初回は全て今田である
  4. ^ 推理せよ!迷Qポワロ - フジテレビ


「脳内エステ IQサプリ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

脳内エステ IQサプリに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「脳内エステ IQサプリ」の関連用語

脳内エステ IQサプリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




脳内エステ IQサプリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脳内エステ IQサプリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS