緒方貞子 緒方貞子の概要

緒方貞子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/13 07:00 UTC 版)

国際連合の旗 国際連合の政治家
緒方 貞子
おがた さだこ
Sadako Ogata - World Economic Forum on Africa 2008.jpg
生年月日 1927年9月16日(86歳)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市
出身校 聖心女子大学文学部卒業
ジョージタウン大学大学院修了
カリフォルニア大学バークレー校
大学院修了
称号 文化勲章
政治学博士
(カリフォルニア大学バークレー校)
文化功労者
東京都名誉都民
親族 犬養毅曾祖父
芳澤謙吉祖父
犬養健大叔父
緒方竹虎岳父
配偶者 緒方四十郎

任期 1991年 - 2000年
テンプレートを表示

経歴

生い立ち

1927年9月16日、東京府東京市麻布区(現東京都港区)に外交官・元フィンランド特命全権公使の中村豊一・恒子夫妻の長女として生まれる。命名は犬養毅による。父の転勤で幼少期をアメリカ・サンフランシスコ、中国・広東省、香港などで過ごす。

小学校5年生の時に日本に戻り、聖心女子学院に転入、聖心女子大学文学部英文科を卒業。その後、父の勧めでジョージタウン大学およびカリフォルニア大学バークレー校の大学院で学び、政治学の博士号を取得した。

研究活動

国際基督教大学准教授、上智大学教授を歴任する。在籍中は上智大学国際関係研究所長や外国語学部長などを務めた。

公的活動

1968年国際基督教大学講師を務めていた時に、参議院議員を務めていた市川房枝の訪問を受けて、市川から「今年(1968年)の国際連合総会日本代表団に加わって戴きたい」と要請される[1]。これが契機となって緒方自身は国際連合の仕事に関わるようになる[2]

国連公使、国際連合児童基金執行理事会議長、国連人権委員会日本政府代表、第8代国連難民高等弁務官(1990-2000年)他を務める。2001年からアフガニスタン支援政府特別代表、2003年から国際協力機構(JICA)理事長。天皇家からの信頼も厚い[要出典]

2002年外務大臣田中真紀子更迭時にはその後任に推す声もあった。2007年11月のデイヴィッド・ロックフェラー来日時には、回顧録出版記念パーティーの発起人を務めた。

人物

カトリック信者である。

家庭・親族

曽祖父は元内閣総理大臣犬養毅で、祖父は外交官で犬養内閣外相芳沢謙吉。母・恒子は元共同通信社長の犬養康彦評論家犬養道子エッセイスト安藤和津の従姉にあたる。

夫・緒方四十郎(元日本銀行理事)は、朝日新聞社副社長や自由党総裁、副総理をつとめた緒方竹虎の三男である。緒方姓は竹虎の祖父・郁蔵(本姓大戸氏、備中岡山県)出身)が緒方洪庵と義兄弟の盟を結びその姓を名乗らせたことに始まる。息子の緒方篤は映画監督。

系譜

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
犬養毅
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
芳沢謙吉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
緒方竹虎
 
中村豊一
 
恒子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
緒方四十郎
 
 
 
緒方貞子
 
 
 

  1. ^ 市川は『日本人女性を国際連合に送り出し、女性の地位向上に繋げたい』という思いを持っていたことによる。
  2. ^ 緒方貞子 国連難民高等弁務官 第1回讀賣国際協力賞(1994年度)


「緒方貞子」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

緒方貞子に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「緒方貞子」の関連用語

緒方貞子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




緒方貞子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの緒方貞子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS