緑魔子 緑魔子の概要

緑魔子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/27 22:25 UTC 版)

みどり まこ
緑 魔子
本名 石橋 良子(旧姓:小島)
生年月日 1944年3月26日(72歳)
出生地 日本の旗日本台湾台北市
ジャンル 俳優歌手
活動内容 映画演劇テレビドラマなど
配偶者 石橋蓮司
主な作品
テレビドラマ
夢千代日記
映画
二匹の牝犬
夜の青春シリーズ
盲獣
受賞
第15回ブルーリボン賞新人賞
第20回紀伊國屋演劇賞
第21回日本映画プロフェッショナル大賞功労賞

来歴

人物

  • 華奢な肢体に大粒な瞳の身体が放つ独特な小悪魔的に甘い声と存在感[6]1960年代から70年代にかけて個性的な役柄を多く演じ、「小悪魔路線」の加賀まりこと共に人気を博する。「現代の愛の不毛を表現できる女優は彼女以外にはいない」と梅宮辰夫が評価[3]する、「虚ろな表情と倦怠的な雰囲気」は70年代に流行する若者気質の先取[3]として桃井かおり烏丸せつこら「無気力演技派女優」のルーツ[3]とも評される。



  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 「映画女優 緑魔子の時代【前編】 緑魔子インタビュー」、『映画秘宝』、洋泉社、2009年6月、 76-77頁。「映画女優 緑魔子の時代【後編】 緑魔子インタビュー」、『映画秘宝』、洋泉社、2009年7月、 78-79頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『日本映画俳優全集・女優編』 キネマ旬報社1980年、652頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『悪趣味邦画劇場〈映画秘宝2〉』 洋泉社、1995年、257-258頁。ISBN 978-4-89691-170-1
  4. ^ a b c 岡田茂 『波瀾万丈の映画人生 岡田茂自伝』 角川書店2004年、158-159頁。ISBN 4-04-883871-7
  5. ^ 悪女礼讃 ~スクリーンの妖花たち|作品解説1/ラピュタ阿佐ケ谷
  6. ^ a b c 緑魔子伝説 - ラピュタ阿佐ヶ谷INTRO | 特集上映『緑魔子伝説』
  7. ^ a b 日刊ゲンダイ|石橋蓮司 緑魔子 飛んでる2人の「未婚の母」騒動
  8. ^ 『歌謡曲番外地 Vol.1』 シンコーミュージック・エンタテイメント2007年、114頁。ISBN 978-4-401-75112-9
  9. ^ 当時第二のマコとも評された大原麗子が順調に成長しており緑の役目は既に終わったと見られていた。
  10. ^ La PASSIONE 増村保造×白坂依志夫の仕事/ラピュタ阿佐ケ谷
  11. ^ 日刊スポーツ紙 2012年10月2日掲載 石橋蓮司インタビュー
  12. ^ 石橋蓮司 30代女性と半同居報道!緑魔子との離婚は否定


「緑魔子」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

緑魔子に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「緑魔子」の関連用語

緑魔子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ドロンズ石本

双月南那

奈美木?里

藤原丞

リカ

大村茉莉花

和田裕太

伊藤めぐみ





緑魔子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの緑魔子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS