紺野ぶるま 紺野ぶるまの概要

紺野ぶるま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/13 04:12 UTC 版)

紺野ぶるま
生年月日 1986年9月30日(28歳)
出身地 静岡県
血液型 B型
身長 172cm
芸風 漫談
事務所 松竹芸能
活動時期 2009年 -
同期 ほりゆうこ
公式サイト 公式プロフィール

静岡県出身。松竹芸能所属。

略歴・人物

タレント志望で松竹芸能東京養成所入り。レッスンなどでよく笑いをとるようなことをしていたため、後に芸人を目指すようになる。松竹芸能東京養成所を2009年10月で卒業し、松竹芸能所属となる。養成所の同期生で同時期に松竹芸能所属となったタレントにほりゆうこがいる。

養成所在籍時代には、ブルマーを衣装とした女性コンビの『ブルマニアン』でライブ出演していたこともあったが、その後一人での活動となる。

日本史関係に趣味を持つ。書道1段、英検3級の資格がある。バドミントンでは、東京都大会でベスト8の記録がある。その他、陸上競技も特技。

「女芸人の中で一番美人」であることを自称している[1]。また、M-1グランプリの歴代優勝者を歴代内閣総理大臣以上に尊敬しているという[1]

秋元才加の物真似をやっていることから、八幡カオル峯岸みなみ役)、ヨーコ(123☆45松井珠理奈役)、せつこ渡辺麻友役)、本日は晴天なり指原莉乃役)、川堺弥生(飛び魚板野友美役)、高田千尋ばーん大島優子役)、寅人高橋みなみ役)と共に、AKB48メンバーの物真似をする女芸人同士で組んだ『ニセえーけーびー』のち『チームG』のメンバーとしても活動し、ライブを行っている(第1回ライブは2014年3月4日[2][3]

芸風

デビュー当初は芸名の通り、ブルマーを衣装としていた。頭には大きなリボンを付け、上半身はチアリーダーのシャツやフラメンコ風の衣装などいくつかパターンがあった。この時の主なネタに、ブルマーを重ね着し、両手にシャウティングチキン(ニワトリのおもちゃ)を持って、シャウティングチキンを振り回しながらダンスをしたりしながら行うものがあった。この他、マジシャンに扮し、2枚重ねしていたブルマーを1枚脱いで「ブルマジック」と称したネタ、ブルマーに食パンを挟んで「はみパン」としたネタなども披露していた[1]。他には、レディー・ガガのようなかつらとキャラクターでネタを演じることもあった。ポーズをとって「オッケー!」と言うこともあった。最後は「サンキューブルマッチ!」という台詞で主に締めていた。

2011年2012年以降は、ブルマーを衣装としたネタを実質上辞め、主に漫談、女子生徒、女教師などのキャラクターに扮した一人コント、「こんな女は嫌だ」などがテーマのいわゆる“あるあるネタ”などを披露している[1]。なお、ブルマーネタを辞めた理由は「ブルマーもののアダルトビデオを観て急に恥ずかしくなった」からだという[1]

物真似を演じることもあり、江角マキコ木村多江秋元才加などの物真似レパートリーを持つ。

出演

テレビ

インターネットテレビ

映画

CM

  • SQUAREHOOD アルバム『Mr.SQUAREHOOD』「ガチ合コンできる券 追憶篇・必死篇・同情篇」

ライブ

  • 元気バツグン!ライブ(Studio twl)
  • ガールズガーデン(Studio twl)
  • ピラミッダー(Studio twl)- レギュラー出演

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 週刊プレイボーイ集英社)2014年4月28日号(No.17)70ページ『「かわいすぎる女芸人」が急増中!!』より。
  2. ^ SUPER FESTIVAL~タイニアリス、似(に)てねぇっ!似(に)てるし!!~”. 本日は晴天なりオフィシャルブログ (2014年6月19日). 2014年6月19日閲覧。
  3. ^ ニセAKB改めチームG!(続き)”. 本日は晴天なりオフィシャルブログ (2014年6月19日). 2014年6月19日閲覧。


「紺野ぶるま」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「紺野ぶるま」の関連用語

紺野ぶるまのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




紺野ぶるまのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紺野ぶるま (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS