神楽坂浮子 神楽坂浮子の概要

神楽坂浮子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/07 16:59 UTC 版)

経歴

東京深川出身。高校生のときに神楽坂はん子に憧れ、高校を中退して芸者になる。後に、古賀政男門下となり、芸者歌手としてデビューする。市丸榎本美佐江ら先輩日本調歌手に後押しされ、1956年には『十九の春』が大ヒット。プロ歌手の仲間入りを果たす。その後も日本調のみにとどまらず、ドドンパなどのリズムにも挑戦する。また、その美貌から映画にも出演。

NHK紅白歌合戦に2回出場している(詳細は下記参照)。

1963年に一般人の男性と結婚。

昭和40年代の懐メロブームの際は、東京12チャンネルの「なつかしの歌声」にも出演し、自身のヒット曲を披露していたが、1979年(昭和54年)に一旦引退する。

1997年に歌手活動を再開する。

1995年に神楽坂はん子が亡くなってからは、テレビで彼女の持ち歌だった『ゲイシャ・ワルツ』を披露している。その後は歌手活動を行いながら、若手芸者の育成も務めていた。日本歌手協会の所属歌手としては唯一の芸者歌手

2013年4月26日放送の「爆報! THE フライデー」(TBS)に出演したのが最後のテレビ出演となった。2013年11月20日、千葉県松戸市の病院で心不全のため死去[1]。75歳没。

死去後の2013年12月6日、「爆報! THE フライデー」で生前に出演した時の映像が追悼放映された。

エピソード

代表曲

  • 十九の春(この曲でスターダムに)
  • 三味線フラ(“フラ”はフラダンスのこと)
  • 三味線ドドンパ
  • 芸者エレジー
  • 舞妓さんこんばんは
  • お江戸めおと星
  • あら、ぴったりね
  • おいと恋唄

NHK紅白歌合戦出場歴

  • 第9回 (1958年12月31日、新宿コマ劇場) 『三味線フラ』
  • 第12回 (1961年12月31日、東京宝塚劇場) 『東京の下町娘』
    • このうち、第9回は浮子の歌のラジオ中継の音声が現存する。この回の紅組司会は黒柳徹子

主な映画出演

  • 初恋カナリヤ娘(1955年、日活) - ハル子役
  • 青春温泉夜話 湯の町椿(1955年、日活)
  • 十九の春(1956年、松竹) - 薗田妙子役
  • たぬき(1956年、松竹)
  • スタジオ超特急(1956年、松竹)
  • 女優誕生(1956年、松竹)
  • オーケストラの姉妹(1957年、松竹) - 郡山京子役
  • 「笑え勘平」より 消えた短剣(1957年、東映
  • 「笑え勘平」より 摩天楼の秘密(1957年、東映)
  • 夜の波紋(1958年、松竹)
  • 見事な求婚(1958年、松竹) - 君田雪代役
  • 喧嘩笠(1958年、東映) - お千賀役
  • 初春狸御殿(1959年、大映) - 第三の姫役
  • 伝七捕物帖 幽霊飛脚(1959年、松竹) - お千代役
  • パイナップル部隊(1959年、松竹) - 芸者役
  • 待っていた花嫁(1959年、松竹) - 芸者・玉子役
  • 銭形平次捕物控 美人蜘蛛(1960年、大映) - おきた役
  • 黄門社長漫遊記(1962年、東映) - たい子役
  • 京子の初恋 八十八夜の月(1962年、松竹)
  • 東京オリンピック音頭 恋愛特ダネ合戦(1963年、松竹)
  • 大暴れ五十三次(1963年、東映) - しのぶ太夫役

主なテレビ出演

歌番組ほか

ドラマ


  1. ^ 神楽坂浮子さん死去 75歳芸者歌手 デイリースポーツ 2013年11月25日
  2. ^ 司会は女優の倍賞千恵子


「神楽坂浮子」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「神楽坂浮子」の関連用語

神楽坂浮子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




神楽坂浮子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神楽坂浮子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS