神奈川中央交通 運賃の支払い方法

神奈川中央交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/11 13:41 UTC 版)

神奈川中央交通株式会社(かながわちゅうおうこうつう)は、神奈川県平塚市に本社を設置するバス事業者である。東日本では最大のバス事業者で[1]、バス専業の事業者としても日本一の規模であり[2]、日本のバス業界のリーダー的存在とされている[3]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 『神奈川中央交通五十年史』 p.6の表記による。
  2. ^ 現代でいうタクシーのこと(『神奈川中央交通五十年史』 p.6)。
  3. ^ 鉄道の「硬券」と同様のもの。
  4. ^ 通常運賃を20円から30円に改定する際に通常運賃の2倍に変更したため、深夜運賃は60円のままとなった。
  5. ^ 定期券の場合は通常運賃の支払いで利用可能に変更された。
  6. ^ a b この年度には、長崎自動車のバスカードシステム導入も補助対象となっている(『バス・ジャパン』通巻9号 p.50)。
  7. ^ 逆に、他社のバス共通カード取扱車においては神奈中バスカードを利用することはできなかった。
  8. ^ これは神奈川県では初の夜行高速バス路線となった。
  9. ^ 2004年までは食糧管理制度により登録が義務付けられており、米の販売には必ず県知事への登録が必要だったため、車内の売店をスーパーマーケット「神奈中ストア」の店舗扱いとすることで対応し、車内にも登録証が掲示されていた。
  10. ^ 3か月券は3,000円、6か月券は5,000円、1年券は9,000円。
  11. ^ 発売金額は大人1,000円、小児500円で、空港リムジンバス、深夜急行バス、一部のコミュニティバスを除く各線で利用可能。当初はスクラッチ式の乗車券を発売していたが、現在は一部の駅前を除くサービスセンターで磁気式の乗車券を発売している。2011年12月19日からICカード「PASMO」または「Suica」を利用した1日フリー乗車券の発売が開始され、ICカードに発売金額がチャージされていれば車内でも乗務員に申告の上で購入できるようになった(交通系ICカード全国相互利用開始後も発売できるICカードは「PASMO」または「Suica」のみとなる)
  12. ^ 例えば、1999年に制定された構造用件では第1軸と第3軸が同一の軌跡を辿る事とされたが、セントロライナーでは第3軸にはステアリング機構がないため、必然的に第1軸と第3軸の軌跡は異なる。
  13. ^ 日本の道路運送車両の保安基準第二条において最大車体幅は2.5mと定められている他、第二十六条では定員30名以上の車両には非常口扉の設置が義務付けられている。
  14. ^ 岩手県交通の車両は引き続き神奈中厚木営業所に入庫。
  15. ^ a b c 運行開始当時は京浜急行電鉄
  16. ^ a b 運行開始当時は京成電鉄
  17. ^ 戦時中から1948年8月までは事業を中断していた(『神奈川中央交通六十年史』 p.80
  18. ^ 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.61の記述によれば、厚木・横浜・戸塚・舞岡の各営業所に配置されているギャラリーバス「カナちゃん号(初代)」も長尺車だった。
  19. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.106によると、1985年3月31日の時点で199台、1986年3月31日の時点で205台となっていた。
  20. ^ 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.29の表によれば、2005年10月31日時点での神奈中本体のいすゞ路線車は238台で、このうち茅ヶ崎の配置数は58台、藤沢が39台、大和が32台、綾瀬が47台。中山操車所開設後は大和のいすゞ大型路線車のほとんどが中山操車所配置となった。
  21. ^ 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.29の表によれば、2005年10月31日時点での神奈中本体の日野路線車は45台で、このうち21台が伊勢原に配置されている。また、『バスジャパン・ハンドブックR・57』 pp.54-55によれば、1991年から2004年までの日野製大型路線車は伊勢原にしか配置されていない。
  22. ^ なお、2004年以降は日産形低公害車の実証実験を厚木営業所が担当することとなり、尿素SCRステーションを設置した関係から日産ディーゼル車が継続的に配備され、2009年2月28日現在で41台在籍、稼動車の30%程度にまで比率が上がっている。
  23. ^ ただし、高速路線車および貸切車(一部を除く)では三菱ふそうバス製造に一本化されるまでは当時の三菱自動車工業名古屋製作所大江工場製で導入していた。
  24. ^ 特にいすゞ+富士重工の組み合わせは富士重工のバス車体製造撤退時まで取引を続けており、これらは茅ヶ崎営業所に集中的に配備された他、藤沢・綾瀬を除く営業所では新製配置のいすゞ車は原則として富士重工車体であった。ただし、中型車では1999年導入のエルガミオ以降は純正車体で導入されている。
  25. ^ ごく一部を除き英語表記は行われていない。回送は英語表記された表示をしており、表記内容は「OUT OF SERVICE」である。
  26. ^ エアロスターではセイフティウィンドーが標準装備されている部分。
  27. ^ 運賃収受が前払いか後払いかを表示するためのもので、一部車を除き幕式になっている。ただし、1987年に26台が導入されたギャラリーバス「カナちゃん号」に限っては設置されていなかった。
  28. ^ 三菱ふそう・エアロスター、P-MP218P改。
  29. ^ その後、北陸鉄道京浜急行バスなどでも導入例が見られたが、ニューエアロスターでは設定されなくなった。
  30. ^ ごく短期間、現行の塗り分けに決まるまで車体前面上部に赤色が掛かるなど細部に変遷が見られた。
  31. ^ 「かなちゅう」ロゴマークは「Kanachu」ブランドマークに貼り替えられているが、2003年までに導入された車両の正面の社紋は残し、前面以外に「Kanachu」ブランドマークを貼り付けしている。
  32. ^ 各社の色は、湘南が黄橙、横浜が濃い青、藤沢が淡い青、相模が明るい青緑、津久井が深緑。
  33. ^ 神奈中の車両では "Kanagawa Chuo AIR EXPRESS SALOON" となるのに対し、横浜神奈交バスの車両では "Yokohama Kanako Bus AIR EXPRESS SALOON" となる。
  34. ^ 2001年の多摩営業所開設時に同所へ転出車が大量発生した際の相模原営業所での事例などが該当する。
  35. ^ システム上では神奈中・神奈交委託車の区別はされておらず、神奈交委託車の頭の0番(や05等)は入力しなくても表示される。
  36. ^ 但し、在来車の塗り変えは行われなかった。塗り変えるより車両置き換えの方が早く終了するためとされている。
  37. ^ 但し、日野中型車を除くU-車は全車改造扱いで平成6年排出ガス規制適合(KC-)車に移行された1997年以降のいすゞ(富士架装車)、日産ディーゼル(現・UDトラックス)車も改造扱いとなる。
  38. ^ 後に再度取り付けられ、現在はカバーで覆われている。
  39. ^ a b 2008年5月16日に伊勢原に統合のため、伊勢原の台数には旧秦野の台数も含む(『神奈川中央交通九十年史』 p.97
  40. ^ a b 2005年4月16日に相模原に統合のため、相模原の台数には旧津久井の台数も含む(『神奈川中央交通九十年史』 p.95
  41. ^ 1989年3月時点での台数は91台(『神奈川中央交通七十年史』 p.111)。
  42. ^ 2001年7月29日開設時点での台数(『神奈川中央交通八十年史』 p.75)。
  43. ^ a b 2005年4月16日に茅ヶ崎に統合のため、茅ヶ崎の台数には旧藤沢の台数も含む(『神奈川中央交通九十年史』 p.95
  44. ^ 1988年12月24日に綾瀬を分離したため台数が減少。1988年3月時点での台数は165台(『神奈川中央交通七十年史』 p.101)。

出典

  1. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.43
  2. ^ a b c d e f 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.18
  3. ^ a b c d 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.16
  4. ^ 乗合バス事業者一覧” (日本語). 神奈川県バス協会. 2012年4月19日閲覧。
  5. ^ 会員バス事業者一覧” (日本語). 東京バス協会. 2012年4月19日閲覧。
  6. ^ a b 『神奈川中央交通五十年史』 p.6
  7. ^ a b c d e f 『神奈川中央交通五十年史』 p.8
  8. ^ a b c d e f g h i 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.17
  9. ^ a b c d e f g h i 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.19
  10. ^ a b c d e f g h i j k l 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.18
  11. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.5
  12. ^ 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 pp.17-18
  13. ^ a b 『神奈川中央交通五十年史』 p.16
  14. ^ a b c d e f g 『神奈川中央交通五十年史』 p.17
  15. ^ a b c d e f g 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.20
  16. ^ a b c d e f g h i 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.19
  17. ^ a b c d 『神奈川中央交通六十年史』 p.7
  18. ^ a b 『神奈川中央交通五十年史』 p.18
  19. ^ 『神奈川中央交通五十年史』 pp.20-21
  20. ^ 『神奈川中央交通五十年史』 p.19
  21. ^ 『神奈川中央交通五十年史』 p.24
  22. ^ 『神奈川中央交通五十年史』 p.29
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.21
  24. ^ a b c d e f g h i j k l 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.20
  25. ^ 『神奈川中央交通五十年史』 p.41
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.22
  27. ^ a b c d e f 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.21
  28. ^ a b c d 『神奈川中央交通五十年史』 p.67
  29. ^ a b 『神奈川中央交通五十年史』 p.71
  30. ^ a b 『小田急グループの未来戦略』 p.191
  31. ^ a b c 『日本のバス年代記』 p.164
  32. ^ a b c d e f g h 『神奈川中央交通六十年史』 p.49
  33. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.50
  34. ^ a b c d e f 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.23
  35. ^ a b 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.22
  36. ^ a b c d e f 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.23
  37. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.67
  38. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.68
  39. ^ a b 『小田急グループの未来戦略』 p.190
  40. ^ a b c 『神奈川中央交通六十年史』 p.65
  41. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.81
  42. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.82
  43. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.40
  44. ^ a b c d e f g h i j k l 『バス・ジャパン』通巻8号 p.43
  45. ^ a b c d 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.53
  46. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.53
  47. ^ a b 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.24
  48. ^ a b c d e f g h 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.25
  49. ^ a b c d e f g 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.24
  50. ^ a b 『小田急グループの未来戦略』 p.187
  51. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.56
  52. ^ a b c 『神奈川中央交通七十年史』 p.55
  53. ^ 『バス・ジャパン』通巻8号 p.47
  54. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.92
  55. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.173
  56. ^ a b c 『神奈川中央交通七十年史』 p.88
  57. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.90
  58. ^ a b c 『バス・ジャパン』通巻9号 p.52
  59. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻2号 p.40
  60. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻2号 p.42
  61. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻2号 pp.41-42
  62. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻2号 p.41
  63. ^ a b 『バスラマ・インターナショナル』通巻2号 p.46
  64. ^ 『バス・ジャパン』通巻9号 p.51
  65. ^ 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.13
  66. ^ a b c d e 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.44
  67. ^ a b c d 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.26
  68. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻30号 p.93
  69. ^ a b 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.25
  70. ^ 『神奈川中央交通八十年史』 p.68
  71. ^ 『神奈川中央交通八十年史』 p.69
  72. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻16号 p.95
  73. ^ a b c d 『路線バスの現在・未来』 p.110
  74. ^ 『路線バスの現在・未来』 pp.110-111
  75. ^ a b c d 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.27
  76. ^ a b 『路線バスの現在・未来』 p.185
  77. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.45
  78. ^ a b c d e f 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.46
  79. ^ a b 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.47
  80. ^ 『神奈川中央交通九十年史』 p.42
  81. ^ a b c d e f 『神奈川中央交通八十年史』 p.40
  82. ^ a b 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.50
  83. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『神奈川中央交通九十年史』 p.97
  84. ^ a b c d e f 『神奈川中央交通九十年史』 p.40
  85. ^ a b c 『鉄道ジャーナル』通巻512号 p.143
  86. ^ “路線バス車内にデジタルサイネージ(電子看板)を導入!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2011年9月30日), http://www.kanachu.co.jp/news/pdf/release_20110930.pdf 2012年1月11日閲覧。 
  87. ^ 『神奈川中央交通九十年史』 p.52
  88. ^ a b c d e 『バスラマ・インターナショナル』通巻89号 p.21
  89. ^ a b c d 『バスラマ・インターナショナル』通巻89号 p.24
  90. ^ 厚木市 (2006年2月13日). “厚木市連節バス運行システム導入事業補助金交付要綱” (日本語). 2012年5月2日閲覧。
  91. ^ a b c d e 『バスラマ・インターナショナル』通巻106号 p.11
  92. ^ a b 『バスラマ・インターナショナル』通巻106号 p.14
  93. ^ a b c d 『神奈川中央交通九十年史』 p.37
  94. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻107号 p.19
  95. ^ a b c 『鉄道ジャーナル』通巻551号 p.159
  96. ^ グループ組織再編(連結子会社の吸収合併並びに連結子会社間の吸収合併及び連結子会社の商号変更)に関するお知らせ - 神奈川中央交通(企業に関する情報) 2015年3月27日
  97. ^ a b c d “?(ふしぎ)探検隊 週1便だけの路線バス”. 朝日新聞(第2神奈川北版): p. 26. (2011年1月29日) 
  98. ^ a b c d 『旅』通巻726号 p.105
  99. ^ a b 『バスラマ・インターナショナル』通巻2号 p.44
  100. ^ 『路線バスの現在・未来』 p.186
  101. ^ a b c d e f g h i 『神奈川中央交通九十年史』 p.43
  102. ^ “茅ヶ崎営業所管内のバス乗降方法の変更について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2012年3月5日), http://www.kanachu.co.jp/news/pdf/chigasaki_nakanori.pdf 2012年4月26日閲覧。 
  103. ^ “秦野営業所管内のバス乗降方法の変更について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2012年9月28日), http://www.kanachu.co.jp/news/pdf/info20120928.pdf 2012年9月29日閲覧。 
  104. ^ “平塚営業所管内のバス乗降方法の変更について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2012年5月21日), http://www.kanachu.co.jp/news/pdf/info20130521.pdf 2013年6月25日閲覧。 
  105. ^ “相模原営業所、相模神奈交バス相模原営業所および津久井神奈交バス津久井営業所の路線バス(一部を除く※)において、乗車・降車方法を「中乗り」「前降り」方式に変更致します。” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2013年9月17日), http://www.kanachu.co.jp/news/pdf01/2013sagamihara-nakanori.pdf 2013年11月18日閲覧。 
  106. ^ 3/24(月)から厚木営業所管内(一部を除く)で乗降方式が変更神奈川中央交通 2014年2月17日
  107. ^ 『綾瀬営業所および茅ヶ崎営業所藤沢操車所、藤沢神奈交バス藤沢営業所の路線バス全路線(※一部を除く)において、乗車・降車方法を「中乗り・前降り」方式に変更致します。』神奈川中央交通 2014年8月15日
  108. ^ 戸塚営業所管内の乗車方法変更について神奈川中央交通 2015年2月20日
  109. ^ a b c 『鉄道ジャーナル』通巻533号 p.116
  110. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.69
  111. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.29
  112. ^ a b 『神奈川中央交通九十年史』 p.48
  113. ^ a b 『高速バス大百科』p.110
  114. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.51
  115. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.171
  116. ^ 『新版・高速バス大百科』p.143
  117. ^ a b 『神奈川中央交通八十年史』 p.121
  118. ^ a b c 『神奈川中央交通八十年史』 p.120
  119. ^ a b c d e f g h 『神奈川中央交通八十年史』 p.126
  120. ^ a b c d e f g h i 『神奈川中央交通九十年史』 p.98
  121. ^ a b 『新版・高速バス大百科』p.134
  122. ^ a b c 『神奈川中央交通八十年史』 p.118
  123. ^ 『新版・高速バス大百科』p.132
  124. ^ 『新版・高速バス大百科』p.133
  125. ^ a b c 『新版・高速バス大百科』p.38
  126. ^ 『新版・高速バス大百科』p.182
  127. ^ 『新版・高速バス大百科』p.39
  128. ^ 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.16
  129. ^ a b c d e f 『神奈川中央交通九十年史』 p.96
  130. ^ a b c “相模大野・町田から三井アウトレットパーク木更津への直行バスの運行を開始します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2012年11月27日), http://www.kanachu.co.jp/news/pdf/release_20121127.pdf 2012年12月6日閲覧。 
  131. ^ a b c d 『神奈川中央交通八十年史』 p.55
  132. ^ a b c 『神奈川中央交通九十年史』 p.39
  133. ^ a b c d e f g 『神奈川中央交通九十年史』 p.92
  134. ^ a b 『神奈川中央交通九十年史』 p.93
  135. ^ a b c 『神奈川中央交通九十年史』 p.94
  136. ^ a b 『バスラマ・インターナショナル』通巻131号 p.86
  137. ^ a b 『神奈川中央交通八十年史』 p.127
  138. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.52
  139. ^ a b c d e f g h i j k l m 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.56
  140. ^ a b c d e f g h i j k l m 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.55
  141. ^ 『路線バスの現在・未来 PART2』 p.287
  142. ^ a b c d e f g 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.28
  143. ^ 『バス・ジャパン』通巻5号 p.8
  144. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.63
  145. ^ a b c 『神奈川中央交通六十年史』 p.74
  146. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.78
  147. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.84
  148. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.92
  149. ^ a b c d 『神奈川中央交通六十年史』 p.98
  150. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.80
  151. ^ a b c 『神奈川中央交通六十年史』 p.82
  152. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.90
  153. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.86
  154. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.88
  155. ^ a b c d 『神奈川中央交通六十年史』 p.94
  156. ^ a b c 『神奈川中央交通六十年史』 p.96
  157. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.131
  158. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.132
  159. ^ a b c d 『神奈川中央交通五十年史』 p.63
  160. ^ a b c d 『神奈川中央交通六十年史』 p.133
  161. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.134
  162. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.20
  163. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.135
  164. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.136
  165. ^ a b c 『神奈川中央交通六十年史』 p.34
  166. ^ a b c 『神奈川中央交通七十年史』 p.71
  167. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.70
  168. ^ a b c d e 『神奈川中央交通八十年史』 p.75
  169. ^ a b c d e f g h i j 『神奈川中央交通九十年史』 p.95
  170. ^ 『神奈川中央交通九十年史』 p.35
  171. ^ a b 『路線バスの現在・未来 PART2』 p.283
  172. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.165
  173. ^ a b 『神奈川中央交通五十年史』 p.15
  174. ^ a b c d e f g 『神奈川中央交通五十年史』 p.26
  175. ^ a b c d e f g h 『神奈川中央交通五十年史』 p.27
  176. ^ a b 『神奈川中央交通五十年史』 p.28
  177. ^ a b c d e f 『神奈川中央交通五十年史』 p.34
  178. ^ a b c 『神奈川中央交通五十年史』 p.36
  179. ^ a b c 『神奈川中央交通五十年史』 p.38
  180. ^ a b 『神奈川中央交通五十年史』 p.60
  181. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.58
  182. ^ a b 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.59
  183. ^ a b 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.76
  184. ^ a b 『鉄道ジャーナル』通巻550号 p.160
  185. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻106号 p.15
  186. ^ a b 『神奈川中央交通九十年史』 p.44
  187. ^ a b c d 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.28
  188. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.57
  189. ^ 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.9
  190. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻16号 p.52
  191. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻16号 p.53
  192. ^ 『路線バスの現在・未来』 p.31
  193. ^ a b 『鉄道ジャーナル』通巻238号 p.134
  194. ^ a b c d e f g 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.30
  195. ^ a b “ブランドマークを制定” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2012年6月1日), http://www.kanachu.co.jp/news/pdf/release_20120604.pdf 2012年7月10日閲覧。 
  196. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.57
  197. ^ a b c d e 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.31
  198. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.62
  199. ^ a b c d e 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.61
  200. ^ a b c 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.60
  201. ^ 『神奈川中央交通五十年史』 p.47
  202. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.65
  203. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.64
  204. ^ 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.31
  205. ^ a b c d e f g 『神奈川中央交通九十年史』 p.38
  206. ^ 携帯電話・パソコンでリアルタイム情報発信 (PDF)” (日本語). 神奈川中央交通. 2012年4月25日閲覧。
  207. ^ a b c 『神奈川中央交通九十年史』 p.74
  208. ^ a b c 『神奈川中央交通九十年史』 p.75
  209. ^ a b c 『神奈川中央交通九十年史』 p.76
  210. ^ a b c 『神奈川中央交通九十年史』 p.72
  211. ^ 『神奈川中央交通九十年史』 p.71
  212. ^ a b c 『神奈川中央交通九十年史』 p.73
  213. ^ 『神奈川中央交通九十年史』 p.77
  214. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.162
  215. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.164
  216. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.167
  217. ^ a b c 『神奈川中央交通七十年史』 p.168
  218. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.169
  219. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.170
  220. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.172
  221. ^ 『神奈川中央交通八十年史』 p.122
  222. ^ 『神奈川中央交通八十年史』 p.123
  223. ^ a b 『神奈川中央交通八十年史』 p.124
  224. ^ 『神奈川中央交通九十年史』 p.99
  225. ^ “相模神奈交バス(当社100%子会社)が川崎市バスの受託予定事業者に決定!!” (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2011年9月3日), http://www.kanachu.co.jp/news/2010/pdf/release20100903.pdf 2012年1月11日閲覧。 
  226. ^ a b c d e f g h i j k l m 『神奈川中央交通五十年史』 p.116
  227. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.106
  228. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.29
  229. ^ a b c d 『神奈川中央交通八十年史』 p.74
  230. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.29
  231. ^ a b c d 『神奈川中央交通九十年史』 p.68
  232. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.105
  233. ^ a b c d 『神奈川中央交通八十年史』 p.73
  234. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.76
  235. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.99
  236. ^ a b c d 『神奈川中央交通八十年史』 p.72
  237. ^ a b c d 『神奈川中央交通九十年史』 p.67
  238. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.108
  239. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.111
  240. ^ a b c d 『神奈川中央交通九十年史』 p.69
  241. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.102
  242. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.107
  243. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.100
  244. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.104
  245. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.103
  246. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.101
  247. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.110
  248. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.109
  249. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.98


「神奈川中央交通」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

神奈川中央交通に関連した本

神奈川中央交通に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「神奈川中央交通」の関連用語

神奈川中央交通のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

朝原宣治

フィギュアスケート

水木海水浴場

受賞

補給艦「とわだ」型

ヒンジ

ダブルデッカー

ゴーダ・バジル





神奈川中央交通のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神奈川中央交通 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS