無線アクセス 各通信規格の比較

無線アクセス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/11 17:04 UTC 版)

各通信規格の比較

  • 最高通信速度の欄は、上段はセル当たりの通信スループットの(平均値 - )最高値、下段カッコ内はユーザスループット。スループットは静止状態か移動状態かによって、および基地局からの距離に比例して、変動する場合がある。またスループットおよび通信距離は見通しあり(LoS:Line of Sight)か見通しなし(nLoS:non LoS)かによって変動する場合がある。
  • 最長通信距離は、環境の良い地点間で通信速度低下を許容する場合の値
  • opt.=optional

通信距離(30 - 100km)

通信距離(30 - 100km)
規格名 帯域幅(MHz) 最高通信速度(Mbps) 最長通信距離(km) 複信
方式
多元接続
方式
変調方式 特徴 用途
下り 上り 下り 上り
SIGFOX 0.0001 0.0001 50 サブGHz帯LPWA IoT
WiMAX(IEEE 802.16d) 1.25 48 FDD TDD OFDMA OFDM適応変調 64QAM - QPSK インテルが開発[注 1] 指向性アンテナ FWA
20 74.81
28 134.4
CDMA450 EV-DO Rev.A 1.25 3.1( - 3.1) 1.8( - 1.8) 50 FDD 下りTDMA
上りCDMA
64QAM - π/4 DQPSK 8PSK - BPSK CDMA2000の技術を450MHz帯で使い、2GHz帯の25倍のセルエリアとなっている。 NMT450の置き換え。東欧インドアフリカ

通信距離(3 - 30km)

通信距離(3 - 30km)
規格名 帯域幅
(MHz)
最高
通信
速度
(Mbps)
最長
通信
距離
(km)
複信
方式
多元接続
方式
変調方式 特徴 用途
下り 上り 下り 上り
RPMA 0.040 20 独自規格

2.4GHz帯LPWA

IoT
LoRaWAN 0.125 0.0003 - 0.055[注 2] 10 - 15 サブGHz帯LPWA IoT
PDC(ARIB RCR STD-27 .05(.025インタリーブ) .042/3(1x/.0096 - 3x/.0288) 10 FDD TDMA π/4 DQPSK 日本第2世代携帯電話
GPRS .4(.2インタリーブ) .270833/8(1x/.0214 - 8x/.1712) 10 FDD TDMA GMSK GSMの拡張(General Packet Radio Services) 第2.5世代携帯電話
EDGE EGPRS .8125/8(1x/.0592 - 8x/.4736) 3π/8PSK GMSK EDGE(Enhanced Data Rates for GSM Evolution)拡張GPRS 第3世代携帯電話。2007年1月時点全世界196サービス
EDGE Evolution Enhanced EDGE 1.0833/8(1x/.0816 - π/4 16QAM 3π/8PSK GMSK EDGE拡張規格。誤り検出訂正ターボ符号。2アンテナ2受信機2搬送波エリクソン開発中2008年出荷予定 2009年サービス予定
(16x/1.3056) (8x/.6528)
EDGE Evolution Evolved EDGE 1.75/8(1x/.1184 - π/4 32QAM - GMSK EDGE拡張規格。変調速度1.2倍。  
(16x/1.8944) (8x/.9472)
CDMA2000 1x 1.25 ?(.1536 .3072) 10 FDD SCDMA π/4 DQPSK π/4 QPSK BPSK 電力制御で一定通信速度を確保 米国・日本(au)の第3世代携帯電話
CDMA2000 1x EV-DO Rel.0 2.4(.6 - ) .1536 下りTDMA
上りCDMA
16QAM 8PSK π/4 DQPSK タイムスロット優先割り当て。電力一定、適応変調・符号化。ハイブリッドARQ。RAKE受信とソフトハンドオーバーなし。音声とは別帯域。
CDMA2000 1x EV-DO Rev.A 3.1 1.8 64QAM - π/4 DQPSK 8PSK - BPSK 米国・日本(au)の第3.5世代携帯電話
CDMA2000 1x EV-DO Rev.B 4.9
5 14.7 5.4
20 73.5 27
W-CDMA 5 2(.384) 2(.064 - .384) 10 FDD CDMA QPSK BPSK 電力制御で一定通信速度を確保 欧州・日本の第3世代携帯電話
HSPA HSDPA 14.4(1.8 - ) 3 CDMA /TDM 16QAM π/4 DQPSK タイムスロット優先割り当て。電力一定、適応変調・符号化。ハイブリッドARQ。音声と帯域共用可。 欧州・日本の第3.5世代携帯電話
HSPA HSUPA 5.76 ? 8PSK - BPSK
Rel 7 HSPA+ 28(14 - ) 11.5 CDMA /TDM MIMO
Rel 8 HSPA+ 42(14 - ) 64QAM-
TD-CDMA HSDPA 5 5.2 .848 3.8 TDD TDMA & CDMA 16QAM QPSK QPSK 音声はVoIP
10 11 1.7
22.1 2.64
TD-SCDMA 1.25 2.4(? - ) ?(? - ) 11.3 SCDMA 16QAM - QPSK 8PSK - QPSK
TD-SCDMA(MC) 5 5.8(.768 - ) ?(? - ) 10? MC(10)
16QAM - QPSK
MC
8PSK - QPSK
アダプティブアレイ。米Navini NetworksのMulti-carrier Synchronous Beamforming
LTE 2×2 MIMO 20 173 58 FDD TDD 下りOFDMA上りSC-FDMA MIMO 16QAM   第3.9世代携帯電話
LTE 4×4 MIMO 326 86 64QAM
i-BURSTIEEE 802.20 5 24.402(3x / 1,061) 7.959(3x / .346) 12.75 TDD TDMA MIMO(3) MC(8)
24QAM - BPSK
MC
8PSK - BPSK
アダプティブアレイ(12)。米アレイコム京セラが主導 60 - 70km/hで同等のモビリティ。サービス地域:オーストラリア南アフリカ共和国
Flash-OFDMIEEE 802.20 1.25 3(1 - 1.5) .9(.3 - .5) 5 FDD OFDMA 適応変調 アダプティブアレイ。米フラリオンが開発 320km/h以下でのモビリティ
PHS FWA(ARIB RCR STD-28 .288 .384/8(1x/.032 - 16x/.5) 5(opt. - 15) TDD(5ms TDMA SDMA π/4 DQPSK 指向性アンテナ(opt. ハイパワーアンプ) 1.9GHz帯無線アクセス
XGP
(ITU-R M.1801)
.9 4/8(1x/.5 - 4x/2) 7 TDD(5ms) OFDMA TDMA SDMA MIMO 適応変調 256QAM - BPSK アダプティブアレイ、上下対称TDD、自律分散制御 日本のBWA(無線ブロードバンド技術)常時接続型システム
9 40/8(1x/.5 - 36x/20)
18 80/8(1x/.5 - 72x/40)
AXGP[1] 20 10-150(cat1 - cat4) 5-50(cat1 - cat4) TDD MIMO 2x2 - 4x4 64QAM 16QAM 上り/下り非対称
TD-LTE準拠
VoLTEはサポートしない
独自の干渉制御[2]
第3.9世代携帯電話

通信距離(0.1 - 3km)

通信距離(0.1 - 3km)
規格名 帯域幅
(MHz)
最高
通信
速度
(Mbps)
最長
通信
距離
(km)
複信
方式
多元接続
方式
変調方式 特徴 用途
下り 上り
特定小電力無線ARIB STD-T67 .0125 .0048 .2 単信FDD FDMA 2値FSK 免許不要局 テレメータ用、テレコントロール用及びデータ伝送用無線設備
Wi-Fi HaLow .150 1 サブGHz帯LPWA IoT
Wi-SUN (IEEE802.15.4g) 0.05 - 0.4 (FSK)[3]0.8 (OFDM) 1 FSK[注 3]

O-QPSK

OFDM

サブGHz帯LPWA IoT
PHS(ARIB RCR STD-28 .288 .384/8(1x/.032 - 16x/.5) .1 TDD(5ms TDMA π/4 DQPSK デジタルコードレス電話用帯域併用、SDMA サービス地域:日本台湾タイベトナム中国 携帯型トランシーバー、デジタルコードレス電話、IPセントレックス
.5(opt. - 5) (opt. アダプティブアレイ)、 SDMA 1900MHz帯加入者系無線アクセス通信用帯域併用
高度化PHS(ARIB RCR STD-28) 1.536/8(1x/.128 - 16x/2) .2 適応変調 256QAM - BPSK デジタルコードレス電話用帯域併用、SDMA サービス地域:日本(W-OAM 携帯型トランシーバー、デジタルコードレス電話(規格上のみ)
1(opt. - 7) (opt. マクロ基地局)、 アダプティブアレイ、SDMA 1900MHz帯加入者系無線アクセス通信用帯域併用
.884 5.12/8(1x/.5 - 16x/8) 広帯域化PHS(規格上のみ)
DECT 1.782 1.152/24(1x/.032 - 12x/.384) .1 TDD TDMA GMSK   第3世代移動通信システム・欧州のデジタルコードレス電話
WiBro 3 1   サービス地域:韓国。60km/h以下でのモビリティ
Mobile WiMAXIEEE 802.16e(ITU-R M.1801) 5 15 1.5 FDD TDD(5ms SOFDMA / OFDMA 適応変調 QPSK 16/64 QAM 上下非対称TDD、Wave2(MIMOIPv6、5段階QoS、MBS) サービス地域:日本(Wave2以上限定)予定。120km/h以下でのモビリティ
10 32
20 75
MBFDD(4x4 MIMO)IEEE 802.20 5 66 9.8 1 FDD MIMO 適応変調 QPSK 8PSK 16/64 QAM    
20 260 36

通信距離( - 0.1km)

通信距離( - 0.1km)
規格名 帯域幅
(MHz)
最高
通信
速度
(Mbps)
最長
通信
距離
(km)
複信
方式
多元接続
方式
変調方式 特徴 用途
下り 上り
ZigBee (IEEE802.15.4) 5 .25 .069 CSMA/CA DS-CDMA O-QPSK 間欠動作による省電力化 ワイヤレス・センサ・ネットワーク
IEEE 802.11 20 1 .1 CSMA/CA DS-CDMA DSSS、DBPSK 指向性アンテナで更なる長距離通信が可能なものも存在する 無線LAN
2 DSSS、DQPSK
IEEE 802.11b 11 適応変調CCK、DQPSK
IEEE 802.11a 54 .05 CSMA/CA 52搬送波OFDM OFDM 適応変調 64QAM 日本国内では屋内の利用に限り免許不要[注 4]
IEEE 802.11g .08 指向性アンテナで更なる長距離通信が可能なものも存在する
IEEE 802.11j .05
IEEE 802.11n 104 .08 CSMA/CA MIMO 108搬送波OFDM ビームフォーミング(独自規格)
40 300
IEEE 802.11ac 80/160 433.3 - 6933 CSMA/CA MU-MIMO 52 - 468搬送波OFDM OFDM 適応変調 256QAM ビームフォーミング(規格実装)

5GHz帯のみ

UWB 7500 50 - 480 .02 CSMA/CA MB-OFDM / CSMA/CA DS-CDMA 消費電力200mW以下。広帯域を他の無線局の妨害とならない出力で共用する。 Wireless USB
Bluetooth 1.1 78 .7232 .0576 .01 TDMA DS-CDMA 2値FSK(1次) 省電力 携帯機器同士の無線接続
Bluetooth 2.0+EDR 2.1 .0576 π/4 QPSK、8DPSK
Bluetooth 3.0 42
Wigig (IEEE802.11ad) 5000 .01 アダプティブアレイ、ビームフォーミング

60GHz帯

無線LAN、Wireless HDMI4K/8K



  1. ^ (Worldwide Interoperability for Microwave Access)
  2. ^ CISCO製品
  3. ^ ARIB-STD-T108
  4. ^ J52/W52/W53チャンネルは屋内利用に限られる。また、また、W53/W56チャンネルにはDFS (Dynamic FrequencySelection)およびTPC(Transmit Power Control)機能の装備が義務付けられる。







無線アクセスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

無線アクセスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「無線アクセス」の関連用語

無線アクセスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

地方自治法施行60周年記念 秋田県分 5百円バイカラー・クラッド貨幣

ヒノキ

出産祝い

濃尾用水

刈り込みバサミ

新7000系

フライド エッグ

輸送容器





無線アクセスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無線アクセス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS