深津諭美子 深津諭美子の概要

深津諭美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/25 06:35 UTC 版)

経歴

実父も書道家であったが、自らは服飾デザイナー志望で福岡市にブティックを開く。

1994年頃にブティックを閉めて東京に移り、本格的に書道に取り組む。その後、2003年頃に上海大学で書道を学び、歯ブラシ、ほうき、たわし、ストロー等も筆代わりにして、両手や左手を使って書く[2]「漢字アート」とよばれる独自の手法で個展を催し始める。

娘が有名女優ということもあり、長く「諭黄」を名乗り本名を伏せてきた。しかし、2009年に開いた個展を機に実名の「深津 諭美子」を使っている。

2014年11月に東久邇宮文化褒賞を受賞。同時期、末期の肺癌であることを公表していた。2015年6月16日、死去していたことが判明した。亡くなった日時は不明[3]。後に11日に亡くなったと公表された。

外部リンク




「深津諭美子」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「深津諭美子」の関連用語

深津諭美子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo STYLE series N-06B

タスポニー

土井ヶ浜海水浴場

雨情枝垂

出口

ブラック シール ラム トニック

大鎧

ミズキ





深津諭美子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの深津諭美子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS