歌謡スクランブル 歌謡スクランブルの概要

歌謡スクランブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/15 23:47 UTC 版)

歌謡スクランブル
ジャンル 音楽番組歌謡曲
放送方式 録音
放送期間 1990年4月2日 -
放送時間

毎週月曜 - 土曜 13:00 -

14:00
放送局 NHK-FM放送
制作 NHK
パーソナリティ 隔週交代
逢地真理子
深沢彩子
特記事項:
土曜日担当だった玉利かおるは、2009年3月28日をもって降板、3月30日以降は月曜から土曜まで同一構成の放送となる。
テンプレートを表示

概要

この番組は逢地真理子深沢彩子の2人の女性パーソナリティが1週おきに担当し、日本歌謡曲ポップスの曲の数々を放送する。

なお、2006年4月の番組改編で12時台が全てNHKラジオ第1放送とのサイマル放送(日曜日はニュースのみ)に変更され、それに伴って3月を持って土曜日の番組「歌謡ジャーナル」が終了し、同番組は平日のみから日曜日と「今日は一日○○三昧」の放送がある一部祝日、並びに年末年始を除く毎日の放送に拡充された。

土曜日の番組は、2009年3月28日までは玉利かおるの進行で「歌謡ジャーナル」の体裁を受け継いでいたが、同年3月30日からは、日曜日を除く1週通しで平日と同じフォーマット(後述)の番組に統一された。

テーマ曲は「ひるの歌謡曲」から使われているものをそのまま使用[1]

話題のホットミュージック

毎月末1週程度、直近にリリースされた(だいたい2か月以内の)楽曲を取り上げて放送。基本的に月・火が演歌・歌謡曲、水 - 土がJ-POPの内容[2]。毎年末には、「今年のホットミュージック」と題して総集編的内容になる。

「ヒット」ミュージックではない点に留意の上、次のことが挙げられる。

  • ヒットチャート上位曲すべてを放送するとは限らず、時には知名度の高くない歌手の楽曲がかかることもある。
  • いわゆる両A面や同時、連続発売は、基本的に1曲しか流さないことが多い。時にはアルバム収録曲もかかる。
  • 祝日特番でJ-POPの日が1日カットされることがある。なお、災害などの緊急放送で休止の場合は振り替え放送があることもある。
  • 2009年5月より土曜も放送されるようになった。

特集タイトル

  • 演歌・心の旅
  • 熱唱演歌集
  • あなたにラブソング
  • まっすぐにラブソング
  • カバーソングコレクション
  • J-POPコレクション[3]
  • ひとりぼっちのラブソング
  • あなたにエール
  • ハートフル・ポップス
  • 歌のない歌謡曲
  • 21世紀に生まれた名曲たち
  • 愛と勇気の(演歌・ポップス)集
  • 演歌・ポップスろまん
  • 青春グラフティ
  • (春・夏・秋・冬)色のアルバム
  • 哀愁のメロディ
  • 思い出の名曲
  • リクエスト特集
  • アーティスト特集(土曜日)
ほか

  1. ^ 平日は1時の時報後、いきなりパーソナリティのあいさつから始まるので、テーマ曲が流れるのはエンディングのみ、流れないこともある。
  2. ^ 2000年度迄は月 - 水がJ-POP、木・金が演歌・歌謡曲であった。また初期は月 - 水が演歌、木・金がJ-POPであった。1996年頃は月・木・金がJ-POP、火・水が演歌・歌謡曲であった。
  3. ^ 話題のホットミュージックでやらなかった曲もやる。


「歌謡スクランブル」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「歌謡スクランブル」の関連用語

歌謡スクランブルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




歌謡スクランブルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歌謡スクランブル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS