権現岳 (八ヶ岳) 権現岳 (八ヶ岳)の概要

権現岳 (八ヶ岳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/21 20:49 UTC 版)

権現岳
Mt.Gongendake from Mt.Nakadake.jpg
中岳付近から望む権現岳 (2007年9月撮影)
標高 2,715 m
所在地 長野県諏訪郡富士見町
山梨県北杜市
位置 北緯35度56分59秒
東経138度21分34秒
山系 八ヶ岳連峰
テンプレートを表示
阿弥陀岳より権現岳(左)と編笠山(右)。奥は南アルプス

権現岳(ごんげんだけ)は、八ヶ岳連峰の南部に位置する

概要

東峰(2,715m)と西峰(2,700m)から成る双耳峰(そうじほう)で、西側の峰はギボシと呼ばれる。このギボシの名の由来は、山体が擬宝珠に似ていることによるものである。狭義では、ギボシと区別して、東峰のみを権現岳と呼ぶこともある。 北側の赤岳との間は、キレットとなっていて一気に落ち込んでいる。 権現岳から南の八ヶ岳連峰には、自身より高い山はないため、山頂からは南アルプスを見渡すことができる。

権現岳は、江戸時代末期までは薬師岳とも呼ばれた。 八ヶ岳中信高原国定公園に属する。

登山道

山頂へは南東、南西、北の3方向から登山道が延びている。南東からの道は、三ッ頭で2方向からの登山が合流している。

  • 観音平から青年小屋を経由するルート(途中、編笠山を巻く道と、山頂を経由する道とがある)
  • 甲斐小泉から三ッ頭を経るルート
  • 甲斐大泉から天女山を経て、三ッ頭で甲斐小泉からの道と合流するルート
  • 赤岳からキレットを通るルート

周辺の山

周辺の山小屋

  • 権現小屋
  • キレット小屋
  • 青年小屋

関連画像

関連項目

外部リンク







「権現岳 (八ヶ岳)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「権現岳 (八ヶ岳)」の関連用語

権現岳 (八ヶ岳)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




権現岳 (八ヶ岳)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの権現岳 (八ヶ岳) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS