槙枝元文 槙枝元文の概要

槙枝元文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/04 06:00 UTC 版)

人物

岡山県生まれ。1940年に岡山県立青年学校教員養成所(現・岡山大学教育学部)卒業し、都窪郡の早島青年学校に教師として赴任。1942年から終戦まで召集され、最終経歴は陸軍憲兵中尉。終戦後1946年同校に帰任し、翌年の新学制に伴い中学校の教師に。計5年、教壇に立った。地元の組合づくりに携わり、都窪郡教組の青年部長に就任や岡山県教組の役員を務める。1949年から日教組の中央執行委員となり、法制部長・情宣部長・組織部長など要職を経る。1954年に岡山県教組に復帰し書記長についた。

勤評闘争の運動方針をめぐって日教組で右派の宮之原貞光派と左派の平垣美代司派が対立するなか、宮之原派の中心的人物として1958年に日教組書記次長に就任して書記長となった宮之原を支えた。日教組の日本社会党一党支持の決定、全国学力テスト反対闘争で中心的な役割を果たした。1962年、宮之原の中央執行委員長就任とともに書記長に昇格。高度成長を受けて従来の政治闘争の重視の運動から、宿直日直の廃止や超過勤務手当支給などを要求する経済闘争の重視へと運動の軸足を移した。1966年10月には宿日直廃止・超勤手当要求を含む賃金闘争で半日休暇闘争(ストライキ)を指導したとして、地方公務員法違反で逮捕されている。1971年に宮之原に代わって中央執行委員長に。主任制反対、業者テスト不使用運動、学校週5日制の導入の提唱などをし、12年間勤めた。1974年4月にも国民春闘統一ストライキへの日教組の全日ストライキ参加に関連して地公法違反で逮捕されている[3]1976年からは総評議長も兼任して「二足のわらじ」を履くこととなり、富塚三夫事務局長(国労書記長)とコンビを組んだ。労働運動が下り坂のなか「開かれた総評」を掲げるも、社共共闘よりも社会党・公明党中軸路線を進め、後の連合への参加への道を開いたことになる。1983年に日教組委員長・総評議長を退任する[4]

退任後は日中技能者交流センター理事長・会長、朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会議長、自主・平和・民主のための広範な国民連合(日本労働党系の統一戦線組織)代表世話人などを務めていた。2010年12月4日午前9時15分、肺炎のため東京都内の病院で死去。89歳没[1]

教育施策

教育施策において地元集中を積極的に評価していた。また、職業高校について「中学や高校を多様化して、産業界が求める職人・技術者育成をしている」と否定的な見解を示していた。また北朝鮮の教育制度との比較の中で、「義務教育である高等中学校までは、専門的職業教育は一切行わず、もっぱら一般教養。技術教育の基礎的知識、革命思想教育などを主体とし、全児童・生徒が平等、機会均等の教育を受けている」と称賛すると共に、職業教育を軽視するとも受け取れる主張をしていた[5]。日教組委員長として1970年代から詰め込み反対、ゆとり教育推進を提唱し中曽根内閣時代には自らも私的諮問機関に入り同施策を推進した事から後に学力低下の元凶として強い批判を浴びた。

北朝鮮とのかかわり

金日成について「多くの理性的な日本人は皆、チョソン(北朝鮮)と金日成首領閣下を心から尊敬申し上げています」「金日成主席の大衆心理をつかむ巧みさというか、常に大衆の心を大切にしつつ革命偉業を達成された幅のある偉大さが感じられた」と述べるなど、金日成を敬愛する旨の発言をたびたび行っている。最も尊敬する人物として金日成の名前を挙げている[2]

また、日教組委員長時代の1973年に訪朝した際、北朝鮮人民の生活について「この国は、みんなが労働者であって資本家、搾取者がいない。だから、みんながよく働き、生産をあげればあげるほどみんなの財産がふえ、みんなの生活がそれだけ豊かになる・・・この共産主義経済理論を徹底的に教育し、学習し、自覚的に労働意欲を高めている。またこのころは、労働-生産-生活の体験を通して現実的にも実証されているから国民の間に疑いがない」「生活必需品はべらぼうに安い。ただも同然である。したがって生活の不安は全くない。だからこの国には泥棒がいない。泥棒とは富の片寄ったところに発生する。この国には泥棒の必要がないのである。泥棒も殺人犯もいないから警察官もいない。交通整理や怪我人のために社会安全員が街角に立っているだけ」と北朝鮮の体制を賛美する記述もしている[6]

自衛隊について、否定し廃止すべきと日頃から主張しているにも関わらず、北朝鮮当局に対し「強い軍隊を率いることは国の自主性を堅持するうえで欠かせないこと」「人民のなかにはいって現地指導されている姿などをもっと積極的に共和国は報道すべきではないでしょうか。金正日総書記のすばらしさをアピールしたほうがよいと思います」と進言している[7]

1991年には、長年に渡る日朝友好親善への貢献により、北朝鮮から国際親善賞第1級の勲章を授与されている[2]

晩年、拉致を知ってからは、家族が北朝鮮の話題をふっても乗らなくなったという(息子の一臣は「あの国を許せないという思いが募り、自分のミスジャッジに整理がつかなくなったのでは」と語っている)[8]。一方で2004年3月に、北朝鮮を支持する団体・朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会の議長として、北朝鮮に対する制裁措置への反対表明と日朝平壌宣言の履行を要望する談話を発表している[9]


  1. ^ a b 「槙枝元文氏死去 元総評議長・元日教組委員長」 - 47NEWS(よんななニュース)
  2. ^ a b c 【続・民主党解剖】政権前夜(6)「わが世の春」待つ日教組” (日本語). MSN産経ニュース. 2009年9月1日閲覧。
  3. ^ 森山欽司 ─反骨のヒューマニスト─ 第十二章 (PDF)”. 2013年8月17日閲覧。
  4. ^ 「槙枝元文さん死去 日教組元委員長・総評元議長」『朝日新聞』、2010年10月6日付
  5. ^ 槙枝元文「国家組織と教育制度」『チュチェの国朝鮮を訪ねて』、262頁、読売新聞社、1974年
  6. ^ 槙枝元文「国家組織と教育制度」『チュチェの国朝鮮を訪ねて』、247-266頁、読売新聞社、1974年
  7. ^ 『キムイルソン主義研究』 第100号、日本キムイルソン主義研究会、2002年
  8. ^ 「惜別」『朝日新聞』夕刊、2011年2月12日付
  9. ^ “特定船舶入港禁止法など制裁法に反対し、朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会槙枝元文議長が談話”. 朝鮮新報. (2004年3月25日). http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2004/05/0405j0325-00002.htm 2011年6月19日閲覧。 


「槙枝元文」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「槙枝元文」の関連用語

槙枝元文のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




槙枝元文のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの槙枝元文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS